安倍峠~大笹の頭 5月29日

2016-05-31
2016年5月29日 安倍奥東山稜 
 安倍峠~バラの段~ワサビ沢の頭~大笹の頭  月例山行 18名 CL浜崎

林道ゲート手前駐車場 8:45 → 9:00 安倍峠→ 9:10 源流(水源地)→ 9:15 安倍峠→ 10:05 バラの段→ 10:55 ワサビ沢の頭→ 11:30 大笹の頭 12:05 → 12:40 ワサビ沢の頭 12:45 → 13:10 バラの段 →14:00 安倍峠→14:15 駐車場=旧歩道入口=15:10 黄金の湯

 梅雨入りの前、この時期に安倍東山稜、安倍峠からバラの段、大光山にかけて、シロヤシオの白い花が稜線を彩どる。今年は例年より開花が早く、落花が登山道を紅白に散りばめていたが、見頃の木もあり楽しめた。
 帰りに安倍峠より安倍川(サカサ川)源流を歩き、自然林と清流に癒されました。


    大笹の頭
    大笹の頭

    ワサビ沢の頭
    ワサビ沢の頭

    シロヤシオ
    シロヤシオ

     GPS地図  写真クリックで拡大します
     160529040.jpg

    林道ゲート手前の駐車場を出発 トイレは水不足のため、黄金の湯で済ませた
    駐車場

    林道より旧安倍峠に下る カエデの葉はオオイタヤメイゲツ
    オオイタヤメイゲツ

    安倍川源流に寄りました 駿河湾まで50km、最初の一滴(ひとしずく)です
    源流ポール
    
    安倍峠に戻り、バラの段への登りが始まる
    安倍峠スタート

    ブナと大ミズナラ
    ブナとミズナラ

    シロヤシオ 登山道に散らばっていた 今年は早い
    シロヤシオ落花

    見上げると、まだ見頃もある
    見上げると

    足元には紅白の落花
    足元

    トウゴクミツバツツジ
    ミツバツツジ

    バラの段への登り 急斜面のアップダウンが続く
    ロープ

    バラの段は狭いピーク
    バラの段

    ミツバツツジ 見頃なら富士山と絵になる
    富士山

    ワサビ沢の頭
    ワサビ沢の頭

    緩やかになった尾根道  シロヤシオ
    尾根道
    シロヤシオ
    シロヤシオ

    ミツバツツジ咲く尾根道
    ミツバ

    シロヤシオ咲く尾根道
    シロヤシオ

    大笹の頭 到着
    大笹の頭

    ランチタイムです
    ランチタイム
        
    本日のヤマメシ!
    ヤマメシ

    枝ぶりのよいシロヤシオ
    シロヤシオ

    シロヤシオ
    シロヤシオ

    ワサビ沢の頭に戻る 雰囲気ある尾根道
    尾根道

    マイヅルソウが咲きだしていた
    マイヅルソウ

    緩やかな尾根道 安倍奥とは思えない
    尾根道

    ワサビ沢の頭より急な下り
    下り

    シロヤシオ 綺麗に残っていた
    シロヤシオ集合

    安倍峠に戻りました 自然林に囲まれた平坦地 雰囲気よい
    安倍峠
    
    班分けして源流帯へ  朝は無かった「水源地」の看板が付いていた??
    水源地

      静岡新聞 記事  今日付けたようです
      静岡新聞
 
    水流に沿って下る
    水流沿い

    源流帯です
    下る

    ブナ、ミズナラの自然林が美しい
    自然林

    小さな橋が掛けてあった
    橋


          橋

    安倍峠旧歩道入口に出ました
    入口
       




関連記事
tag :

男山・天狗山 5月15日

2016-05-17
川上村  男山・天狗山  2016年5月15日 4名

御所平 村営住宅前(男山 登山口) 8:28 =タクシー=8:50 馬越峠 8:52 → 9:50 天狗山 10:10 → 12:05 男山 12:45 → 14:15 御所平 登山口

 高原野菜の村 川上村 を通ると個性的な二つの岩峰が目に入る。男山と天狗山である。シャクナゲの開花には少し早いかなと思ったが、新緑の季節に来てなかったので、再訪することとなった。
 今回は下山口の御所平に駐車、馬越峠までタクシーを利用、3900円。車2台で行くこと考えれば、経費安く時間節約もできる。

