廻り目平~金峰山 7月24日

2016-07-29
奥秩父 廻り目平~金峰山 2016年7月24日 CL高橋 11名 夏山トレーニング

廻り目平 8:35 → 11:50 金峰山荘 12:00 → 12:25 金峰山 13:30 → 金峰山荘 → 廻り目平

 夏山アルプスのための体力トレーニングです。近場の山伏岳とも考えましたが、金峰山初めての方も多く、林道歩きが長く距離はありますが廻り目平から往復コースです。

    金峰山のシンボル「五丈石」
    五丈石

    スタートは川上村廻り目平 こまくさ会でよく通いました。
    屋根岩2峰南面セレクション 5.8  ダイヤモンドスラブでビビリました
    廻り目平

    西股沢沿い林道を少し行くと、フェニックスの大岩
    最初に小川山来た時は、ここで足慣らししてスラプ状岩壁ガマルートに向かった
    フェニックス

    八丁平分岐で砂洗川を渡る
    八丁平分岐

    沢沿いの道
    沢沿い

    最終水場
    最終水場

    秋でも枯れないだろうか 満タンにする
    満タン

    樹林帯の登りが続く
    樹林帯

    アズマシャクナゲが咲き残っていた
    シャクナゲ

    中間点標識 
    中間点

    緩急な樹林帯の登りが続く
    樹林帯登り

    一旦、平坦になると山頂、五丈石が見える地点
    五丈石見える

    登山道の両側はシャクナゲ林が続く
    シャクナゲ林

    標高が上がると、まだまだ見れる
    シャクナゲ

    小屋が近い
    小屋近い

    金峯山小屋 到着
    小屋

    小屋右手を山頂へ
    山頂へ    

    分岐を山頂に向かう
    分岐
    
    正面は小川山
    小川山

    千代ノ吹上 稜線が見える
    千代ノ吹上
            
    ハイマツ帯の登り
    ハイマツ帯

    山頂到着 五丈石前でランチタイム
    五丈石前ランチ

    特大メロン登場です! いつものヤマメシは定休日
    登場

    2つ切り
    2つ切り

    12切り これで人数足ります
    12切り

    運搬係 重たかった‥先にいただきまーす(^◇^) 
    テント泊白根三山縦走予定です。まだ重しが足りないからネ!
    運搬係

    試食係 いただきまーす(^^♪
    試食係

    五丈石 遠くの山からも目に付く金峰山のシンボルです
    五丈石

    金峰山 山頂標識
    山頂標識




関連記事
tag :

