大谷崩  1月29日

2012-01-30
安倍奥 大谷崩   2012年1月29日  個人山行 6名 CL鈴木

相良 6:00 = 8:50 大谷崩駐車場 9:20 → 扇の要 9:50 → 11:45 新窪乗越手前 12:45
→ 扇の要 13:50 → 14:20 駐車場 14:35 = 黄金の湯 =18:10 相良

 中高年から山登りを始めた人は雪山には行かない人が多い。しかし、暖国静岡に住む者として
非日常的世界に遭遇することは、新鮮な楽しみでもある。若いころ山岳会では安倍奥に雪が降っ
たと聞くと喜んで出かけたものだった。今回は1週間ほど前に降雪があり、コンデションは上々!
 2月連休に蓼科縞枯山、茶臼山に計画あるので、雪山トレーニングで行ってきました。


   
   大谷崩集合写真

   大谷崩駐車場
   大谷崩駐車場

   涸沢を渡る、先週の雪も解けてきた
   沢を渡る

   新窪乗越を目指して
   乗越目指して
  
   大谷嶺より派生する七人ヅクリの峯を振り返る
   七人ヅクリの峯
     
   青空が広がってきた! アルプス稜線を目指しているみたい
   乗越近づく
  
   乗越手前で急斜面となった(夏道はジグザグ) 雪山初めての人もいて
   下りの滑落が心配となり、指導員として安全第一を考え引き返すこととした。
   急な登り

   大谷嶺が新雪に輝く
   大谷嶺稜線

   今日はボクが登場しないと !(^^)!
   雪だるま

   童心に帰れるひととき
   ボクも一緒
   
    下山。 最初は緊張の連続だった
   下山

   アルペン的風貌は、安倍奥とは思えない
   アルペン風

   扇の要近くまで来ると、緩やかな疎林
   扇の要近く

   大谷崩を振り返る
   大谷崩を振り返る
   
   駐車場も近い
   駐車場近い



   
関連記事
tag :

発端丈山  1月15日

2012-01-17
沼津市内浦 発端丈山 2012年1月15日 月例山行 15名 CL畑

相良 7:00 = 9:20 三津浜駐車場 9:45 → 北口登山口 → 11:20 発端丈山 12:30 →
長浜・三津中央口 → 13:40 三津浜駐車場 14:00 = 伊豆長岡温泉 = 18:00 相良

 12月24日に下見に行った山、今回は富士山の眺望に期待したが、残念ながら雲で見えなかっ
た。海岸スタートの標高410mは冬場の月例山行には雪の心配もなく手頃と思われる。長岡温泉
の日帰り入浴は900円(団体割引で850円)伊豆は長野山梨と違い、温泉観光地ですね。


   発端丈山頂
   発端丈山山頂

   三津浜駐車場では朝市開催中! たくさん買いました   
   朝市

   住宅地を通り抜け、三津北口から登り始める
   三津北口

   尾根に出るまではわりと急な登り
   登り坂   

   伊豆の山 常緑樹アオキの実
   アオキ

   尾根の途中で展望が開ける、富士山、愛鷹山は残念ながら雲の中
   尾根途中の展望

   尾根は巨大な山桜の並木道
   山桜の古木

   山頂の風を避けて少し戻り、ランチタイム 本日は豚汁付です
   ランチタイム

   具たくさんの豚汁!(^^)!  でも重たかった‥
   豚汁

   今日の山頂は賑やか、大半が葛城山、城山から来た人たち
   山頂の登山者

   帰りは長浜・三津中央口へ下山する
   下山路分岐

   分岐より50mほど下ると展望が開ける
   淡島展望

   寒ワラビです
   寒ワラビ

   さらに下ると展望台がある
   展望台到着

   大瀬崎から内浦湾、淡島、沼津と見渡しできる
   内浦湾展望

   索道の場所にて長浜と三津中央口へコースは分かれる    

   索道分岐点

関連記事
tag :

写真展案内 2012年1月

2012-01-08
相良ハイキングクラブ写真展を開催してます。
期間:1月8日~22日
場所:牧之原市須々木854-10 相良公民館 1Fホール  TEL:0548-52-1021

   2012相良ハイキングクラブ 写真展
針ノ木雪渓
                      針ノ木大雪渓

三ツ岩岳 
           アカヤシオ咲く西上州 三ツ岩岳
        恒例の写真展開催となりました。1年間の活動記録です。
        1月8日から22日まで須々木 相良公民館1Fホールにて
        開催します。是非お立ち寄りください。
        公民館開館時間 9時~12時、13時~17時、18時30分~21時30分