    男山 山頂
    男山 山頂

    GPS地図  写真クリックで拡大します
    地図

    高原野菜畑の先に左:男山、右:天狗山
    高原野菜畑

    馬越峠  駐車スペースは少ない
    馬越峠

    峠より少し急な道が続く
    峠より登り坂

    シャクナゲが咲きだしていて、尾根道では十分楽しめた
    シャクナゲ

    展望のよい岩場で一休み
    見晴よい尾根岩峰

    天狗山に向かう  ミツバツツジは蕾
    ミツバツツジ

    シャクナゲ咲く尾根道  
    シャクナゲ

    ロープが出てきた
    ロープ

    天狗山  山頂
    天狗山頂上

    男山が見える
    男山展望

    男山への尾根道は天狗山岩場を回り込み下る
    岩場回り込み

    アズマシャクナゲ  咲き始めは初々しい
    シャクナゲ

    蕾も多い  見頃は今月下旬頃でしょうか。今年は裏年ではない
    蕾

    岩尾根とシャクナゲが続く
    岩尾根

    ロープあるが、下り用と思われる。 整備されているコースだった
    ロープ

    振り返ると天狗山と歩いてきた尾根
    天狗山

    シャクナゲ  薄いピンク
    シャクナゲ

    カラマツの新緑  秋には黄葉がきれいです
    カラマツ新緑

    男山山頂手前にある御所平分岐
    分岐

    最後の登りはロープがある急登
    最後の登り

    男山 山頂到着
    男山山頂

    瑞牆山と見覚えある大ヤスリ岩
    瑞牆山

    眼下に千曲川
    千曲川

    正面の八ヶ岳は残念ながら雲の中  高原野菜畑のビニールが光っている
    八ヶ岳
        
    本日のランチ  おいしそう!
    お弁当箱

    頂上直下の下り
    頂上直下下り

    分岐を御所平へ下る
    分岐

    しばらくは急な下り  ここは登りたくない
    急な下り

    30分ほど下ると林道に出た
    林道に出る

    新緑がきれいだが、林道歩きは1時間 長かった‥
    新緑

    鹿除けの柵を越えて、登山口に到着
    鹿除け柵

    近くにある村営住宅の横、道路の広い箇所に駐車  戻った
    川上村ヘルシーの湯が近くで便利、嬉しい入浴料300円
    駐車場所

    帰りに地元スーパー「ナナ-ズ」に寄りました。正面に天狗山。 昔の廻り目平
    クライミングの食料調達元です。敷地内に「パタゴニア」が出店していた
    ナナーズ   
    



関連記事
tag :

倉見山 5月8日

2016-05-13
山梨県西桂町 倉見山 2016年5月8日 3名

町民グランド駐車場 8:10 →厄神社→登山口→さすの平→ 10:00 倉見山→ 10:15 見晴台 10:45 → 10:50 相定ヶ峰 → 11:35 堂尾山 分岐 11:45 → 12:15 クマガイソウ群生地 12:35 → 12:50 町民グランド

 三ツ峠駅のある西桂町には、この時期に咲くクマガイソウの群生地がある。近くの山、倉見山に登り、帰り道に寄りました



    倉見山 山頂
    山頂

    クマガイソウ群生地
    クマガイソウ
    
    町民グランド駐車場
    町民グランド
    
    三ツ峠山が見える
    三ツ峠

    厄神社へ向かう
    厄神社

    林道を歩き、登山口入口  沢を渡り対岸へ
    登山道入口

    落石注意
    落石注意

    さすの平
    さすの平

    ユキザサ
    ユキザサ

    新緑の尾根道
    新緑登り

    倉見山山頂
    山頂富士山

    見晴台へ向かう
    下り

    見晴台からの富士山
    見晴台

    ハルリンドウでしょうか、フデリンドウ?
    ハルリンドウ

    新緑が眩しい
    新緑

    杓子山分岐
    杓子山分岐

    堂尾山へ下る
    堂尾山へ

      エビネランが咲いていた
      エビネラン

    白
    シロ

    イカリソウ
    イカリソウ

    ホタルカズラ
    ホタルカズラ

    休憩舎の場所で展望が開ける
    休憩舎展望

    群生地へ下る
    分岐下る

    群生地に寄りました
    クマガイソウ

    少々不気味です
    不気味

    群生地内にはエビネランも
    エビネラン




関連記事
tag :

両神山 八丁尾根 5月3日

2016-05-06
秩父 両神山 八丁尾根 2016年5月3日 2名

相原橋観光トイレ 5:45 = 6:05 上落合橋登山口 6:25 → 7:15 八丁峠 7:30 → 8:20 西岳 8:25 → 9:15 東岳 9:30 → 10:00 両神山 10:15 → 10:45 東岳 11:15 → 12:00 西岳→ 12:45 八丁峠 13:00 → 13:35 上落合橋登山口

