思親山 4月24日

2016-04-26
南部町 思親山 2014年4月24日 CL高橋 8名

東海自然歩道入口 8:50 → 10:40 思親山 12:05 → 13:15 東海自然歩道入口

 思親山は内船駅近くから林道を佐野峠まで行き、尾根道を往復するのが一般的であるが、林道が狭くすれ違い不可。今回は南尾根よりの東海自然歩道を往復することとした。三石山林道は狭くなく舗装されており尾根道の入口周辺に駐車できる。
 緩やかな整備された尾根道が続くが、今日はほとんど霧の中で見えない。山頂のカタクリは以前はもっとあったのだが。


    山頂
    山頂 
  
    林道脇の東海自然歩道が登山口
    登山口

    新緑が鮮やか
    新緑

    徳間からの道と合流
    分岐標識

    山ヒル発見です 大騒ぎ! 雨天後で湿っぽいと思ったが4月で早すぎる
    山ヒル

    林道を横断 ズボンの裾をめくったら、靴下に1匹食いついていた。
    シカなどが増えた影響などだろうか
    林道横断

    緩やかな尾根道が続く
    尾根道

    ナガバノスミレサイシン
    ナガバノ

    悪路とのことで下降路塞いである
    悪路

    ニリンソウ群生地があった
    ニリンソウ

    登山道沿いのカタクリ
    カタクリ

    思親山 山頂到着
    山頂

    霧の中です
    山頂 霧

    草原でスミレ探し フモトスミレ
    フモト

    タチツボスミレ?
    タチツボ?

    アケボノスミレ
    アケボノ

    アケボノスミレとフモトスミレ
    アケボノ&フモト

    ドウダンツツジの白い花と山桜 この先に富士山見えるのだが
    山桜

    山頂周辺のカタクリ 以前は沢山あったのだが
    カタクリ

    昔の山仲間と再会
    山仲間

    グループの皆さん
    グループ

      同じコースを降りる
      下山

    植林帯が続く
    植林

    山里の春
    山里

      道の駅向かいの役場前で「たけのこまつり」開催してました
      たけのこまつり
    
      チェーンソーで作品制作中
      作品



 


関連記事
tag :

美濃 舟伏山 4月19日

2016-04-20
美濃 舟伏山(1,040m) 2016年4月19日  CL高橋 4名

登山口駐車場 9:10 →西ルート→阿弥陀仏→小舟伏山→ 11:20 舟伏山 12:00 →群生地→ 12:55 舟伏山 13:05→西ルート→小舟伏山→ 13:40 阿弥陀仏 13:45 → 14:20 駐車場

 舟沢山は山県市の夏坂谷源流にある山。この時期は山頂近くの岩場にイワザクラが咲き、登山者で賑わうという。登山口駐車場は狭く、休日は路上駐車でも余地がないとの様子なので、平日に行ける仲間で計画した。現在、東ルートは伐採作業中で通行できないため、不便であるが西ルート往復とした。
 今年は開花が早く、ピークは少し過ぎていたが可憐なピンクが岩肌を染める春の便りを楽しむことができました。
 

    舟伏山 山頂
    山頂
   
    イワザクラ
    イワザクラ
 
    登山口駐車場 稜線に舟伏山 10台位 あとは路肩駐車だが林道狭い。
    神崎から先も林道狭いので注意。平日は伐採作業で作業車、重機が入っている。
    駐車場
   
