富士山 8月

2017-09-21
 山頂剣ヶ峰での用事を頼まれて1泊2日で行ってきました。宿泊はNPOさん管理の元測候所建物。高山病は大丈夫だったが仕事は少々息が切れた。3776mです。建物内のトイレから部屋に戻る階段昇り10m位、効きました。
道中はブルで往復なので楽勝です。御殿場口ブル基地より片道3時間



    荷物

    元測候所建物入口 一般登山者が入らないように
    入口

    日本最高峰標柱と二等三角点  
    標柱

    御殿場ブル 冷や冷やしましたがお世話になりました
    ブル

 

tag :

富士山 9月3日

2017-09-06
富士山  2017年9月3日 7名 

 相良 3:00 = 5:00 水ヶ塚駐車場 5:45 =シャトルバス= 6:25 富士宮口五合目 6:45 → 六合目→富士宮ルート→ 11:08 富士宮口山頂 11:30 → 11:40 剣ヶ峰 12:00 → 12:10 富士宮口山頂 12:50 →御殿場口山頂→御殿場ルート→ 14:42 宝永山分岐→宝永第一火口→六合目→富士宮ルート→ 15:45 五合目 16:00 =シャトルバス= 16:35 水ヶ塚駐車場 16:45 =天母の湯=東名(夕食)= 20:15 相良

 9月ならば少しは空いているかなと、初めての方も居て久しぶりの晴天予報に行ってきました。富士宮ルートを登り、御殿場ルートを下り宝永山火口に降りて富士宮五合目に周回するコースです。富士宮ルート下りの岩場などの混雑を避けて、空いている御殿場ルートと砂走りを体験してもらいたかった。


    富士宮口山頂 浅間大社奥宮
    浅間神社奥宮

     国土地理院発行の電子地形図の複製(Webサイトにて公開)について申請。
     承認を頂きました。 承認番号 平29情複 第663号
     GPS地図
    
    水ヶ塚駐車場
    水ヶ塚朝

    バス待ちの列
    バス停

    五合目 出発 20分ほど休憩入れて高度順化とした
    五合目

    快晴です
    五合目

    登山者の列
    登山者列

    新七合小屋が見えてきた
    新七合小屋

    八合目 手前 苦しいところです
    八合手前

    八合目
    八合目

    九合目 萬年雪荘  ブルは富士宮。御殿場のブルとは少し違う
    九合目
   
    九合目出発
    九合目出発

    この鳥居をくぐると山頂
    山頂鳥居

    山頂 浅間大社奥宮の前に着きました
    浅間神社

    山頂火口 
    火口

    最高峰 剣ヶ峰
    剣ヶ峰

    最後の急登
    最後の登り

    記念写真撮影の順番待ち15分
    写真撮影待ち

    元測候所入口 NPOさんも全員下山したようだ
    入口閉め

    やっと写真が撮れました
    記念写真

    一気に下山
    下山

    風の弱い場所でお昼とする
    お昼

    降りる前に一枚
    山頂出発

    浅間大社奥宮 前
    奥宮
    
    御殿場口 下降点
    御殿場口下山

    この頃は晴れていたが
    下山

    下に見えるのは七合九勺小屋
    富士宮ルートより岩、ガラガラ石、段差も無く、すれ違いも少なくて歩きやすい      
    七合九勺小屋

    七合九勺小屋 
    七合五勺小屋

    七合目 日ノ出館  マスク(パンダナ)付けてスパッツ確認
    七合目

    砂走り 開始!
    砂走り

    早い! 前日に降った雨と霧のおかげか埃はほとんど出なかった
    砂走り

    この分岐を右へ宝永山に向かう。 そのまま行くと御殿場口に降りてしまう
    宝永山分岐

    15分位で宝永山火口縁に出る。ここから火口に下る
    火口分岐

    宝永山第一火口の底
    第一火口底

    このあたりまでは観光客も訪れる場所
    通過

    フジアザミが大きい
    フジアザミ

    第一火口縁まで登り返し
    以前、月例山行で須山登山道から御殿庭経由でここまで来た  
    第一火口縁

    六合目小屋を経由して無事に富士宮口駐車場に戻りました
    五合目着
 
 

tag :