 両神山の稜線は5月連休にアカヤシオが咲き、岩尾根をピンクに染める。今回は上落合橋から八丁尾根を往復した。クサリ場が連続するこのルートは破線ではないが(破線にしたほうがよい)近年、場違いと思うような人が増えて、人為的落石に注意が必要なためヘルメットは持参した。

    両神山 山頂
    山頂

      GPS地図  写真クリックで拡大します
      地図

    上落合橋 登山口
    登山口

    しばらくは沢沿いの道
    沢沿い

    ハシリドコロ 毒草です
    ハシリドコロ

    八丁峠が近い
    峠近い

    八丁峠
    八丁峠

    八丁尾根 注意書き
    コース案内板

    八丁峠ベンチ  アカヤシオ咲いていた
    アカヤシオ峠

    クサリ場の始まり
    クサリ場始まり

    赤岩尾根が見える
    赤岩尾根展望

    アカヤシオが満開です
    アカヤシオ

    岩場を巻いて下る
    木の根

    クサリ場は一人ずつ。落石注意のため
    一人ずつ

    行蔵峠
    行蔵峠

    西岳 山頂
    西岳
 
    東岳登りルート  西岳下りより見る  登山者と岩肌にクサリが見える
    東岳クサリ場
  
    西岳下り  長いクサリ
    西岳下り

    東岳登り  長いクサリ
    長いクサリ
   
    東岳登り ルンゼは落石集中、注意  三つ前の写真ルート。対岸が西岳下り  
    長いクサリ
  
    ヒカゲツツジ
    ヒカゲ

    東岳
    東岳

    近くの岩峰
    岩峰

    東岳より両神山に向かう
    アカヤシオ


    アカヤシオ

    狭い山頂は混雑 連休の百名山 多くの登山者は反対側から
    混雑

    頂上岩壁に咲くアカヤシオ
    岩壁アカヤシオ

    東岳に戻る  尾根道はアカヤシオのトンネル
    アカヤシオ

    見頃でした
    アカヤシオ

    東岳ベンチでお昼
    ベンチ

    赤岩尾根
    赤岩尾根

    西岳に向かう
    下り

    長いクサリ
    長いくさり

    西岳通過して下り  落石注意
    落石注意

    八丁峠ベンチで一休み
    ベンチ

    上落合橋へ下る
    上落合橋へ

    橋が見えてきた
    沢沿い

    駐車場   
    駐車場

   


   
関連記事
tag :

西上州 シラケ山・烏帽子岳 4月30日

2016-05-04
西上州 郡界尾根 天狗岩・シラケ山・マル・烏帽子岳 2016年4月30日

天狗岩登山口 10:05 → 11:05 天狗岩 11:20 →横道→ 12:00 マル 12:05 → 12:25 烏帽子岳 13:15 →巻道→ 13:37 シラケ山 14:40 →14:45 おこもり岩→ 15:27 登山口

アカヤシオ満開の西上州上野村、南牧村に行ってきました。


    アカヤシオ咲く天狗岩
    アカヤシオ
        
    天狗岩 登山口
    登山口

    マルバスミレ
    マルバスミレ

    ニリンソウ
    ニリンソウ

    郡界尾根に出るとアカヤシオが咲いていた
    アカヤシオ
    
    天狗岩展望台へ向かう鉄橋
    展望台へ

    天狗岩展望台 西上州の山々が一望できる
    展望台

    遠くに妙義山、手前に特徴ある鹿岳
    妙義山

    落花したアカヤシオ
    落花
    
    フモトスミレ
    フモトスミレ

    エイザンスミレ
    エイザン

    ミツバツツジ咲く横道
    ミツバツツジ

    アカヤシオ咲く尾根道
    アカヤシオ

    地元では「ひとつばな」と言われている
    ひとつばな

    烏帽子岳山頂  遠くに妙義山
    烏帽子岳

      マルの山肌をピンクに染める
      マル

    烏帽子岳 岩峰  巻道より
    烏帽子岳岩峰

    帰りはシラケ山岩稜ルート  破線です、気合を入れて
    岩稜ルート入口

    振り返るとマルと烏帽子岳  シラケ山 P7より
    シラケ山P7

    シラケ山 P4  一本岩峰が見える
    P3

      シラケ山 P3~P2へ急下降  P2へ登っている
      P3~P2

    ヒカゲツツジ
    ヒカゲ

    ヒカゲツツジ 群生地がいくつもあった
    ヒガゲ群生

    シラケ山 山頂
    シラケ山山頂

    花の稜線が続く  正面に天狗岩
    花の稜線

    シラケ山山頂を振り返る
    シラケ山振り返る

    ハシリドコロ 毒草です
    ハシリドコロ

    ヤマブキソウ
    ヤマブキソウ
       



関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>