FC2ブログ

曲岳・黒富士・升形山 11月4日

2018-11-07
奥秩父 曲岳・黒富士・升形山 2018年11月4日  6名他1名 CL高橋
 
相良5:30=静岡=9:15曲岳登山口駐車場9:30→10:50曲岳11:00→11:35八丁峠11:40→12:05黒富士12:55→13:20升形山13:25→八丁峠→13:53八丁峠入口→林道→14:35登山口14:45=富士川町まほらの湯=静岡=19:50相良

 茅ヶ岳・金ヶ岳の東に繋がる稜線が曲岳。中部横断道から良く見える観音峠のコルの東、三角錐の山である。太刀岡山登山口の前の道路を観音峠まで行き、登山口はすぐそば。林道が冬期閉鎖になる前が静かな山歩きと紅葉が楽しめる穴場です。
 曲岳の岩場、ロープ、八丁峠周辺の緩やかな尾根道、黒富士、升形山の展望と変化に富んだコースです。

   曲岳 山頂
   曲岳

   GPSmap
   map

   曲岳 登山口 林道脇です
   登山口

   最初から急登
   急登

   フィックスロープも出てきた
   ロープ

   岩場のトラバース
   岩場

   めまい岩 尾根から張り出した枝尾根リッジ、楽しい場所です!
   めまい岩

   心配な方、ロープを出しました。 確保されるのは初めて
   ロープ確保


   ロープ確保

   茅ヶ岳 方面
   茅が岳

   急な登りが続く
   ロープ

   凹角の岩場の通過 恐ろしい横幅制限あり‥ 本日は皆様スリムで全員クリア!
   凹角

   3m位の垂壁下降
   垂壁

   曲岳山頂のすぐ先 展望舞台
   山頂先

   黒富士農場が見える
   黒富士農場

   山頂直下は5分位、急な下り
   急な下り

   緩やかな尾根道が続く 倒木が道を塞いでいる。9月末の風台風による被害と思われる
   倒木

   八丁峠
   八丁峠

   草原分岐 黒富士へ向かう
   草原分岐

   鬼頬山分岐を黒富士へ
   黒富士へ

   黒富士 登り 岩場がある
   岩場

   黒富士 山頂
   山頂

   少し先に展望台があった 眼下に黒富士農場が見える
   展望広場

   山頂先の岩場展望台 正面に升形山
   升形山

   曲岳 カラマツ林が美しい
   曲岳

   来た尾根道を戻る
   緩やかな尾根道

   振り返ると黒富士
   黒富士

   草原分岐にザックデポして升形山へ
   升形山登り

   升形山 狭い山頂
   升形山

   山頂より黒富士、鬼頬山
   黒富士

   草原分岐まで戻り、八丁峠へ向かう  正面に曲岳
   八丁峠へ

   八丁峠より林道入口へ下山  黄金の谷
   黄葉の谷

   林道に出て曲岳登山口へ戻る
   林道

   林道沿いの紅葉・黄葉  本日一番の彩り 単調な林道歩きなどとは無縁であった
   林道紅葉


   林道
      

   黄葉

   登山口駐車場所へ戻った
   駐車場
      
                  


tag :

糸魚川 駒ヶ岳 10月26日 2/2

2018-10-29
糸魚川 頸城駒ヶ岳 1,487m 2018年10月26日

三峡パーク6:45→9:15駒ヶ岳9:40→12:00三峡パーク


   紅葉と岩壁
   紅葉

   千丈ヶ岳
   千丈ヶ岳

   朝慣れないうちの最初の岩場 濡れていたツルツルの一枚岩
   ロープの連続でいやらしかった
   ロープ

   最初のハシゴに戻ってきた
   ハシゴ

   海谷 千丈ヶ岳 今日は良く見える 悪場が終了、ホットする
   千丈ヶ岳

   ロッジこまがたけ
   ロッジこまがたけ

   発電所関連の建物のようです
   小屋

   ツタウルシの秋
   ツタウルシ

   道端にはノコンギク
   ノコンギク

   駐車場への林道を下る ブナ林
   ブナ林

   ブナの輝き
   黄葉

   左:明星山  右:青海黒姫山
   明星山・黒姫山

   三峡パークに戻りました 多くの車
   三峡パーク

   平日だが紅葉目当ての観光客が多かった。明日の天気予報は雨
   三峡パーク

   御前山集落からの駒ヶ岳
   御前山集落

   駒ヶ岳 テーブルマウンテン 中腹はロープだらけの訳です
   駒ヶ岳

   隣には昨日登った戸倉山
   戸倉山

   R148道の駅小谷
   道の駅小谷

   ランチは日替わり かまど定食
   かまど定食

   道の駅にある日帰り温泉 深山の湯 食事とセットで660円が330円に!
   深山の湯

       
           

tag :