写真展会場1

写真展会場2
関連記事
tag :

発端丈山 12月24日

2012-01-07
伊豆 発端丈山 2011年12月24日 下見山行 4名 CL畑

相良 7:00 = 9:20 沼津三津浜駐車場 9:35 → 三津北口登山口 → 10:15 尾根 10:20
→ 11:15 山頂 12:15 → 13:30 三津浜駐車場 13:45 = 伊豆長岡温泉 湯屋光琳 =
17:30 相良

1月15日予定の月例山行 発端丈山 の下見に行ってきました。
この山は海岸がスタートゴールというのが面白い。駿河湾と富士山の展望が素晴らしく、
近くには名湯、伊豆長岡温泉があるのも嬉しい、冬場には最適の山です。
月例山行には多数の参加をお願いします。



   発端丈山山頂

   三津浜の駐車場がスタート
   三津浜駐車場

   伊豆港町の庚申堂とアロエの花
   庚申堂

   三津北口登山口
   三津北口登山口

   常緑樹アオキが茂るのは伊豆の山
   アオキ

   尾根に出ると、山桜の木も多かった。4月の花の時期にも来てみたい
   山桜

   尾根の途中に展望が開ける場所があった、淡島は子供のころの遠足の思い出
   尾根途中の展望

   ゆるやかな尾根道は陽だまり山行に最適
   日だまり道

   山頂に到着
   山頂のイチョウの木

   シンボルのイチョウの木は根回りがシカの食害と思われ、危ない
   イチョウの木

   葛城山とロープウェイが見える
   葛城山
   
   三津浜に下山する
   下山開始

   少し下ったところで大展望が待っていたが、主役の富士山は雲の中‥
   途中の展望

   さらに下り、植林を抜けると展望台がある
   展望台

   内浦湾のイケスとヨットが見える
   内浦湾

   長浜口と中央口との分岐点 使用してない索道、周囲はミカン畑であった
   分岐点

   中央口は台風後の倒木で案内が記されていた
   通行止


関連記事
tag :

西上州 鹿岳・四ツ又山 5月4日

2012-01-02
西上州 南牧村 鹿岳(かなたけ)、四ツ又山  2011年5月4日 11名

民宿おかしら 8:00 = 8:35 四ツ又山登山口 大久保 8:45 → 10:05 四ツ又山 10:15 →
マメガタ峠 → 12:20 鹿岳(一ノ岳)12:40 → 13:15(二ノ岳)13:30 → 14:40 下高原登山口
14:50 = オアシスなんもく = なんもく村キャンプ場「またたびの湯」= 大上峠 = R141,R52
= 22:00 相良


   四ツ又山、鹿岳登山口の大久保集落
   
登山口

   四ツ又山への登り 遠くに鹿岳が見えてきた
   
四ツ又山への登り
   
   四ツ又山山頂 899mの標高とあまり高くなく、アカヤシオは終わりかけていた
   
四ツ又山山頂

   遠くに妙義山が見える
   
妙義山遠望

   これから登る鹿岳 ラクダのこぶのような岩峰までの尾根道は人気のハイキングコース
   
鹿岳遠望

   カラス天狗と鹿岳
   
カラス天狗

   マメガタ峠への下りは急な尾根道が続く
   
マメガタ峠への下り

   マメガタ峠の草原はスミレが咲き始めていた
   
マメガタ峠のスミレ

   鹿岳が近づく
   
鹿岳が近づく

   鹿岳基部に着くとロープとクサリ場が始まる
   
鹿岳基部のロープ

   鹿岳は一ノ岳とニノ岳と二つの岩峰があり、鞍部から取り付きできる 
   
一ノ岳鞍部

   一ノ岳へは急な登り
   
一ノ岳急登

   鹿岳(一ノ岳)山頂
   
一ノ岳山頂

   隣の二ノ岳
   
隣の二ノ岳

   登った急な道を下り、鞍部まで戻る。アカヤシオに見送られて
   
鞍部まで急下降

   二ノ岳のクサリ場
   
二ノ岳のクサリ場

   一ノ岳を振り返る、登山道は左のリッジ沿い
   
一ノ岳を振り返る

   特徴ある荒船山が見える
   
荒船山遠望

   鹿岳(二ノ岳)山頂
   
二ノ岳山頂

   オアシスなんもくで買い物、またたびの湯に寄り、充実した二日間の花旅は終わった   
   
オアシスなんもく

                       




関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>