FC2ブログ

西上州 物語山 11月25日

2018-11-30
西上州 物語山(ものがたり山・1019m) 2018年11月25日 

サンスポーツランド駐車場8:06→林道→9:00登山口9:15→9:56鞍部→10:05西峰10:20→10:25鞍部→10:40物語山10:55→11:08鞍部→11:30登山口→林道→12:15駐車場 

 物語山はR254号沿い下仁田町にあるメンベ岩の岩峰が特徴の山。戦国時代、戦い敗れて追われた武将が、この岩上に退避して財宝を隠したが、迫る敵から逃げるため藤つるを切って、退路を断ち自害したと言われる。その後、財宝を取りに登った者はみな墜死したという。ロマンというか伝説の物語が生まれるにふさわしい岩峰です。  

   メンベ岩
   メンベ岩

   物語山 山頂
   物語山

       GPSmap   
       GPSmap

   朝の道の駅しもにた 農家の方が下仁田ネギ搬入です 
   道の駅しもにた
   
   今日は日曜日。お客さん大勢来てくれるかな
   下仁田ネギ

   深山大橋から見える物語山とメンベ岩
   深山大橋

   物語山 案内板
   案内板

   林道は大きく崩壊していて車通行不可
   林道崩落

   林道を1時間ほど行くと登山道となり、左の尾根に取り付く
   登山道入口

   植林の急登を登ると小尾根を乗越
   小尾根

   平たい石を積んだ炭焼き跡
   炭焼き

   急登が続き、鞍部が近い
   鞍部手前

   鞍部に着き、西峰に向かう
   西峰へ

   西峰 一緒になった方、この写真でよろしいでしょうか
   西峰

   西峰は展望がよい 正面に妙義山、眼下にR254沿い下仁田の街
   妙義山

   裏妙義が見えた。昨年秋に縦走した烏帽子岩、赤岩、丁須の頭が懐かしい
   裏妙義

   メンベ岩を見に少し降りた
   メンベ岩

   昨日登った荒船山が近い 本当にたいらです
   荒船山

   浅間山
   浅間山

   鞍部まで戻り、物語山本峰へ向かう
   物語山へ

   急登 西上州らしい山です
   急登

   山頂の右にある休憩によいピーク。 こちらのほうが山頂より少し高い
   平なピーク

   物語山 山頂 三角点がある
   山頂

   紅葉が残っていた
   紅葉

   ロープのあるズルズルの急登を下る
   ロープ

   荒船山と紅葉
   荒船と紅葉

   林道から見えるメンベ岩
   メンベ岩

   サンスポーツランド駐車場に戻った
   駐車場

   対岸の紅葉
   対岸紅葉

   物語山とメンベ岩
   物語山とメンベ岩

   荒船の湯に寄りました
   荒船の湯

   道の駅ヘルシーテラス佐久南 最近できた中部横断道佐久南IC近くで便がよい
   浅間山が大きい  中部横断道が八千穂高原→佐久南間が開通してます(無料!)
   道の駅佐久

           
                 


関連記事
tag :

西上州 御堂山 11月24日

2018-11-29
西上州 御堂山(みどう山・878m) 2018年11月24日 
 
西牧藤井関所跡 登山口11:20→12:23鞍部12:35→12:48ジジ・ババ岩12:55→13:05鞍部→13:32御堂山13:40→14:03鞍部→14:50登山口

