相良海岸 5月28日

2012-05-28
相良海岸のハマヒルガオがきれいに咲いてます、
昨日の自治会海岸掃除で見つけて、写真撮りました。



   ハマヒルガオ1


   ハマヒルガオ2


   ハマヒルガオ3


   不明な花


関連記事
tag :

愛鷹連峰 越前岳・黒岳 5月20日

2012-05-23
愛鷹連峰 越前岳・黒岳 2012年5月20日 月例山行 17名 CL池田壮

相良 6:00 = 8:00 十里木駐車場 8:20 → 10:20 越前岳 10:35 → 10:55 富士見台
11:30 → 12:30 コル 12:40 → 13:00 黒岳 13:15 → 13:30 コル 13:35 → 14:05
駐車場 14:15 = ヘルシーパーク裾野 = 18:00 相良

 4月は雨天中止となった月例山行。今月は曇りながら富士山も一日見えて穏やかな尾根歩きが
十分楽しめた。途中で静岡こまくさ会メンバーと合流、にぎやかな一日だった。アシタカツツジは
まだ蕾が多く、見頃は1週間くらい先と思われる。


   十里木登山口駐車場を出発
   十里木登山口駐車場を出発
         
   振り返ると雄大な富士山
   富士山の展望

   休憩ポイントは富士山の好展望台
   休憩場所
   
   ギンリョウソウ  銀竜草 葉緑素のない草
   ギンリョウソウ
  
   ツツジと富士山
   ツツジと富士山

   勢子辻より合流点付近のアシタカツツジ  まだ蕾が多い
   アシタカツツジ蕾

   勢子辻からの道を上がってきたのは、こまくさ会蒔田さん
   勢子辻より蒔田さん

   蒔田さんが教えてくれた、コイワザクラ
   コイワザクラ
   
   岩陰にひっそり咲く姿は可憐そのもの
   岩場のコイワザクラ

   越前岳山頂
   越前岳山頂

   こまくさ会会員 蒔田、吉田さんです。
   静岡こまくさ会4名

   こまくさパーティイは勢子辻より呼子岳経由高場所下山の周回コース
   高場所尾根

   山頂に咲くキジムシロ  バラ科
   キジムシロ
   
   山頂のお地蔵様
   お地蔵様

   尾根道を富士見台に向かう、アセビの木が多い、新緑が鮮やか
   アセビの木

   イワカガミ
   イワカガミ

   富士見台でランチタイム
   富士見台にてランチタイム

   鋸岳のギザギザが見える
   鋸岳とツツジ

   この小ぶりのツツジがアシタカツツジ?
   アシタカツツジ?

   黒岳分岐コルにて静岡こまくさ会の原田パーティと出会った!
   こまくさ原田パーティと一緒

   黒岳への登り  富士山展望台があった
   黒岳への道にある展望台

   ヤマシャクヤク 周囲に多く見ることができた
   ヤマシャクヤク

   黒岳山頂でのこまくさメンバー
   黒岳こまくさ
   
   ここにも鹿食害防止柵
   鹿食害防止棚

   黒岳山頂
   黒岳山頂のハイキングクラブ

   フタリシズカの新芽  二人静
   フタリシズカ

   コルまで戻り、大沢林道に下る。途中の愛鷹山荘
   愛鷹山荘

   植林は手入れが行き届いている。
   植林の中の道

   大沢林道駐車場は多くの車  バスが待っていてくれていた。
   大沢林道駐車場



   


   


   


関連記事
tag :

西上州 笠丸山 5月6日

2012-05-16
西上州上野村 笠丸山 2012年5月6日 

南牧村民宿「おかしら」7:55 = 8:40 笠丸山登山口駐車場 住居附最奥 8:50 →
9:30 地蔵峠 → 10:00 山頂 10:15 → 10:25 東峰 10:40 → 11:30 登山口駐車場
= 11:40 道の駅「上野」= 13:00 しおじの湯 = ぶどう峠 = R141 = 往路を戻る
= 20:00 相良