糸魚川 駒ヶ岳 10月26日 1/2

2018-10-29
糸魚川 頸城駒ヶ岳 1,487m 2018年10月26日

三峡パーク6:45→9:15駒ヶ岳9:40→12:00三峡パーク

 糸魚川の駒ヶ岳は雨飾山、火打山などの頸城山塊にあり、頸城駒ヶ岳とも言われる。大岩壁を従えたテーブルマウンテンは興味深い山であった。紅葉最盛期の晴天に登れたこと感謝です。
 しかしながら、中腹は急登が多くロープのオンパレード!下りの1/3位は後ろ向きに降りるこことなり、時間かかってしまった。歯ごたえ十分すぎる山でした。北アルプスなどの有名な鎖の多い整備された山より、ある面では難しく総合力が必要な原点の山登りと感じました。

   駒ヶ岳 山頂  正面に阿彌陀山、左奥に鉾ヶ岳が見える
   山頂

     GPSmap
     GPSmap

   登山口
   登山口

   20分位、林道を行くと平坦な場所に小屋が幾つかある
   小屋

   駒ヶ岳の岩壁が見えてきた
   西海

   最初のハシゴ
   ハシゴ

   この先、フィックスロープの連続となり、危険箇所始まる
   ロープ

   縄ハシゴ 靴先しか乗らなく、ユラユラ‥ ハラハラ‥
   しかしながらロープ1本よりは助かります!
   縄ハシゴ

   黄葉がきれいであるが、足元に集中して登る
   縄ハシゴ

   急登とロープが続く  岩が湿っていて滑りやすく注意
   ロープ

       ブナなどの根が張っていて、根を掴めばホールドとなり、揺れるロープ掴むより
       安定する箇所もある 昔の沢登りの高巻きを思い出した
       ロープ

       このあたりが一番急登 
       ロープ

   やっと急登を抜けた   
   急登抜けた

   二本杉 目印となる休憩場所
   二本杉

   ブナ林がきれい
   ブナ林

   尾根の窪地に水音が  ブナの泉でしょうか?
   ブナの泉

   稜線に出ると背の低い灌木帯
   稜線

   駒ヶ岳 山頂到着 正面に近くの1498mピークがあり鬼が面山は見えない。
   左奥に火打山と焼山。稜線続きに金山
   山頂

   雨飾山が大きい
   雨飾山     

   北アルプスは樹木で見えない 見えないあたりが白馬岳、右に雪倉岳
   北アルプス

   ナナカマドと阿彌陀山
   阿彌山            

   鬼が面山・鋸岳方面 少々偵察に降りた 魚沼の浅草岳にも鬼が面山あった
   若い時なら難度の高い鬼が面山・鋸岳・海谷高地周回コースに来たかもしれない
   鬼が面山ルート     
 
   名残惜しいが下山
   下山

   稜線は既に落葉
   稜線落葉
   
   黄葉
   黄葉

   黄葉・紅葉の森
   黄葉

   再びフィックスロープ帯が始まる
   ロープ

   ロープを掴み、後ろ向きに降りる 懸垂下降の雰囲気になってきた
   ロープ
   
   きれいですが見とれないで足元注意
   紅葉

   糸魚川市街と日本海が見える
   糸魚川市街

   三峡パークとこまがたけ山荘が真下に見える
   三峡パーク

   落葉にツルツルの岩が隠れている 注意
   落葉

   再び縄ハシゴ
   縄ハシゴ

                続く          
 
           

tag :

糸魚川 海谷高地 10月25日

2018-10-28
糸魚川 海谷高地 2018年10月25日

三峡パーク 13:05→13:50海谷14:10→15:15三峡パーク

 海谷高地とは海川の上流、発電所取水施設のさらに上流にある開けた河原のことで、新潟県が越後の上高地と案内している奥座敷であった。紅葉もベストで期待して入渓したが、ガイド本はなく調査不足で河原で引き返してしまったことが残念。
 しかしながら途中の千丈ヶ岳などの大岩壁と紅葉に目を奪われ、越後の穴場は十分楽しめた。

