阿弥陀岳南稜 1992年5月5日

2018-04-10
八ヶ岳 阿弥陀岳南陵 1992年5月5日 

舟山十字路 7:00 → 7:30 南稜取付→ 9:05 立場山 9:15 → 9:55 無名峰 10:10 →P1・P2・P3・P4→ 12:05 阿弥陀岳 12:45 →摩利支天→御小屋尾根→ 14:10 御小屋山→ 15:10 舟山十字路

 ニュースで知りましたが八ヶ岳 阿弥陀岳南陵にて痛ましい事故が発生しました。ご冥福をお祈りします。 昔の記憶が蘇り、アルバムを探したところ写真が出てきた。昔の会の仲間と5月連休に行った記録です。
 南稜は無雪期でも岩登り経験者でないと立ち入らないほうがよい場所。積雪期はさらにロープを使った滑落停止などの雪上訓練の経験が必要。 当時はバリエーションは普通であったが、今考えるとよく行ったものだと感じる今日この頃です。


   阿弥陀岳 南陵
   南陵


   ルート図2 ルート図1

   赤岳の展望  立場山付近からと思います
   赤岳

   南稜 山頂からP4・P3・P2・P1 
   南陵

   権現岳、編笠山と南アルプス
   権現岳

   P3核心部 直登ルート ロープを出す 
   今回の事故はルンゼルートと思われるが、1本のロープに7人というのは??
   この時はルンゼの雪の状態が悪く、支点が取りにくく直登ルートとした。 
   私はセコンドだったが、冬手袋と出歯アイゼンの登攀は途中でビビった思い出が
   無雪期と勝手が違い、新所原立岩で練習してから来ればと反省だった。  
   P3

   阿弥陀岳 登頂 仏像は雪の中から顔を出していた 後ろに赤岳が大きい
   山頂

   南稜を振り返る
   南陵

   阿弥陀岳山頂より 権現岳、編笠山と南アルプス
   山頂

 


tag :

謹賀新年 2018

2018-01-02
新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

 
   杓子岳双子尾根は白馬岳周辺で人気のあるバリエーション。積雪期のみのルートで
   ロープ必携  
   樺平 一本の岳樺が印象的な幕営地 後方の尾根は白馬主稜 グレーがマイテント
   樺平

   翌日登った双子尾根
   双子尾根

   尾根ルートは杓子沢からの強烈な風に耐風姿勢の連続。 途中から逃げた
   双子尾根  

   双子尾根 ジャンクションピークの先を来る仲間
   JP
   
   ミックス帯の核心部  ロープを出すことはなかった
   核心部

   杓子岳 山頂
   山頂  

   主稜線で一服 後方に白馬岳
   山頂
  
   大雪渓を滑降するスキーヤー 後方に白馬山荘 
   白馬主稜の時は仲間が板と兼用靴で登攀、一気に滑っていった。脱帽でした
   大雪渓

   我々はシリセードを併用しながら大雪渓をのんびり下った 避難小屋の場所
   避難小屋   
   2004年の思い出です。歳をとって正月は写真で楽しみます。         
 
  
   浜にお正月の景色、大漁旗を撮りにいってきました。
   大漁旗たなびく相良漁港 遠くに富士山と愛鷹連峰
   相良漁港


   相良漁港

    南アルプス遠望  地頭方漁港
    南アルプス


    巡視船

    カモメと富士山
    海鳥




tag :

牧之原公園 夜景 2月23日

2017-02-23

  冬は夜景が綺麗な季節  牧之原公園より島田市内のパノラマ写真です
  山頂、稜線からのパノラマ撮影と同じ手法。Microsoft ICE 2 にて合成

牧之原公園


tag :

南アルプス パノラマ

2017-01-04

   駿河湾の先に南アルプスの白き峰々  金冠山山頂より
南アルプス


   自動スクロールについて: ウエブブラウザによる違い
   パソコン マイクロソフト インターネット エクスプローラー(IE)の環境にて動きます
   スマホ Google chrome などでは動かないことが多い。ご了承ください


tag :

謹賀新年 2017

2017-01-01
新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。


    赤石岳 東尾根富士見平 昔のこまくさ赤石正月合宿
    赤石岳

    聖岳と聖東尾根  冬テンウインパーは特大特注 10名様用18㎏
    白ガス燃料暖房用も含めて7ℓ と記憶。皆、若かった セピア色が懐かしい
    聖岳
    
    今は正月の山お休みなので、相良漁港より富士山 今年は大漁旗が少なかった
    相良漁港


    相良漁港

    坂井平田漁港 風もなく静かなお正月
    坂井平田漁港

    防波堤と海鳥
    海鳥

    相良海岸  浜に出れば、いつでも富士山が見れる
    相良海岸
 

   

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>