 朝、民宿周辺を散歩、山里の素朴な営みを味わい、上野村に移動。長いふるさとトンネルを抜け
ると、神流川沿いに開けた集落は関東一の清流に釣り人の姿も多く、観光客も多い。日航機の碑
のある御巣鷹山も近い。
 笠丸山は春に秋に人気の高い山で、今回は山頂近くのアカヤシオ群生地がお目当て。雷雲注意
報が出ていたので、早々に下山したが、途中で降られてしまった。公営の日帰り温泉もあり、南牧
村より観光地化されていた。

   
   南牧村大日向集落の朝
   南牧村大日向の朝

   笠丸山登山口 住居附 新高畑橋より
   笠丸山登山口

   登山口案内板
   登山口案内板

   ニリンソウ
   ニリンソウ

   ミヤマスミレ類 スミレ と思われるが?
   スミレ

   ヤマエンゴサク 
   ヤマエンゴサク

   マルバスミレ 丸い葉が特徴、花は純白でまるみがある。
   マルバスミレ

   ウラシマソウ 鎌首を持ち上げたような姿が目を引く
   ウラシマソウ

   ヒトリシズカ
   ヒトリシズカ

   ヤマブキソウ このような八重咲きも林床に見つけた
   ヤマシャクヤク

   ニリンソウ咲く沢沿いの道
   ニリンソウ咲く道

   ハシリドコロ群生地
   ハシリドコロ

   地蔵峠より笠丸山に向かう
   地蔵峠

   山頂直下はロープが続く急斜面
   山頂近くの急坂

   アカヤシオが霧に浮かぶ
   霧のアカヤシオ

   笠丸山山頂
   笠丸山山頂

   東峰に向かう
   東峰に向かう
   
   笠丸山東峰
   東峰
   
   アカヤシオとヒカゲツツジ
   アカヤシオとヒカゲツツジ

   笠丸山山頂を振り返る
   山頂を振り返る

   登ってきたロープ箇所
   ロープ箇所

   笠丸山東峰山頂
   東峰山頂

   ヒカゲツツジ
   ヒカゲツツジ

   東峰より派生する尾根を下りる。しばらくロープが続く。
   東峰より下る

   白樺林になると斜度はゆるやかになった。
   白樺

   林道に出て、駐車場まで戻る。 沢沿いはヤマブキなど色とりどりの春
   林道を戻る

   上野村中心地にある道の駅「上野」
   道の駅 上野

   食事と買い物を済ませた道の駅。釣り人、観光客も多い。このあと日帰り温泉「しおじの湯」
   に寄り、難路ぶどう峠越え。北相木村経由、小海町にてR141に戻り、帰路に就いた。
   道の駅 上野全景




 

関連記事
tag :

西上州 烏帽子岳 5月5日

2012-05-12
西上州南牧村 烏帽子岳  2012年5月5日 三ツ岩岳より継続登山 

5月5日 10:15 シボツ沢登山口 10:25 → 郡界尾根 → 12:10 マル 12:25 →
    12:45 烏帽子岳 13:10 → コル → シボツ沢 → 14:20 登山口 14:30 = 道の駅「なん
    もく」= 15:30 民宿「おかしら」

 烏帽子岳は三ツ岩岳(1032m)と大仁田ダムを対峙してそびえ立つ岩峰。標高は1182mとやや
高く、この差が今日のアカヤシオ開花状況に違いとなり、見頃に間に合った! マルはさらに高く、
蕾もあった。

