七ツ峰 藁科川源流を訪ねて 11月21日

2015-11-23
七ツ峰 大間より藁科川源流を訪ねて  2015年11月21日 CL高橋 6名

福養の滝 駐車場先 8:15 →登山口→ 9:50 源流 9:55 →稜線→ 10:47 七ツ峰 11:40 →稜線分岐→ 12:15 源流 12:45 → 13:50 登山口 駐車場 14:00 →福養の滝→駐車場

 七ツ峰は静岡市民なじみの藁科川上流の最高峰。大間からの道が昨年整備されたと聞いて、数十年ぶりに訪ねることとなった。最近、藁科川源流が秘かな人気との話で最初の ひとしずく でコーヒーを入れたいという思いも重なり実現できました。
 このコースは沢歩きから落葉樹の尾根道、山頂は富士山の展望と変化に富んでいて静かな山歩きがしたい方にオススメ。 冬枯れで見晴らしが良くなった落葉道をサクサク歩けるこの季節がベストと思われます。赤布、コース標識も整備されていたが踏み跡が少ないので注意。 難点が一つ、湯の島から大間までの車道が狭いので対向車に注意!日曜以外はダンプも通る。
 踏岳の片山様、参考になりました。ありがとうございました。

 
    七ツ峰 山頂 右奥に富士山
    七ツ峰山頂


    地図
   
    福養の滝 駐車場にある案内板  写真クリックで拡大します
    案内板

    登山口 福養の滝入口駐車場の先100m位。手前左側に広い駐車スペースあり
    登山口

    入ってすぐ10m位右に標識あり、植林帯の道となる
    登山道

    植林帯の登りが続く
    植林帯

    滝に近づくが、案内板に従い再び植林帯に入る
    滝の上

    緩やかになると建物がある。下の案内板では旧管理小屋と表示されていた。
    林業関係者でしょうか、きれいに保存されていた。   
    建物

    建物右を通り、尾根道へ
    尾根道へ

    緩やかな尾根道が続く、よく手入れされた植林
    尾根道

    尾根から離れ、藁科川へ向かう
    藁科川へ

    主稜線が見えてくる  この付近のトラバース注意!
    トラバース注意

    回り込むと、わさび田跡が現れる。コースは右股を行く
    わさび田跡

    ここから沢歩き
    沢沿い

    源流帯に入った
    源流帯

    赤布、コース標識は十分あるが、踏み跡は少ない。よく探すこと 
    赤布

    源流標識に着きました
    源流標識到着

    この先10m位が本日、最初の ひとしずく  写真クリックで拡大できます
    源流標識
      
    主稜線に向かう
    稜線へ

    あと少しで稜線に出る
    稜線手前

    大間稜線分岐  新しい標識板
    稜線分岐標識

    七ツ峰へ向かう
    七ツ峰へ

    緩やかな尾根道
    冬枯れの道

    左先に七ツ峰 冬枯れのこの季節でないと見えない
    左前に七ツ峰

    梅地、接阻峡への分岐
    梅地分岐

    サクサクの落葉道
    サクサク落葉

    山頂到着
    山頂到着

    右先に富士山が見える  写真クリックで拡大できます
    山頂より富士山

    雪は少ない。今年は11月以降暖かい日が多い
    富士山

    大井川眼下には長島ダム  写真クリックで拡大できます
    長島ダム

    同じコースを戻る 冬枯れの樹木の間に富士山が見えた
    冬枯れ

    どこでも歩ける尾根。 
    先頭交替して赤布、標識を拾いながら歩く訓練をしました
    先頭交替

    分岐を大間へ
    分岐を大間へ

    踏み跡少ないので地図読み、赤布を探しながら。いい勉強になる
    赤布

    源流到着。
    本日のお楽しみは最初の ひとしずく で入れたコーヒー 
    コーヒー

    牧之原産 深蒸し銘茶 も味わいました
    源流銘茶

    10mくらい上の最初の ひとしずく 落葉の間から滲み出していた
    ひとしずく

    源流帯を下る
    源流帯下り

    建物の横に降りてきた
    建物

    福養の滝 帰り道、駐車場入口から往復した
    福養の滝

      落差140m 近くで見るとなかなかの迫力!樹木で少し見にくいが
      交通アクセスが良ければ、もっと有名になると思った
      福養の滝
 

           




関連記事
tag :

千葉山 どうだん原 11月16日

2015-11-19
千葉山どうだん原  2015年11月16日

 1月月例山行の下見の帰りに寄りました。既に紅葉のピークは過ぎた感じでした。最近暖かい日が多いためか、色付きは今一つ。
スカイペンションまでの道路は相賀から後畑集落経由のほうが道が広く、車も少ない。

    
    どうだん1


    どうだん2


    どうだん3


    どうだん4


    どうだん5

    リンドウ
    リンドウ

    ヤマラッキョウ
    ヤマラッキョウ





関連記事
tag :

三国山 11月15日

2015-11-17
三国山 2015年11月15日 月例山行 CL池田 17名

相良 6:00 = 8:35 籠坂峠 公園墓地駐車場 8:50 →大洞山→ 11:20 三国山 12:10 →三国峠→明神山→ 13:40 山中湖 13:50 =石割の湯= 17:45 相良
 三国山は山中湖の南、県境の尾根沿いにある山。この時期落葉した尾根沿いに新雪の富士山展望が所々楽しめる稜線。今日は昨日からの雨が出発時間に残り、心配だったが天気予報どおり歩き始めには雨が上がり、山頂では青空が見えはじめた。この時期のんびり歩くにはよいコースであった。


