雷鳥3家族 7月14~15日

2018-07-20
北アルプス 燕山荘~大天井岳~常念岳  2018年7月14~15日

 このコースは雷鳥の姿が濃いエリア。会えるかもしれないと期待して歩いていたら、3家族に会えました!
① 燕山荘~蛙岩 7月14日

   本日 最初の雷鳥!   クウクウ! ピヨピヨ  鳴き声が聞こえます
   雷鳥

   ヒナが周囲を歩きまわっています  おかあさん待って!
   雷鳥

   ヒナ 追い付きました
   雷鳥1-5

   ヒナは5羽いました
   雷鳥


② 大天荘 テント場 7月14日
   テント張った10m位先に雷鳥一家が現れました  
   雷鳥2-1

   冬期小屋の脇です
   雷鳥2-2

   ヒナ3羽見えますが、わかります? 全部では5羽いました
   雷鳥2-3

   ヒナ 可愛いですね 右のヒナは背伸びしてお食事中です 元気に育ってほしいですね
   雷鳥2-4

   発電機の唸る横を通り過ぎ、トイレの横を通り山頂の方向へ
   いつもの通り道という様子  かなり馴れた雷鳥です
   雷鳥2-5
  

③ 常念乗越~常念岳 7月15日
   雷鳥 おかあさんは砂浴び中!  ヒナ2羽が見てます
   雷鳥3-1

   ヒナ4羽
   雷鳥3-2

   拡大してみました  なかなか可愛いですね
   雷鳥3-5

   砂浴び終了してハイマツ帯へ移動中です
   雷鳥3-3


 
関連記事
tag :

常念岳 パノラマ 7月15日

大天井岳・常念岳 7月14~15日 4/4

2018-07-20
北アルプス 大天井岳・常念岳 2018年7月14日~15日  3/4

15日 大天荘テン場5:50→8:15常念乗越8:20→9:20常念岳9:32→10:20常念乗越10:55→一の沢→13:45登山口14:00=タクシー=旧しゃくなげ荘駐車場=しゃくなげの湯=Vif穂高=そば処双葉=安曇野IC(長野・中央・中部横断・新東名・東名)吉田IC=22:20相良

 常念岳は何回か登っているのでパスの予定だったが、雲一つない青空にもったいない気持ちになり寄るこことなった。カラ身であったが直射日光が強く疲労もありペースは上がらなかった。山頂は360度の展望とはこのことと思いました。

   常念岳 山頂
   山頂

   穂高連峰
   穂高

   涸沢  今日は賑わっていると思う  正面は奥穂高岳
   涸沢

   北鎌尾根  手前の東鎌尾根に赤い屋根のヒュッテ西岳
   北鎌尾根

   遠くに立山・剣岳
   立山剣

   名残惜しいが下山
   下山

   安曇野の街が良く見える
   安曇野


   常念乗越に戻ってきた  乗越は風の通り道、樺の木は曲がっている
   常念小屋

   常念小屋
   常念小屋

   常念乗越  この景色ともお別れ
   常念乗越

   一の沢を下る
   一ノ沢口

   クルマユリ
   クルマユリ

   ゴゼンタチバナ
   ゴゼンタチバナ

   水場  このコースは水の補給が楽でよい
   水場

   清流に咲く花
   水場

   トリアシショウマ
   トリアシ

   オトギリソウ
   オトギリ

   シモツケとニッコウキスゲ  
   シモツケ

   登山道沿いに雪渓が残っていた
   雪渓

   オオバミゾホウズキ
   オオバミゾ

   沢沿いの道は涼しい
   沢沿い

   夏向きのコースです
   一ノ沢

   古池  湧き水がきれい
   古池

   山の神  無事下山を感謝した
   山の神

   一の沢 登山口に着いた
   登山口

   旧しゃくなげ荘駐車場に戻った
   この日松本で35度のニュース。テント泊、直射日光の疲労で疲れがどっと出た
   駐車場

   しゃくなげの湯 日帰り温泉に新しくなった。中房温泉より引湯の上質な湯
   広い豪華な建物、涼しい室内でゆっくり休憩していた
   シャクナゲの湯

   隣のVif穂高で少々お買い物
   Vif穂高

   近くのそば処「双葉」さんでソースかつ丼とお蕎麦のセット 美味しくいただきました。
   安曇野が実家の会員のオススメです!
   そば処穂高

   帰り道にある常念道祖神に寄り、見える山頂に登ってきたこと報告
   常念道祖神
         


関連記事
tag :

大天井岳・常念岳 7月14~15日 3/4

2018-07-20
北アルプス 大天井岳・常念岳 2018年7月14日~15日  3/4

15日 大天荘テン場5:50→8:15常念乗越8:20→9:20常念岳9:32→10:20常念乗越10:55→一の沢→13:45登山口14:00=タクシー=旧しゃくなげ荘駐車場=しゃくなげの湯=Vif穂高=そば処双葉=安曇野IC(長野・中央・中部横断・新東名・東名)吉田IC=22:20相良

