奥美濃 夜叉ヶ池 6月30日

2013-07-04
奥美濃  夜叉ヶ池・夜叉ヶ丸  2013年6月30日 CL高橋 他9名

相良 5:00 = 相良牧之原IC(東名・名神・東海環状)大垣西IC =R303= 9:10 登山口駐車場 9:35 → 11:10 稜線 → 11:25 夜叉ヶ丸 11:35 → 11:50 夜叉ヶ池 12:25 → 13:45 登山口 14:00 = 藤橋の湯 =往路を帰る= 20:00 相良

 揖斐川源流の福井との県境の稜線にある夜叉ヶ池。 泉鏡花の戯曲で知られ、映画にもなった夜叉姫の悲しい伝説にひかれて訪ねた。 この季節には夜叉壁をニッコウキスゲが彩るという。
 登山口までの林道池ノ又線は、20分位すれ違いがほとんどできない狭い道。登り下りの時間帯を気を付けたい。


   登山口駐車場 すでに満車で路上駐車となってしまった。 この山の人気がわかる。
   登山口

   登山口案内板
   案内板

   登山口より少し下り、沢を渡って登りが続く
   最初の登り

   20分位で緩やかになり、以降、整備された水平道が続く
   水平道

   雪の重みが感じられるブナ
   ブナ

   イワカガミの花はすでに終わっていた
   イワカガミ

      幽玄の滝  夜叉姫が身を清めたという  ニッコウキスゲが咲いていた
      幽玄の滝

   夜叉壁のアルペン的風貌が迫ってくる
   夜叉壁

   昇龍の滝  左上に登山者が見える  クリックすると拡大します
   昇龍の滝

   これより稜線までロープが続く
   ロープ箇所

   ロープは使わなくても登れる程度
   ロープ登り

   夜叉壁に咲くニッコウキスゲ  クリックすると拡大します
   夜叉壁

   近づけないのが残念  クリックすると拡大します
   夜叉壁
   
   稜線に出て先に夜叉ヶ丸に向かう  
   稜線

   夜叉ヶ丸と思われるピーク  ガスで周りは見えない
   夜叉ヶ丸

   ガスが少し晴れて三周ヶ岳が見えてきた
   三周ヶ岳

   池の木道休憩所には多くの人。  強風の中、狭いリッジ下降は緊張した
   稜線

   周囲にはニッコウキスゲが咲いているが、強風でピントが定まらない
   ニッコウキスゲ
   
   池にはモリアオガエルの白いアワの卵
   モリアオガエル

   ヤシャゲンゴロウ
   ヤシャゴロウ

 
   夜叉ヶ池

   休憩所は福井側からも次々と登ってくる人で混雑。 早々に下山
   夜叉ヶ池出発

   ニッコウキスゲ咲いているが、コース外れるので近づけない
   ニッコウキスゲ

   夜叉壁を見ながら下山
   夜叉壁脇を下山

   夜叉壁に咲くニッコウキスゲ
   夜叉壁
   
   ササユリ
   ササユリ

   幽玄の滝  稜線直下であるが揖斐川源流の豊かな流れ
   幽玄の滝

   ブナ林が豊かな水を育む
   ブナの道

   雪の多い地方。 標高1,000mもない位であるがこの曲がり具合
   ブナ

   帰りに寄った道の駅「夜叉ヶ池の里 さかうち」
   夜叉ヶ池の里

   日帰り温泉もある道の駅「星のふる里 ふじはし」

   星のふる里


関連記事
tag :

甘利山・千頭星山 6月23日

2013-07-03
甘利山・千頭星山  2013年6月23日  10名、その他(田沼塾24名)

詳細は田沼塾・ハイキング教室に掲載しました。 リンク先よりご覧ください。


   甘利山山頂
   甘利山山頂

   千頭星山山頂
   千頭星山山頂

   奥甘利山山頂
   奥甘利山山頂


関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>