北ア 赤岩尾根 8月15日

2013-08-29
北ア 赤岩尾根 2013年8月15日

冷池山荘 5:50 → 6:00 冷乗越 6:05 → 6:55 高千穂平 7:10 → 8:30 西俣出合 8:35 → 8:40 対岸 9:00 → 9:45 大谷原 = タクシー = 爺登山口 → 10:30 扇沢下部駐車場 10:45 = 大町温泉「薬師の湯」= 18:00 相良


   冷池山荘を出発
   冷池山荘を出発

   冷乗越  稜線の景色ともお別れ  
   冷乗越 これより赤岩尾根を下る

   赤岩尾根を下る  上部は急なガレ場で注意
   上部はガレ場で注意


   ガレ場

   鹿島槍を見ながら下山
   鹿島槍見ながら

   コケモモの実  山はもう秋です
   コケモモの実

   昨日歩いた稜線
   昨日歩いた稜線

   急な下りが続く  正面のピークが高千穂平
   急な下りが続く  正面のピークが高千穂平

   高千穂平で休憩
   高千穂平で休憩

   鹿島槍ヶ岳ともお別れ  南峰、北峰とも登れた
   鹿島槍ヶ岳
   
   鹿島川最上流の滝
   鹿島川最上流の滝

   高千穂平
   高千穂平

   シモツケソウ
   シモツケ

   長い階段が終わると西俣出合は近い
   長い階段
   
   西俣出合
   西俣出合

   対岸に行くには、堰堤の下にトンネルがあった
   トンネル

   対岸に到着  林道の始まり
   対岸

   早く着いたので、冷たい水で、水浴びタイム! 気持ちがいい
   水浴び

   ヒメシャジン
   ヒメシャジン

   大谷原まで林道歩き1時間
   林道

   ツリフネソウ
   ツリフネソウ

   橋を渡り大谷原に着いた。  稜線を振り返る
   大谷原
 
   予約してあったタクシー(小型バスが来た?)が丁度のタイミングで来て乗れたが。扇沢手前で
  渋滞で停車。爺登山口で降りて歩くこととなってしまった。料金11,000円は少し高い?



関連記事
tag :

北ア 鹿島槍ヶ岳 8月14日

2013-08-29
北ア 鹿島槍ヶ岳 2013年8月14日

冷池小屋 8:40 → 9:45 布引岳 9:55 → 10:50 鹿島槍ヶ岳南峰 11:15 → 11:55 北峰 12:05 → 12:35 南峰 12:55 → 13:37 布引岳 13:45 → 14:30 冷池小屋泊



   冷池小屋を出発  鹿島槍ヶ岳に向かう尾根道はお花畑
   鹿島槍に向かう

   ハクサンフウロ
   ハクサンフウロ

   布引岳の登り
   布引山の登り

   イワツメグサ咲く道
   イワツメグサ

   タカネバラ
   タカネバラ

   トウヤクリンドウ
   トウヤクリンドウ

   トウヤクリンドウが群生していた
   トウヤクリンドウと鹿島槍

   布引岳山頂
   布引山

   立山・剣の展望が続く
   布引山

   トリカブトとシシウド  鹿島槍東尾根の展望
   トリカブトとシシウド

   タカネツメクサとトウヤクリンドウ。  先にはヤマホタルブクロ
   タカネツメクサとトウヤクリンドウ

   山頂が近づいた
   山頂近く

   鹿島槍ヶ岳(南峰)山頂到着!
   鹿島槍山頂

   キレットと五竜岳、遠くに白馬岳
   キレットと五竜方面

   山頂はわりと広い
   山頂

   北峰に向かう
   北峰へ

   北峰頂上
   北峰

   眼下にカクネ里の大雪渓と遠くに遠見尾根。 キレット稜線にはキレット小屋が見える
   カクネ里

   南峰を振り返る
   南峰

   南峰に戻る。 鞍部にあるこの雪渓は朝からよく見えた
   コルの雪渓

   タテヤマリンドウ
   タテヤマリンドウ

   岩壁に咲くチシマギキョウ
   チシマギキョウ

   南峰への登り
   南峰の登り

   頂上に着き、北峰を振り返る
   北峰

   南峰山頂は立山・剱岳の展望台
   立山剣の展望台

   布引岳へ下山
   布引山へ下山

   布引岳より冷池小屋に下山
   冷池小屋へ下山

   綿帽子となったチングルマ
   綿帽子

   本日も疲労回復薬は反省会
   反省会

   夕暮れの鹿島槍
   夕暮れの鹿島槍

   爺ヶ岳と山小屋の灯  明日はもう下山日
   山小屋の灯
       
                 8月15日に続く










関連記事
tag :