 今日は緩やかな尾根道を大展望楽しみながら常念乗越へ。久しぶりにアルプス稜線漫歩が楽しめました

   御来光待ちの登山者
   日の出前

   テント場でも見えます
   日の出

   槍ケ岳 モルゲンロート
   槍ケ岳

   穂高連峰 モルゲンロート
   穂高

   ザックはモンベル40ℓ バランスライト40 軽量ですがよくできている
   経験で今回は夏の1泊であるし軽量化に努めて自宅で全装備計量したところ水1.5ℓ含み
   11㎏。カメラ装備が1.5㎏あるので本体は9.5㎏。テント泊装備が収まりました
   ザック

   出発  テントはだいぶ少なくなっている
   出発

   東鎌尾根を目指すパーティ
   槍ケ岳へ

   槍穂高連峰  ここから常念岳、蝶ヶ岳までは素晴らしい展望が続く
   槍穂高連峰

   給水ホース 400m以上先からポンプアップしているとのこと。メンテも大変と思います
   1ℓ 200円ですが大変助かります。トイレ利用も
   給水ホース

   チングルマ  既に綿帽子
   チングルマ

   裏銀座の峰々  
   双六

   常念岳の先に富士山が見えた
   常念岳

   富士山と南アルプス
   富士山

   チングルマ
   チングルマ

   雪渓近くにはお花畑
   お花畑

   黄色の大輪はシナノキンバイ
   シナノキンバイ

   咲き始めたハクサンイチゲ
   ハクサンイチゲ

   イワカガミ
   イワカガミ

   お花畑は夏山アルプスのハイライト
   お花畑

   シャクナゲ咲くハイマツの道
   シャクナゲ

   ハイマツの海を渡ってきた
   ハイマツの海

   コルから穂高の展望
   コル

   穂高とシャクナゲ
   穂高とシャクナゲ

   この付近のトラバースはガラガラ道
   ガラガラ道

   クモマスミレ(雲間菫)
   クモマスミレ

   横道岳もトラバース
   横道岳

   この標識が出ると小屋へ下りとなる
   標識

   常念小屋が見えてきた
   下り

   常念小屋 到着
   常念小屋

   ザックをデポして常念岳へ登る
   常念岳へ

   常念岳山頂 賑わっている
   山頂  
     
               続く          


関連記事
tag :

大天井岳・常念岳 7月14~15日 2/4

2018-07-19
北アルプス 大天井岳・常念岳 2018年7月14日~15日  2/4

14日 旧しゃくなげ荘駐車場5:20=路線バス=6:15中房温泉登山口6:20→9:05合戦小屋9:15→10:15燕山荘10:50→14:15大天荘テン場

 表銀座縦走路はさほどアップダウンはなく快適。見えない山は無かった。何度が歩いたがこんなに良い天気は初めて。 雷鳥に2回会えたし。 大天荘のテント場の混雑は覚悟してました

   蛙岩を通過する
   蛙岩

   裏銀座の山々とシャクナゲ
   正面に硫黄岳、奥に双六岳、右奥に三俣蓮華岳
   裏銀座

   お花畑はシナノキンバイ
   シナノキンバイ

   ハクサンチドリ
   ハクサンチドリ

   ミヤマキンバイ
   ミヤマキンバイ

        ミヤマキンバイ咲く縦走路
        縦走路

   大下りの頭から大天井岳  下ってまた登る
   大下りの頭

   道標  千丈沢の先に西鎌尾根
   道標

        大下りを下り、上りになるとニッコウキスゲ群落
        ニッコウキスゲ

   チシマギキョウ
   チシマギキョウ

   イワツメクサ
   イワツメグサ

   大天井岳へのトラバース道が見える
   1807140043.jpg

   鞍部までハシゴで下り、登り返す
   階段登り

   コマクサ きれいです
   コマクサ

   槍ケ岳方面縦走路との分岐 左大天井岳へ
   分岐

   このトラバースの先に大天荘
   大天荘手前

   大天荘 到着です
   大天荘

   続々と到着です 女性4人 マットが見えるのでテント泊のようです
   続々と到着

   冬期小屋の前にあるオレンジがマイテント
   マイテント

   無事到着を祝い 乾杯!
   乾杯

   テント場はいっぱい  空いているのはお花畑と通路
   夕方には通路も張ってあった。張綱に気を付けて歩かないと
   テント場

   後から来た方  空いてなく途方に暮れてます。連休は早めの到着が必要ですね   
   テント場

   ミヤマタンポポ 小屋の前で咲いていた
   ミヤマタンポポ   

   山小屋玄関にナナカマドの白い花  夕方には玄関にもテントが‥
   玄関

   大天井岳山頂に向かいました。小屋から10分
   小屋とテント

   山頂
   山頂

   穂高連峰と槍ケ岳
   穂高と槍

   燕山荘から歩いてきた尾根道
   燕岳稜線

   有明山と安曇野
   安曇野

   小屋に戻り、日没前の至福のひとときを楽しむ
   左奥は立山、剣岳   燕山荘からの縦走路には滝雲が
   立山剣

   遠くに双耳峰の鹿島槍ヶ岳  正面に燕岳と燕山荘が、右に餓鬼岳
   燕山荘

   暮れゆく大天荘  賑わっていて歓声が絶え間ない
   大天荘
     
               続く          


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>