 御堂山はR254号を内山峠から下仁田市街に向かう途中の岩峰が見える山。じいとばあの奇岩が有名。荒船山とは一転して岩峰とロープのある急斜面の西上州らしい山です。 

   じいとばあの岩峰  
   じじばば岩

      GPSmap
      GPSmap

   西牧藤井関所跡 R254沿い登山口
   関所跡

   登山口から道脇には下仁田ネギ畑が広がる
   ネギ畑

   林道入口 しばらく続く林道歩き
   林道

   林道は荒れている
   標識

   石ころの涸沢の登り
   涸沢

        岩場のロープの先には見頃の紅葉
        紅葉とロープ


   紅葉

   尾根鞍部に着いた
   鞍部

   じいとばあの岩峰を見に行く
   痩せ尾根

         痩せ尾根の正面に岩峰 たんす岩 が現れた。右の急斜面を巻く
         たんす岩

   じじ岩 左側の岩峰
   じじ岩

   ばば岩 右側の岩峰  先に見える特長あるラクダのコブ山は‥
   ばば岩

   鹿岳(かなだけ) 4月下旬に咲くアカヤシオがきれいな山
   鹿岳

   午前中に登った荒船山 
   荒船山

   たんす岩基部を回り込み戻る  少々やばい場所
   岩峰巻道

   ツツジ紅葉 残っていた
   ツツジ紅葉

   鞍部に戻り、御堂山山頂へ向かう
   鞍部

   高石峠への分岐 御堂山へ
   御堂山へ

   この先、ずるずるの急斜面。ロープが続く  西上州の山特有です
   ロープ

   御堂山 山頂
   山頂

   妙義山が見える
   妙義山

   帰り道に見えた岩峰
   岩峰

   鞍部からの下り道  ばば岩、じじ岩、たんす岩が見送りしてくれた
   岩峰3本

   紅葉の先に鹿岳
   鹿岳

   
   紅葉

   関所跡のR254に戻ってきた
   国道254

   R254下仁田街道より見えた じじ・ばば岩
   国道よりじじばば岩

   じじ・ばば 心当たりある方、ご案内します     
 
                 


関連記事
tag :

西上州 荒船山 11月24日

2018-11-28
西上州 荒船山 2018年11月24日 
 
荒船不動 登山口駐車場7:00→7:40星尾峠7:45→8:00稜線分岐→8:25艫岩8:35→9:10経塚山(荒船山)9:15→9:22稜線分岐→9:33星尾峠9:37→10:05荒船不動 登山口

 11月は西上州が手頃なエリアとなる。下旬では稜線紅葉は終盤であるが、麓はまだまだ見れる。岩峰が多く、妙義山を筆頭に面白い山域であり標高は1000m前後が多いが、ロープのある急登も多い。 一言でいうと 小粒でもピリリと辛い! 
 初日の荒船山は初級の山でいつでも登れる山との認識で今回が初めてとなってしまった。国道254号内山峠にてよく見える山です。旧道内山峠から往復が一般的のようだが、今回は最短距離で荒船不動からとした。 

   経塚山(荒船山)山頂 積雪ではなく霧氷が落ちたもの
   経塚山 山頂

     GPSmap
     GPSmap

   荒船不動 登山口駐車場 ここまでの林道は狭い
   駐車場

   荒船地蔵尊 駐車場から100mほど林道上がる
   荒船不動尊

   しばらく雑木林の緩やかな道
   沢沿い道

   星尾峠 手前
   峠手前

   星尾峠
   星尾峠

   霧氷の谷 昨晩はこの冬一番の寒気 寒かった
   霧氷

   荒船山 巻道(立岩稜線)と山頂部に登る分岐
   分岐

   荒船山 山頂部の道に出た
   稜線分岐

   艫岩へ 周囲は広い平原
   霧氷

   霧氷
   霧氷

   艫岩へ 山頂部とは思えない道
   艫岩へ

   休憩小屋
   休憩小屋

   艫岩 展望台
   艫岩

   霧氷がきれい
   霧氷

   遠くに北アルプスと佐久の街並み
   北アルプス

   浅間山
   浅間山

   鼻曲山と浅間隠山
   鼻曲山

   平標山、仙ノ倉山から続く谷川連峰
   谷川連峰

   眼下に国道254号 内山峠越え
   内山峠

   経塚山方向へ戻る
   霧氷

   星尾峠へ下る分岐
   稜線分岐

   経塚山への登り  積雪ではなく霧氷が落ちたもの
   経塚山登り

   山頂 霧氷がきれい
   山頂


   霧氷

   星尾峠への下り  霧氷が落ちて雪が降っているようです
   落 霧氷

   星尾峠 手前巻道
   峠手前

   星尾峠 明るい峠
   星尾峠

   峠から白く見えるのは経塚山
   経塚山

   荒船地蔵尊に下山 浩宮様ご休憩の標柱 こちらから登ったか降りたようです
   浩宮様

   駐車場 そこそこ車が増えていた
   駐車場

   国道254号内山大橋から見た左:御岳山、右:兜岩山 白いのは霧氷
   兜岩山

   国道254号群馬側より荒船山
   荒船山
 
                 


関連記事
tag :

天城山 皮子平 11月20日

2018-11-27
天城山 皮子平 2018年11月20日 
 
相良4:10=6:45水生地7:00→下り御幸歩道→9:07八丁池9:15→10:05白田峠10:10→10:35戸塚峠10:40→10:50皮子平10:55→11:15戸塚峠11:35→12:45八丁池12:50→上り御幸歩道→13:53ワサビ田13:55→14:20向峠→14:45天城峠→14:55旧天城トンネル15:00→15:15水生地=18:00相良

 天城山はブナとビメシャラの森。この時期は既に落葉していると思ったが晩秋の縦走路を歩き、ブナ林で有名な皮子平に寄ってみた。天城峠から縦走路を八丁池、戸塚峠。帰りは下り御幸歩道を下る予定だったが、朝の天気は曇り、霧。天気予報は晴れだったが山は微妙である。逆コースとして稜線の展望は晴れてきてからの楽しみとした。