北ア 爺ヶ岳 8月14日

2013-08-28
北ア 爺ヶ岳 2013年8月14日

種池山荘 5:50 → 6:45 爺ヶ岳南峰 → 7:00 爺ヶ岳中峰 → 冷乗越 → 8:15 冷池小屋



   鹿島槍ヶ岳 黎明    稜線に冷池山荘の灯 鞍部が冷乗越その左上の点
   鹿島槍 黎明

   種池山荘出発
   種池山荘出発

   蓮華岳・針ノ木岳・赤沢岳稜線  快晴です
   針ノ木岳他稜線

   小屋ともお別れ
   小屋とお別れ

   爺ヶ岳に向かう
   爺ヶ岳に向かう

   立山・剱岳の稜線が大きくなり、種池山荘が小さくなった
   立山・剣

   爺ヶ岳南峰
   爺ヶ岳南峰

   蓮華岳方面  左奥に穂高・槍が見える
   蓮華・針ノ木岳稜線

   穂高・槍ケ岳
   穂高・槍

   爺ヶ岳中峰に向かう
   爺ヶ岳中峰に

   爺ヶ岳中峰
   爺ヶ岳中峰

   剱岳  昔こまくさで上がった源次郎尾根が良く見える。 Ⅱ峰の懸垂が懐かしい。 
        長次郎雪渓をグリセードで降りた思い出も 
   剱岳

   冷池山荘に向かう
   冷池山荘へ

   冷池山荘が近づき、鹿島槍も大きくなった
   鹿島槍

   ヤマホタルブクロ
   ヤマホタルブクロ

   鹿島槍ヶ岳と赤岩尾根
   赤岩尾根

   ミヤマコゴメグサ
   ミヤマコゴメグサ

   冷乗越に到着  冷池小屋の横斜面の崩壊が気になる
   冷乗越

   冷乗越
   冷乗越

   冷池山荘に荷物預けて、サブザックで鹿島槍に向かう
   冷池山荘
                8月14日 鹿島槍ヶ岳に続く


関連記事
tag :

北ア 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳 8月13日~15日

2013-08-27
北ア 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳 2013年8月13日~15日 7名

13日 相良 3:00 = 7:45 扇沢下部駐車場 8:10 → 8:25 登山口 → 柏原新道 → 12:10 種池山荘 13:00 → 棒小屋乗越 → 14:40 種池山荘泊

 この計画は毎年天候不順で3年目の今年にやっと実現した。天気予報は晴れマークが続き、待ちかねていた北アルプスの梅雨明けである。
 柏原新道からのコースはアルプス入門コースと言ってもよいだろう。よく整備されている。山小屋はこのお盆休みは空いているようで、うれしい!以前は一番混む時期だったが。


   扇沢下部の市営駐車場を出発。 登山口周辺は空いていなかった。
   駐車場出発

   爺ヶ岳登山口
   登山口

   柏原新道を行く
   柏原新道

   蓮華岳と針ノ木雪渓、針ノ木岳。眼下に扇沢駐車場
   蓮華岳・針ノ木岳

   稜線の右上には種池山荘
   稜線と山荘

   よく整備された道を行く
   柏原新道

   ママハハコとトリアシショウマ
   ママハハコ

   遅くまで残っている雪渓を渡る
   雪渓横断

   雪渓の脇にはピンクのシモツケソウ
   シモツケソウ

   種池山荘の前にはコバイケイソウ 今年は当たり年らしい
   山荘前

   種池山荘に到着
   山荘到着

   早く着いたので棒小屋乗越まで出かけた。ハイマツ下にキヌガサソウ
   キヌガサソウ

   鮮やかなオレンジはクルマユリ
   クルマユリ

   乗越近くにはお花畑がある  遠くに種池山荘と爺ヶ岳
   お花畑

   コイワカガミ
   コイワカガミ

   エゾシオガマ
   エゾシオガマ

   アオノツガザクラ
   アオノツガザクラ

   アオノツガザクラの実
   アオノツガザクラの実

   ミヤマキンバイ
   ニヤマキンバイ

   後方は岩小屋沢岳
   岩小屋沢岳

   ニッコウキスゲ
   ニッコウキスゲ

   雪渓の残るコルで休憩。 寝不足で疲れが出ました
   雪渓脇で休憩

   疲労回復には反省会!  この時のために登るという頼もしい方も (^_^)
   反省会


   反省会

   夕日を見に、爺ヶ岳稜線に出かけた
   爺ヶ岳稜線に

   チングルマとコバイケイソウの群落
   チングルマ

   蓮華岳・針ノ木岳
   蓮華岳と針ノ木岳

   鹿島槍ヶ岳 残照
   鹿島槍

   剱岳のシルエットに夕日が沈む
   剱岳
   
   シャッターチャンスです
   日の入り

                 14日に続く



関連記事
tag :

裏銀座 烏帽子岳 8月2日

2013-08-27
裏銀座 烏帽子岳 2013年8月2日

烏帽子小屋 5:50 → 6:55 三角点 7:00 → 8:55 ブナ立尾根取付 9:00 → 9:20 高瀬ダム 9:25 =タクシー= 9:35 七倉山荘前駐車場・七倉山荘入浴 10:55 → 17:15 相良


   烏帽子小屋を出発 ブナ立尾根を下る
   小屋出発
   
   オトギリソウ
   オトギリソウ

   三角点通過
   三角点

   マルバタケブキが咲いていた
   マルバタケブキ

   ホタルブクロ
   ホタルブクロ

   折り返しの長い階段を下ると、登山口は近い
   階段

   登山口に着いた
   登山口

   小屋の情報どおり、濁沢の丸木橋は無くなっていた。
   最初の渡渉 川幅3m位。飛び石があったが水中で、2人はなかなか決断がつかない‥
   1回目渡渉

   次の渡渉 こちらは川幅狭く楽勝!(^^)! 慣れました
   2回目渡渉

   高瀬ダムサイトに戻ってきた

   ダムサイト




関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>