南ア 鳳凰三山 8月20日

2017-08-29
南アルプス 鳳凰三山 2017年8月19日~20日 2名

8月20日 : 南御室小屋 5:30→6:50 薬師岳 7:00→7:30 観音岳 7:40→ 8:45 赤抜沢の頭 8:55→地蔵岳→9:10 赤抜沢の頭 9:20 →9:57 高嶺 10:15 →10:52 白鳳峠 11:10 →12:55 南アルプス林道登山口 13:00→13:20 広河原 13:30 =タクシー=13:55 夜叉神峠入口 14:10=芦安=まほらの湯=18:30 相良

 三山縦走の日、夜明け前の星空に期待が広がった。タカネビランジは期待通り!最盛期は過ぎていたがまだまだ見れる。花崗岩の砂礫に咲くピンクの姿は北アルプス燕岳のコマクサにそっくりです。


    タカネビランジ
    タカネビランジ

    南御室小屋 黎明
    黎明

    小屋 出発
    出発

    しばらくは樹林帯
    樹林帯

    展望台に出た 
    白峰三山(左から農鳥岳、間ノ岳、北岳) 昨年夏の三山縦走が懐かしい
    白根三山
 
    バットレスが懐かしい  写真クリックで拡大します
    北岳

    昔の写真です。 ピラミッドフェース7ピッチ目 逆層フェース 30m Ⅳ+
    ピラミッド
      
    砂払岳の登り
    砂払岳

    見つけました!タカネビランジ
    ビランジ

    薬師岳小屋が見えた
    薬師小屋

    建替え中です。8月26日完成とか
    薬師小屋

    薬師岳に向かう ダケカンバが美しい
    ダケカンバ

    富士山が見えた、砂払岳と薬師岳小屋
    富士山

    薬師岳山頂 後方に間ノ岳、北岳
    薬師岳

    タカネビランジ 
    ビランジ

    観音岳に向かう
    観音岳へ

      北岳とタカネビランジ
      北岳とビランジ

    観音岳とタカネビランジ
    ビランジ

    観音岳山頂
    観音岳

    富士山と薬師岳
    富士山

    これから歩く道 高嶺、赤抜沢ノ頭、地蔵岳 遠くに甲斐駒ヶ岳
    写真クリックで拡大します
    甲斐駒・地蔵岳

    稜線はタカネビランジの道  写真クリックで拡大します
    ビランジ

    秋の花 トウヤクリンドウ
    トウヤクリンドウ

    写真クリックで拡大します
    ビランジ

    写真クリックで拡大します
    ビランジ

    ホウオウシャジンとタカネビランジ
    シャジン

    地蔵岳が近づいた
    地蔵岳へ


    ビランジ

    赤抜沢ノ頭 後方に北岳
    赤抜ノ頭

    地蔵岳 オベリスク
    地蔵岳

    賽の河原 甲斐駒が雲で隠れそう
    賽の河原

    赤抜沢ノ頭まで戻り、高嶺に向かう
    高嶺

    正面に高嶺 タカネビランジがまだ咲いている
    ビランジ

    花崗岩の砂礫に咲く姿は燕岳のコマクサみたい
    ビランジ

    ミヤマコゴメグサ
    コゴメグサ

    咲いているのもこのあたりまで、この先は植生、土壌が違う
    ビランジ

    この鞍部から高嶺への登りとなる
    鞍部

    登り返しで堪える。山頂に着いたと思ったら、まだ先があった
    高嶺登り

    高嶺 山頂 晴れていれば正面に北岳、眼下に広河原が見えるのだが
    高嶺

    コケモモの実
    コケモモ

    高嶺 山頂直下の急な下り
    高嶺下り

    ガラガラ岩の下り
    岩場

    白鳳峠が近い
    峠近い

    白鳳峠
    白鳳峠

    不思議なキノコ
    キノコ

    峠から広河原へ下る。しばらくはガラガラ道
    ガラ場

    シラビソ林
    シラビソ

    鉄バシゴが続く
    ハシゴ


    ハシゴ

    一枚岩の鎖場
    一枚岩

    長い下り やっと林道が見えた
    林道見える

    林道に出た!
    林道到着

    キツリフネ 名前のとおり不思議な形の花
    キツリフネ

    いつもの吊橋、寄り道しました。大樺沢の雪がまだ見える
    吊橋
    
    広河原バス停 到着。タクシーが待っていた。
    広河原

    夜叉神峠口まで乗りました。運賃は芦安までと同じ。
    帰りの温泉は増穂IC近くの富士川町「まほらの湯」
    ネット割引で540円。金山沢より安くて休憩室も広くてよい。