   皮子平 案内板
   皮子平

   GPSmap   写真クリックで拡大します
   GPSmap

   旧道は交通規制なく入れて、水生地に駐車できた。 登山口までの林道は工事中
   通行止

   下り御幸歩道入口
   登山道入口

   歩道分岐 下り御幸歩道を登る
   下り御幸歩道

   台風による倒木と思われる 杉・桧植林は根が浅い 
   ブナはしっかり根を張っていて倒木はなかった
   倒木

   昭和の森 ブナ林  雰囲気最高です
   ブナ林

   日が差してきた
   ブナ林

   幻想的なブナとヒメシャラ林
   ブナ林

   このブナは天城の主(あるじ)
   ブナ主

   稜線近くなるとアセビが増えてくる
   アセビ

   八丁池  この時期は静かです
   八丁池


   八丁池

   縦走路を戸塚峠へ向かう
   縦走路へ

   稜線もブナ林が多い
   ブナ林

   白田峠
   白田峠

   紅葉が残っていた
   紅葉

   道標
   道標

  緩やかな尾根道の登り下りで戸塚峠到着
  戸塚峠

   戸塚峠
   戸塚峠

   皮子平へ下る
   筏場へ

   皮子平  天城最大のブナ巨木とガイドブックにあったが、
   昭和の森付近の方が雰囲気よかった
   皮子平

   縦走路を戻り、八丁池、トイレを過ぎて上り御幸歩道を天城峠へ
   天城峠へ

   枝尾根ですが美しい自然林
   ヒメシャラ

   ワサビ田
   ワサビ田

       縦走路の紅葉
       紅葉

   天城峠手前の登り返しの尾根 ヒメシャラ林
   ヒメシャラ

   天城峠 到着 2本のブナ大木が目印
   天城峠


   天城峠

   旧天城トンネル入口の脇へ降りた
   トンネル

   学生と踊子の世界です
   トンネル

   旧道沿いにある文学碑
   文学碑

              


関連記事
tag :

山中湖 高指山 11月11日

2018-11-13
山中湖 高指山(タカサスヤマ)・明神山 2018年11月11日 月例山行 19名 CL池田
 
相良6:00=8:45山中湖・湖畔9:00→9:25パノラマ台9:35→10:05明神山10:15→切通峠→11:40高指山12:35→別荘地→13:05平野=石割の湯=18:00相良

 山中湖の東、三国山から派生する尾根は山伏峠、菰釣山、道志山塊に繋がる緩やかな尾根です。一部は東海自然歩道ともなっていて、明神山、高指山は富士山が山中湖の先に高くそびえる展望台。天気予報は晴れで期待して行ったが。雲に覆われ残念ながら。稜線の緩やかな落葉ロードはこの季節ならではの楽しみでした。

   高指山 山頂から眼下に山中湖
   高指山

   GPSmap
   GPSmap

   湖畔道路から登山口へ
   登山口へ

   パノラマ台
   パノラマ台

   明神山へカヤトの原を登る
   明神山へ

   明神山 山頂到着
   山頂到着

   富士山は雲の中
   山頂

   高指山へ
   高指山へ

   山梨・神奈川県境 広い尾根道は落葉フカフカ
   広い尾根道

   紅葉が残っていた
   紅葉


   紅葉

   切通峠へは、ここを左へ。尾根をそのまま行かないよう枝で塞いである
   間違いやすい場所
   分岐

   切通峠へ下る
   切通峠へ

   切通峠 高指山へ登り返しとなる
   切通峠

   平野へ下る分岐
   平野分岐

   風台風による倒木と思われる まだ新しい
   台風倒木

   紅葉が残っていた
   紅葉

   山頂は近い
   山頂手前

   リンドウ
   リンドウ

   高指山 山頂
   高指山

   ツルウメモドキ
   ツルウメモドキ

   山中湖が見える場所でお昼です
   ランチタイム

   本日のヤマメシ 久しぶりに杉の曲げわっぱ登場! 美味しそう!
   曲げわっぱ

   こちらは井川メンパ シンプルです
   井川メンパ

   富士山 山頂が見えた 雲と同じ白色で分かりにくい
   富士山


   富士山

   平野へ下る
   下山


   下山

   ススキの穂が美しい
   ススキ

   マユミの実
   マユミ

   山中湖といえばテニスコート
   テニスコート

   多くの運動施設があった 
   運動場

   石割の湯 スポーツ帰りの若い人多かった
   石割の湯

   湖畔の紅葉祭り 寄りました
   紅葉祭り

   湖畔周辺は紅葉見頃 観光客となりました
   紅葉


   山中湖

        


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>