    登山道案内図  写真クリックで拡大します
    登山道案内図

    西ルート しばらくは沢沿いの道
    沢沿い

    尾根に取り付き、植林帯の少し急な道が続く
    植林帯

    植林帯が終わり、新緑の雑木林となる
    雑木林

    タチツボスミレ
    タチツボ

    ヒトリシズカ  この山は多かった
    ヒトリシズカ

    枝尾根に出て休憩
    休憩

    阿弥陀仏が安置されていた
    阿弥陀仏

    稜線まで少し急な登りが続く
    登り

    フデリンドウ
    フデリンドウ

    ヤマルリソウ
    ヤマルリソウ

    イワザクラの咲く山は岩場が多い
    岩場通過

    あと少しで稜線に出る  曇ってきた、快晴の予報だったのに‥
    曇ってきた

    カタクリとヤブレガサ
    カタクリ

    稜線は一時的に風が強まり、寒い
    稜線

    舟沢山 山頂到着  広い台地です
    山頂到着

    関市方面と思うが、よく見えない
    展望

    ダンコウバイと思いますが?
    ダンコウバイ

    山県市 山ガール さくらちゃん
    さくら

    東ルートは通行不可の案内板
    東 通行不可

    イワザクラ群生地へ向かう 
    群生地へ

    急斜面を下ると、岩場に咲いてました!
    イワザクラ

    ヒトリシズカと競演
    競演

    ここまで来たかいがありました (^^♪
    一人

     ヒトリシズカも多い
     競演
    
    微妙な場所に咲きます。足元注意  写真クリックで拡大します
    岩場に咲く

    ヒトリシズカとイワザクラ
    競演

    
    イワザクラ


    イワザクラ


      イワザクラ


    イワザクラ

    エイザンスミレ
    エイザン

    山頂まで登り返して来た道を戻る  小舟沢山標識
    小舟沢山

    カモシカくんと会いました
    カモシカ

    ジーッ とこちらを見てます
    カモシカ

    尾根より分かれて、来た道を下ります
    下り

    ネコノメソウ
    ネコノメソウ

    林泉寺近くの観光トイレ
    観光トイレ

    美山地域 観光案内  写真クリックで拡大します  
    美山地域


 

関連記事
tag :

お知らせ

2016-04-16
17日(日)
   月例山行 今倉山・二十六夜山は雨天予報のため中止。

19日(火) 
   個人山行 奥美濃 舟沢山(1040m) CL高橋
   相良5時30分集合  雪の多い地方、山頂周辺に咲くイワザクラが見頃です。
   この時期はイワザクラ目当ての登山者で休日は大混雑、駐車場所無い
   希少な花です。 標高差700m

24日(日) 
   個人山行 南部町 思親山(1031m) CL高橋
   相良6時30分集合 この時期に山頂付近にあるカタクリ群生地が見頃
   スミレの種類も多い山です。山頂からは富士山の大展望。 標高差480m
   南尾根の東海自然歩道から往復。佐野峠に向かう林道は狭くてすれ違い不可。

参加希望者ありましたら、ご連絡下さい。
関連記事
tag :

勝間田山 4月12日

2016-04-14
牧之原市 勝間田山  2016年4月12日

 勝間田山は地元の山。この時期は山頂にあるコバノミツバツツジの群落がピンクに染まる。7分咲きくらいでしょうか、週末が見頃と思われます。

    石碑付近
    標柱

    蕾も多い
    蕾
  
  
    蕾逆光

    桜も残っている
    桜、青空

    色違い
    色違い

    ミツバの新緑
    新緑とピンク

    山頂広場
    山頂

    フモトスミレ
    フモトスミレ

    勝間田公園と駐車場
    公園




関連記事
tag :

新潟 角田山・弥彦山他 4月1日~2日

2016-04-07
新潟 角田山、弥彦山他 2016年4月1日~2日

今年は雪解けが早いようでゴム長靴は不要だった。雪割草はまだ十分見頃、カタクリは満開。競演が見られて近年にないベストコンディションだった。




     カタクリの蜜を吸うギフチョウ
     ギフチョウ

    オオミスミソウ(雪割草)
    雪割草 ホワイト

    雪割草の色は白が多いが七変化。これが楽しみ
    雪割草 ピンク

    
    雪割草 BM


    雪割草 ブルー


    雪割草
    

    雪割草 赤

    雪割草は新潟県の県花  写真クリックで拡大します
    雪割草看板

    雑木林の林床に春の目覚め  写真クリックで拡大します
    雪割草 群生

    雪割草群生地再生中 山頂で地元の方に話聞きました 
    新しい注意書き

    カタクリ尾根  写真クリックで拡大します
    カタクリ尾根
    
    カタクリ 谷底まで  写真クリックで拡大します
    カタクリ群落

    日本海側は色が濃い
    カタクリ

    キクザキイチリンソウ
    キクザキ    

    スミレサイシン
    スミレサイシン

    トキワイカリソウ
    イカリソウ    

    オウレン
    オウレン

    ナニワズ
    ナニワズ

    ショウジョウバカマ
    ショウジョウバカマ
      
    角田浜と角田岬灯台。日本海に佐渡が見える
    雪割草の季節、角田山は平日に限る。休日は数百台の車と登山道の渋滞
    角田浜と灯台

    角田山山頂の東側  米どころ新潟平野の展望台がある
    新潟平野

    弥彦山山頂より  信濃川(分水路)と上越国境方面の山
    帰り道の関越自動車道 今年は雪が無く南魚沼付近の雪景色は見れなかった
    信濃川

    



関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>