                     

tag :

南ア 鳳凰三山 8月19日

2017-08-29
南アルプス 鳳凰三山 2017年8月19日~20日 2名

8月19日 : 相良 4:00=芦安=7:30 夜叉神峠登山口 7:47→8:44 夜叉神峠 8:55→12:42 南御室小屋 泊

 鳳凰は何回か行ったがこの時期は初めて。目的はタカネビランジ。北岳で昨年久しぶりに見たので、本家も見たいと思いました。夜叉神峠登山口に駐車して三山を歩き、高嶺から白鳳峠、広河原に下り、路線バス(タクシー)で夜叉神峠口に戻る計画です。天候不順で予報がコロコロ変わり悩ましかったが土日は良さそう。出発となった。


    南御室小屋 昔と同じです
    南御室小屋

    夜叉神峠入口 駐車場 わりと空いていた
    夜叉神入口

    登山口 出発
    登山口

    カラマツ林が続く
    樹林帯

    夜叉神峠 到着 白峰三山は見えない
    夜叉神峠

    マルバタケブキ咲く道
    マルバタケブキ

    緩急の尾根道
    尾根道

    杖立峠
    杖突峠

    オトギリソウ
    オトギリソウ

    火事場跡 このルートの標識はパイプ製 
    標識

    池山吊尾根と間ノ岳への稜線
    白根三山

    山小屋注意書き
    山小屋注意書き

    緩やかであるがガラガラ道
    ガラガラ道

    南アルプスという雰囲気
    樹林

    千頭星山への分岐 すぐ先が苺平
    苺平

    苺平 展望無し
    苺平

    小屋まで緩やかな下り
    小屋へ

    南御室小屋に到着
    小屋到着

    予定よりだいぶ早く着いた。
    テント張らなくてもよいし、やることないので1時過ぎから反省会。
    反省

    淡麗辛口とおつまみにカミキリムシが寄ってきた
    メンパ

    小屋前のお花畑 ヤナギラン まだ蕾も多い
    ヤナギラン

    トリカブト
    トリカブト

    ここはこの水場が売り物。冬でも使える湧き水は20m位先の林の中。 
    テントにも最適の場所です。冷たすぎて顔は洗えなかった
    水場

    オヤマリンドウ
    リンドウ

    オトギリソウ
    オトギリソウ

    シシウド
    シシウド

    ヤマオダマキ
    オダマキ

    マキが積んである
    マキ

    煙突の煙は懐かしい山小屋の風景
    煙

    天気が不安定なためかテントは少ない。土曜日であるが小屋も空いていた。
    テント場

                   続く
    

tag :

安倍奥 山伏 8月11日

2017-08-15
安倍奥 山伏 2017年8月11日 8名

百畳平登山口 10:45 → 11:30 山伏 12:35 → 13:10 百畳平登山口

安倍奥 山伏山頂に咲くヤナギランが見頃との情報を聞いて、山の日に連休の渋滞を避けて近場の山伏となった。中高年の皆様に優しい百畳平からの往復です。車の運転は霧が濃く大変だった。


    山伏山頂に咲くヤナギラン
    ヤナギラン
    
    百畳平登山口
    登山口

    登山口 案内板
    案内板

    緩やかな登り
    緩やかな登り


    緩やかな登り

    山伏小屋 入口 
    小屋分岐

    西日影沢コースと合流
    西日影沢合流

    山頂手前 笹の原 展望が開ける
    山頂手前

    ヤナギランが咲いている
    ヤナギラン

    山頂 今日は富士山見えない
    山頂


    山頂

    このブログトップページ写真の場所ですが 霧の中
    立ち枯れ

    ヤナギラン 西側がよく咲いている
    ヤナギラン


    ヤナギラン


    ヤナギラン

    霧の中が絵になると粘って待っていた
    ヤナギラン


    ヤナギラン
   

    ヤナギラン


    ヤナギラン
    
    帰り道 山伏小屋に寄りました
    山伏小屋
  
    

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>