   シボツ沢登山口
   シボツ沢登山口

   沢沿いの道は軽やかな水音に、春の花が目覚めてていた
   沢沿いの道

   ネコノメソウ
   ネコノメソウ

   新緑がまぶしい登山道
   新緑の世界

   水辺にはハシリドコロが群生している。 気が狂ったように走り出すと言われる毒草。
   ハシリドコロ

   シボツ沢を詰めて、郡界尾根の手前は急斜面
   郡界尾根近く

   郡界尾根をマルに向かうとアカヤシオが見えてきた。この付近は烏帽子岳より標高が高い。
   稜線のアカヤシオ

   マルのピークには蕾もあった
   アカヤシオ蕾

   烏帽子岳コルに向かい、急な尾根を下る
   マル頂上より烏帽子岳へ

   まあまあ咲いている。 間に合ってよかった!
   アカヤシオ見頃
 
  
   アカヤシオ
    
   ひとつばな  ひとつの枝にひとつ咲く花
   ひとつばな
   
   青空とのコントラストは、西上州の春のパレット
   青空とアカヤシオ

   烏帽子岳山頂の登山者が見える。  写真クリックすると拡大できます。
   烏帽子岳

   山頂よりの展望 左下にさきほど登った三ツ岩岳、右上には浅間山
   山頂より西上州の山々

   マルよりの尾根道にはアカヤシオがよく見える 
   マルのピーク

   天狗岳方面
   天狗岩

   烏帽子岳山頂  周りはストンと切れ落ちている。岩峰の上です。
   山頂記念


   山頂のアカヤシオ1


   山頂のアカヤシオ2
  
   登りのロープ箇所は、急な下りとなる。 この山は岩峰です。
   下山のロープ箇所

   コルの分岐標識 直接シボツ沢に下る
   コルよりシボツ沢へ

   しばらくは急斜面でロープが続く
   急斜面を下る

   エイザンスミレ
   エイザンスミレ

   斜度がゆるやかになり、奥の二俣は近い
   奥の二股は近い

   沢沿いの来た道を戻る
   来た道を戻る

   道の駅「なんもく」に寄る。 連休で賑わっていた。
   道の駅 なんもく

   宿泊した民宿「おかしら」 奥に大岩と碧岩が見える
   民宿おかしら
                  笠丸山に続く

関連記事
tag :

西上州 三ツ岩岳 5月5日

2012-05-12
西上州南牧村 三ツ岩岳・烏帽子岳、上野村 笠丸山 2012年5月5日~6日 CL高橋 他4名

4日 相良 19:15 = 新東名・R52・中央道・R141・大上峠 = 0:10 碧岩登山口駐車場
5日 6:25 = 6:45 大仁田ダム下駐車場 7:10 → 7:45 南西コル → 8:55 三ツ岩岳 9:15 →
   10:00 登山口 10:10 = 烏帽子岳登山口に移動

 昨年に登ったこの山のアカヤシオが岳人5月号に記事となり、行かなかった人のラブコールで
3日~4日に10人の計画書が出来上がった。しかし今年の連休は気まぐれな天気で延期となり、
人数は減ったが熱意がアカヤシオに伝わるはずだったが‥ 2日~3日ころが満開の様子だった。
それでもこの日は快晴に恵まれ、青空にピンクが映えて、西上州の山々の大展望が楽しめた。
   

   アカネスミレ 碧岩登山口駐車場
   アカネスミレ

   三ツ岩岳登山口は大仁田ダム
   大仁田ダム登山口

   10分ほど登ると竜王大権現との分岐道標  尾根コースを行く。
   尾根コース分岐点道標

   春の使者 エンレイソウ
   エンレイソウ

   林道ができて、南西コルまでの道が分断されていた。う回路標識あり。
   林道

   ミツバツツジが鮮やか
   ミツバツツジ
   
   稜線手前のロープ箇所 急坂が続く。 そろそろアカヤシオのトンネルが‥
   ロープ続く急坂

   アカヤシオは登山道を敷き詰めていた‥  (-_-;)
   アカヤシオ花びら

   
   稜線手前

   稜線に出ると、西上州の山々、妙義山、鹿岳、四ツ又山などの展望が開ける。
   妙義山方面

   山頂へ続く道、アカヤシオはチラホラ
   山頂の手前

   妙義山、鹿岳の展望
   妙義山・鹿岳

   三ツ岩岳山頂
   山頂記念

   山頂の花びら (-_-;)
   山頂の花びら   

   三角点ある山頂より望む祠の中岳、下に南牧村集落が見える。
   中岳と南牧村集落

   昨年秋に登った立岩が見える
   立岩

   稜線を戻る
   分岐に戻る

   尾根道にはアカヤシオが敷き詰められていた‥
   稜線の花びら

   ヒカゲツツジ
   ヒカゲツツジ

   岳人の記事を飾ったこの場所‥
   山頂を望む

   青空に映えるアカヤシオ
   青空とアカヤシオ

   竜王大権現にお参りする
   竜王大権現に下る

   杉林の急坂を下る
   杉林の下り

   エイザンスミレ
   エイザンスミレ

   マルバスミレ
   マルバスミレ

   下山すると、ひとつばなのぼり旗がはためく駐車場は満車だった
   ひとつばなのぼり旗
                 烏帽子岳に続く





関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>