蝶ヶ岳・常念岳  後編

2011-09-28
 
   稜線の池とナナカマド
   稜線の池とナナカマド

   ナナカマドの実 寒波で葉がちぢれている。
   ナナカマドの実


   2512mピークでの休憩 にぎやかです
   2512mピークでの休憩

   常念岳山頂直下
   山頂が近づいた

   山頂到着しました!
   常念岳山頂

   山頂より、草もみじと槍ヶ岳
   山頂より槍ヶ岳

   北鎌尾根と表銀座、西岳ヒュッテ  同行のSさんは若きときの北鎌登攀の思い出に感慨深い
   北鎌尾根とヒュッテ西岳

   燕岳と燕山荘が見えました
   燕山荘と燕岳

   前常念岳と眼下に安曇野
   前常念岳と安曇野
   
   前常念岳への分岐 ザックをデポして前常念岳までピストンしました
   三股分岐点  

   綿帽子のチングルマと常念岳 
   チングルマと紅葉と常念岳

   前常念岳にはガラガラの道
   前常念岳への道

   常念岳を振り返る
   常念岳を望む

   分岐まで戻り、常念小屋への下り
   常念小屋への下り


   常念乗越と常念小屋  風の通り道の乗越で木が傾いている
   常念小屋と常念乗越

   常念乗越からの日の出
   常念乗越からの日の出

   常念乗越の朝  
   朝の常念乗越

   縦走路を横道岳方面に少し登ると、常念岳他素晴らしい展望が待ってます。
   最後の常念岳展望

   展望に別れを惜しみ、一の沢へ下山
   一の沢へ下山

   一の沢は沢沿いのよく整備されたコースです
   一の沢のコース

   山の神に参拝、無事に帰れることを感謝。 トチの木の大木が控えてます。
   山の神に参拝

   一の沢登山口に到着
   一の沢登山口
                    終わり


関連記事
tag :

蝶ヶ岳・常念岳  前編

2011-09-27
北ア 蝶ヶ岳・常念岳 2011年9月23日~25日 4名

連休の混雑を覚悟で出かけた蝶、常念の縦走路は槍・穂高の展望台、 以前はテントであったが、
時は流れて今回は地元の仲間と小屋泊、ゆとりのプランに天候にも恵まれて縦走の楽しみを満喫
できました。
9月22日 相良21:00 → 梓川SA仮眠 → 
9月23日 安曇観光タクシーに車預けて 6:10 → 6:35 三股 6:45 → まめうち平 →  
      12:00 蝶ヶ岳ヒュッテ泊
9月24日 蝶ヶ岳ヒュッテ 6:35 → 蝶槍 → 11:30 常念岳 12:20 → 分岐 →
      前常念岳 → 分岐 →  14:30 常念小屋泊 
9月25日 常念小屋 6:20 → 横道岳手前ピーク → 7:15 常念乗越 7:25 → 一の沢 
      → 10:40 登山口 10:45 = 安曇観光タクシー = ビレッジ安曇野入浴 =
      豊科IC = 18:00 相良

   三股登山口  満車です
   三股登山口 

   ゴゼンタチバナ
   ゴセンタチバナ

   まめうち平に到着
   まめうち平

   蝶沢上部は台風のあとで豊富な水量
   蝶沢上部横断

   蝶ヶ岳ヒュッテ到着  1畳に1人で、部屋、廊下も広く快適でした。
   蝶ヶ岳ヒュッテ到着

   夕日が穂高に沈むシャッターチャンスですが‥ 雲が取れません
   穂高夕日

   寒さの中、震えながら見てました、カメラマンが多いこと。
   穂高残照

   蝶の小屋よりの日の出です
   日の出

   穂高、槍が染まります
   朝日の穂高

   八ヶ岳、富士山、南ア 遠望
   八ヶ岳・富士山・南ア

   富士山と南アルプス
   富士山・南ア

   御嶽山と乗鞍岳
   御嶽山・乗鞍岳
    
   焼岳から穂高の展望
   焼岳・上高地・穂高

   穂高岳山荘
   穂高岳山荘

   北穂高小屋
   北穂高小屋

   槍岳山荘
   槍岳山荘

   霜柱がありました
   霜柱

   蝶ヶ岳山頂よりの大天井岳、常念岳
   蝶ヶ岳ヒュッテと常念岳

   常念岳に向けて出発
   常念岳に出発
   
   草もみじの稜線はゆるやか
   ゆるやかな尾根道

   霜柱の花
   雪の花

   このコースは槍穂高の展望台
   槍を望む尾根道

   クロマメノキの実  ブルーベリーに似た味です
   コケモモの実

   2664.3m三角点より常念岳  稜線に多くの登山者が見えます
   2664.3m三角点よりの常念岳

                        後編に続く

関連記事
tag :

雨乞岳 9月18日

2011-09-19
雨乞岳(あまごいだけ)2036.8m    2011.9.18 雨のち曇り 7名

 日向山の北側にある雨乞岳は頂上よりの南ア北部の主峰、甲斐駒、鳳凰などの展望が素晴ら
しい山。近年、北杜市(旧白州町)が整備したビィレッヂ白州キャンプ場 よりの登山コースが歩き
やすいとの情報で、今週末連休のトレーニングにと出かけました。
 標準コースタイム上り3H、下り2Hと書いてあったが、中高年ノロノロ隊の実感では、登り2:45、
下り2:10くらいではないかと感じた。危険な個所は全く無く、ゆるやかな登り下りが多く、手頃な
山ではないかと。 今回、天気予報は全員晴れ!であったのに  到着した登山口は雨‥‥ 
やっぱり雨乞岳!  サントリー工場見学、日帰り温泉ツアーと頭の中は巡り、待機すること
2時間近く遅れて出発となった。
 カラマツ林の黄葉と、新雪の頂の南アルプスが望める10月下旬がベストと思われる。人気が
出てくると思う。