    三国山 山頂
    全員

    籠坂峠 山中湖村公園墓地 出発
    籠坂峠

    雨は上がっていた 予報どおり
    雨上がり

    ブナ林 土は富士山の細かい砂礫で水はけが良い
    ブナ林

    落葉道が続く  交替で先頭をしていただき、ルートファインティング技術勉強
    落ち葉

    大洞山
    大洞山

    緩やかな尾根道
    尾根道

    ヅナ峠  トレラン標識あり、トレーニングにいいコース。緩やか過ぎる?
    ヅナ峠

    三国山に到着
    三国山到着

    どこが山頂かわからない緩やかな尾根
    お昼

    晴れてきました!天気予報どおり
    晴れてきた

    三国峠へ下る
    下山

    フカフカの落葉道
    落ち葉道

    鉄砲木の頭(明神山)が見えてきた
    明神山

    三国峠で車道を横断
    三国峠

    富士山が雲の中から
    富士山

    明神山へは明るいカヤト原の登り
    カヤト登り

    明神山
    明神山

    歩いてきた三国山山稜 なだらかな尾根
    三国山山稜

    山中湖が眼下に広がる
    山中湖

    富士山は雲の中に隠れてしまった
    全員
         
    山中諏訪神社 奥宮  五郎丸ポーズで決めてます!
    山中湖へ

    山中湖へ下る
    下山


    パノラマ台

    パノラマ台 到着
    山中湖

    ここはもう観光地
    パノラマ台


      紅葉

    カラマツは既に落葉
    カラマツ

    バスが待っている湖畔に到着
    湖畔着

    石割の湯に寄って帰り道、富士山がやっと見えた
    富士山
   



関連記事
tag :

麻布山・前黒法師山 11月3日

2015-11-05
水窪  麻布山・前黒法師山  2015年11月3日 CL高橋 7名

相良 5:30 =山住峠=天竜スーパー林道= 8:05 通行止箇所 8:20 → 8:35 野鳥の森駐車場 8:40 → 10:50 麻布山 11:00 →(ロスタイム15分)→ 12:05 前黒法師山 12:50 →麻布山 13:40 → 15:35 野鳥の森駐車場 15:40 →林道→ 15:55 通行止箇所 16:00 =林道= 18:45 相良

 水窪町は久しぶりである。静岡国体の山岳競技会場の時、役員で何度も往復した思い出の街。道脇に開会式などした体育館が見えた、懐かしい。
 北遠の山は深南部につながる奥深い山が多い。今回は比較的取り付きやすい麻布山と黒法師山が紅葉見頃のこの時期に初登頂となった。北遠は天竜杉の植林というイメージがあったが、紅葉は素晴らしかった。 深山の雰囲気があるいい山であるが、今回すれ違ったのは他に4名のみ、全て単独者。静かな山である。

    麻布山
    麻布山

    路肩決壊のため、野鳥の森駐車場手前600m位で通行止め
    通行止

    車道歩き15分
    車道歩き

    トイレのある駐車場 登山口 駐車車両1台あり水窪湖からは入れる様子
    トイレ

    みさくぼ 野鳥の森
    野鳥の森

    麻布山 登山口
    登山口

    登り始めてすぐピークに小さな祠がある
    祠

    緩やかな尾根道が続く
    尾根道

    最初の休憩所 ヒメシャラ
    最初休憩所

    紅葉の尾根道が続く
    尾根道

    山肌は針葉樹とのコントラストが美しい
    山肌

    この山はヒメシャラが多い
    ヒメシャラ

      
     ヒメシャラ

    深南部の雰囲気  写真クリックで拡大します
    新南部紅葉

    写真クリックで拡大します
    紅葉疎林

    次の休憩所 ミズナラ
    二番目休憩所

    赤黄青は三原色
    赤黄青

    歩いてきた尾根道と北遠の山々
    北遠の山々

    このコース唯一のガレ場
    ガレ場

    見上げると
    コントラスト

    ヌタ場  昨日の雨で水たまりとなっていた
    ヌタ場

    麻布神社 奥宮跡  東京麻布区との関係者
    麻布神社跡

    麻布山 山頂 展望は無いが二等三角点
    151103432.jpg

    山頂東屋  この山は休憩場所よく整備されている。安倍奥でもこのような山は無い
    東屋

    前黒法師山へ向かう 黄金色のカラマツ林  
    カラマツ林

    尾根ピーク 戸中山 新しい標識
    戸中山

    ガレ場のヘリを歩く 深南部、南ア南部の山が見える
    ガレ場へり

    南アルプス南部、深南部の展望  写真クリックで拡大します
    展望

    雰囲気ある尾根道
    尾根道

    山頂近い 登り返しが待っていた
    山頂近い

    前黒法師山
    山頂標識

    ここも展望は無し     
    黒法師山

    落葉したダケカンバの白い幹
    ダケカンバ

    二重山稜  迷いやすい。麻布山から先は踏み跡が少ないので注意
    二重山稜


      紅葉

    落葉道
    落葉道

    林道からの展望
    紅葉の山

    林道歩きも楽しい  通行止もいいことがある
    林道紅葉


    林道歩き

    麻布山  通過したガレ場が見える  写真クリックで拡大します
    麻布山
                       
      




関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>