   海川渓谷 千丈ヶ岳
   海谷紅葉

   
   海谷紅葉

   GPSmap
   GPSmap

   海谷三峡パーク 広い駐車場と整備されたキャンプ場
   三峡パーク

   案内板
   三峡案内


   海谷案内

   展望台にある楢山節考 ロケ地記念案内
   楢山節考

   展望台横が海谷入口
   入口

   海川沿いの高巻きの道 最初は緩やか
   道

   発電所専用道路と表示 観光客入られたら困る
   注意書き

   枝沢の仮橋
   仮橋

   岩場の下通過、頭上注意
   岩場

   渡渉注意
   渡渉注意

   谷全容が見えてきた  ハシゴも見える
   谷全容

   ハシゴ
   梯子

   ハシゴの先に渡渉 水量少なく飛び石ぞいにOK
   渡渉

   駒ヶ岳 方面
   駒ヶ岳

   この先、目の前の大岩に幾つかある薄いペンキに惑わされ、点検道を見つけられず
   引き返すことに。帰宅後調べたら、この先、右岸の巻道で発電所取水施設まで点検道
   あったようだ‥ 海谷高地とは取水施設のさらに先にある広い河原のことだった。地図参照
   大岩

   ハシゴを登り、山腹の巻道に戻る
   梯子

   晴れてきて岩壁の紅葉がきれいになってきた
   紅葉


   紅葉

   枝尾根の紅葉
   紅葉

   危険箇所もある
   危険箇所

   落葉道
   落葉道

   トチの実が豊作です
   トチの実

   26日撮影分  展望台から千丈ヶ岳
   展望台

   26日撮影分  千丈ヶ岳  
   千丈ヶ岳

   26日撮影分  奥に鉢山
   鉢山
    
         
            

tag :

糸魚川 戸倉山 10月25日

2018-10-27
糸魚川 戸倉山 975.5m 2018年10月25日

 根知谷 原の館駐車場 8:40→白池→角間池→10:15戸倉山10:30→角間池→白池→11:30駐車場

 北陸の紅葉名所、海谷高地と頸城駒ヶ岳。何度が計画したが、冬型気圧配置になると北陸は不安定な天気となる。紅葉は青空でないと映えない。紅葉山行は限られた時期の山である。今回も初日は天気予報全国的に晴れ!であったが太平洋側に比べ天候の回復が遅れて道の駅小谷で朝は雨。
 先に戸倉山としてゆっくり出発。途中に白池、角間池、塩の道もあり休憩施設が整備されていて糸魚川市民の手軽なハイキングの山との印象。平日であったが多くの登山者とすれ違った。

   戸倉山 山頂
   戸倉山

     GPSmap
     GPSmap

   しろ池の森 案内板
   案内板

   車道を行っても白池までは行けるようだが どんぐりの小径を行く
   入口

   戸倉山が見えてきた
   戸倉山

   白池 休憩棟
   白池

   晴れていれば雨飾山が姿を映すという
   白池

   角間池に着いた 小屋がある 周囲はブナ林
   角間池小屋

   角間池
   角間池

   塩の道は糸魚川と小谷、白馬、松本を結ぶ旧街道  戸倉山へは右に登る
   塩の道分岐

   尾根に出るとブナの黄葉がきれい
   ブナ

   登るにつれて紅葉がきれいになってきた
   紅葉


   紅葉


   紅葉

   バッタ 生きていた
   バッタ

   山頂到着 ゴム長靴履いたおばあさんとおじいさんが居た 地元糸魚川から来たとの二人
   元気に下っていった 静岡から来たと言ってミカン渡したら、お饅頭いただきました   
   山頂

   糸魚川市街と日本海がうっすらと見える
   山頂

   鬼ヶ面山方面と思うが雲で見えない、雨飾山の展望が素晴らしいとのことだが
   山頂

   晴れそうにないので下山
   下山

   中腹はブナ林が美しい
   ブナ林

   角間池
   角間池

   角間池周辺もブナ林   
   ブナ林

   白池 諏訪社の祠
   白池

   登山口にあるトイレと施設の建物 ナナカマド たわわにに実っていた
   登山口

   駐車場に戻った 広い駐車場 
   駐車場

   明日登る駒ヶ岳 大きい
   駒ヶ岳

   道沿いにあるホワイトクリフ スキー場の宿泊・温泉施設
   ホワイトクリフ

   糸魚川市民のスキー場
   スキー学校

   スキー場の食堂ありました 歩荷茶屋 山屋らしい名前です
   歩荷茶屋

   山のランチは山頂でカップめんが多く、寂しいこの頃‥ 
   久しぶりに下界となったので900円の天丼を奮発!具だくさんで大満足です
   天丼
 
         
            

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>