相良 4:00 = 東名・R52・中央道・小淵沢IC = 7:30 ビィレッヂ白州登山口駐車場 9:25
→ 12:15 雨乞岳 13:05 → 15:10 駐車場 15:20 = 道の駅信州蔦木宿・つたの湯 
= 19:50 相良

   雨乞岳山頂  遠望は富士山
   記念写真

   登山口
   登山口

   マルバタケブキ咲く登山道
   マルバタケブキ

   整備されてる階段が続きます
   階段の登り

   ゆるやかな登りが続きます。
   ゆるやかな登り

   水場の標識、今回は運良く流れてました。
   運が良ければ水場

   空が明るくなってきた。
   空が明るくなった

   カラマツ林 黄葉の時期に来てみたい。日向山と似ている。
   カラマツ林

   山頂に到着です。お疲れ様。
   山頂到着

   マイナーな山なのに、にぎやかな人
   山頂の人

   八ヶ岳が少し見えた。
   八ヶ岳展望

   奥秩父方面
   奥秩父展望

   富士山が見えた。
   富士山展望

   この方向に甲斐駒、鳳凰が見えるはず‥
   南展望のつもり

   下山開始
   下山開始

   キノコ なんとなく気持ち悪い
   キノコ

   運が良かった水場です。
   水場

   トリカブト
   トリカブト

   霧の中
   霧の中

   霧が晴れてきた尾根道
   霧が晴れて

   長い階段が続きます。
   長い階段

   やっと駐車場に到着、15台くらいは停められる、キャンプ場の上100m
   駐車場


関連記事
tag :

大菩薩嶺 9月11日

2011-09-13
月例山行 大菩薩嶺 2011.9.11 17名 CL内藤

相良 5:00 = 9:00 上日川峠 9:20 → 福ちゃん荘 → 唐松尾根 → 雷岩 →
11:10 大菩薩嶺 → 大菩薩峠 → 石丸峠 → 14:15 石丸峠入口 14:30 = 
ぶどうの丘 天空の湯 = 19:50 相良

 大菩薩峠はハイキングの定番コース、首都圏に近く人気があり道路沿いの駐車場は満車。
バスは奥の市営駐車場に停めた。唐松尾根の登りは雨に降られてしまったが、午後は青空
も見えて、笹の原の稜線はいつ来ても良い。石丸峠は静かでいい雰囲気だった。

   大菩薩峠
   大菩薩峠

   上日川峠登山口を出発
   上日川峠登山口

   福ちゃん荘は昔のまま
   福ちゃん荘

   唐松尾根を登り、大菩薩嶺到着 
   大菩薩嶺

   雷岩は霧の中
   雷岩

   雨が上がり、展望が開けてきた! 大菩薩峠に向かう
   晴れてきた

   眼下に上日川ダムが見える
   上日川ダム

   笹の原は気持ちのよい尾根歩き
   避難小屋

   賽の河原をあとに
   避難小屋をあとに

   ナナカマドは実をつけていた
   ナナカマド実

   大菩薩峠到着
   大菩薩峠手前

   介山荘売店
   介山荘

   熊沢山を越えて石丸峠に向かいました
   熊沢山

   キノコ食べられる? 
   キノコ

   石丸峠と狼平、小金沢山稜線が見えてきた
   石丸峠への下り

   狼平遠望 いいところです。
   狼平

   ウメバチソウ
   ウメバチソウ

   石丸峠到着
   石丸峠

   上日川峠に下ります
   石丸峠出発

   高山植物保護柵 この山にもありました
   高山植物保護柵

   上日川ダムを見ながら
   上日川ダム

   カラマツ林 黄葉の時期はいいね
   唐松林の下り

   石丸峠入口に到着 バスに来てもらいました。
   下山口






関連記事
tag :

山の花 白山

2011-09-08

          山の花    白山          2011年8月13日~14日
   オニシモツケ
                   オニシモツケ  平瀬道

   ミヤマコウゾリナ
                  ミヤマコウゾリナ  平瀬道

   クルマユリ
                    クルマユリ  平瀬道

   タカネナデシコ           
                   タカネナデシコ  平瀬道

   お花畑
           お花畑 タカネマツムシソウ、オニシモツケソウ  
   
   クロユリ
                       クロユリ  室堂

   ミヤマキンバイ
                    ミヤマキンバイと御前峰

   アオノツガザクラ
                    アオノツガザクラ  室堂 

   タテヤマリンドウ
                   タテヤマリンドウ  千蛇ヶ池

   チングルマ
                  チングルマ  ハルビオ雪渓

   ハルビオ雪渓
               ハクサンコザクラ  ハルビオ雪渓

   ハクサンコザクラ
                        ハクサンコザクラ 

   ハルビオ雪渓
                ハクサンコザクラ  ハルビオ雪渓  

   ハルビオ雪渓
                ハクサンコザクラ  ハルビオ雪渓

   ハクサンコザクラ
                       ハクサンコザクラ

   クロユリ
                           クロユリ 

   チングルマ
                     チングルマ  千蛇ヶ池 

   チングルマと大汝峰
                       チングルマと大汝峰 

   イワギキョウ
                     イワギキョウ  千蛇ヶ池 

   オトギリソウ
                         オトギリソウ 

   ミヤマダイモンジサオウ
                    ミヤマダイモンジソウ  室堂

   ハクサンフウロ
                     ハクサンフウロ  室堂




   




     
関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>