尾瀬 燧ケ岳 7月21日 2/2

2016-07-29

    燧ケ岳(俎嵓)山頂直下の尾瀬沼分岐を紫安嵓に向かう
    分岐

    シャクナゲ群生地を見ながら一旦下る
    シャクナゲ

    登り返して紫安嵓山頂
    山頂

    立派な石碑が建っている 標高2356m 俎嵓より少し高い
    紫安嵓 山頂

    こちらも周囲は見えない
    山頂

    俎嵓まで戻り、分岐を尾瀬沼に下る
    分岐

    ガスが晴れて尾瀬沼が見えてきた 正面のピークがミノブチ岳
    尾瀬沼展望

    オオバミゾホオズキ
    オオバミズ

    ナデッ窪分岐を長英新道へ
    分岐

    雲がとれて山頂が見えてきた、あー残念(-_-;)
    山頂見えた

    紫安嵓はこの位置からは見えない
    山頂撮影

    ミノブチ岳より尾瀬沼が一望できた 左端に長蔵小屋
    尾瀬沼

    コケモモ 赤い実が付き始めている
    コケモモ

    ダケカンバ林が続く
    ダケカンバ

    マルバタケブキが咲き始めている
    マルバタケブキ

    気持ち悪いキノコ
    キノコ

    樹林帯の緩やかな長い下りが終わり、尾瀬沼周回歩道に出た
    長い下り
    
    歩道脇には成長したミズバショウ
    歩道の水芭蕉

    大江湿原 ここはもう観光客の世界
    大江湿原

    尾瀬沼ビジターセンター
    ビジターC

    尾瀬沼 対岸が見えなく海みたい
    尾瀬沼

    コオニユリ 紫色はコバギボウシ
    コオニユリ
       
    大江湿原の有名なニッコウキスゲ これしかない??
    ニッコウキスゲ

    清流に咲くニッコウキスゲ
    ニッコウキスゲ

    沼山峠からシャトルバスに乗り、御池駐車場に戻った
    御池駐車場

    本日の日帰り温泉は「燧の湯」 500円
    燧の湯

    檜枝岐村は観光がメインでミニ白馬村という感じ  歩道もある道路は
    国道352号線  赤白の積雪ポールが延々と並んでいた
    檜枝岐村

    帰り道に寄った道の駅 会津西街道たじま
    道の駅

     道の駅にあった観光ポスター  会津田島 祇園祭り
     明日見たかったが、残念ながら今日帰ります
     会津田島
            



 
関連記事
tag :

尾瀬 燧ケ岳 7月21日 1/2

2016-07-28
尾瀬 燧ケ岳  2016年7月21日  CL高橋

御池駐車場 6:05 → 6:50 広沢田代 7:00 → 7:43 熊沢田代 7:50 → 8:30 8合目 8:35 → 9:00 燧ケ岳(爼嵓) 9:15 → 9:30 紫安嵓 9:45 →俎嵓 10:00 → 10:20 ナデッ窪分岐 10:25 →長英新道→ 12:40 長蔵小屋 13:20 → 14:10 沼山峠バス停= 14:30 御池駐車場

 燧ケ岳は東北地方の最高峰。尾瀬ヶ原のシンボルとしても有名。昔、ミズバショウの季節に見晴から登った思い出がある。今回は北側の御池駐車場から登り、長英新道を下り、尾瀬沼経由で沼山峠からシャトルバスで御池駐車場まで戻る計画だった。
 御池口コースはゴロゴロ石の急登が多かったが、途中で広々した湿原が広がり、ほっと一息付ける変化に富んだコースでもあった。下りの長英新道は樹林帯に入ってから緩やかな下りが延々と続き、正直長かった‥


   燧ケ岳(俎嵓)山頂  雲の中で展望無し
   俎嵓

    御池駐車場 1,000円
    駐車場

    燧ケ岳登山口 駐車場の一番奥にある
    登山口

    しばらくはゴロゴロ石の道が続く
    ゴロゴロ石

    視界が広がり、広沢田代湿原に到着
    広沢田代

    池塘が広がる
    池塘

    雲上の楽園
    池塘

    湿原の花 キンコウカ
    キンコウカ

    再び急登となる
    急登

    展望が開ける 左に御池駐車場、右に広沢田代  写真クリックで拡大します
    駐車場見える

    次の湿原、熊沢田代に着いた  写真クリックで拡大します
    熊沢田代

    2つの大きな池塘があり、気持ちの良い場所
    池塘

    タテヤマリンドウ
    タテヤマリンドウ

    湿原の花 ワタスゲ  写真クリックで拡大します
    ワタスゲ

    田代湿原を振り返る  写真クリックで拡大します
    熊沢田代

    階段の木道が続く
    階段

    木道脇には綿帽子のチングルマ
    綿帽子

    ゴゼンタチバナ
    ゴゼンタチバナ

    モミジカラマツ咲くガラガラの長い沢。コース中、一番辛い急登が続く
    モミジカラマツ

    8合目
    8合目

    案内板 残雪期には道迷いが多い場所
    案内板

    急登が終わり、間もなく山頂
    急登終わり

    ハクサンシャクナゲの群生地があった
    シャクナゲ

    燧ケ岳(俎嵓) 山頂到着 
    俎嵓は昔行った、谷川岳南面沢登り抜けの稜線と同じ名前
    山頂

    二等三角点
    三角点

                  2/2に続く


関連記事
tag :

会津駒ヶ岳 7月20日

2016-07-26
福島県檜枝岐村 会津駒ヶ岳 2016年7月20日 CL高橋

滝沢登山口 6:50 → 9:10 駒ノ小屋 9:15 → 9:30 会津駒ヶ岳 9:40 → 10:10 中門岳 10:45 → 11:30 駒ノ小屋 12:00 → 13:25 滝沢登山口

 東北の山は遠くて機会がほとんどなかったが昨年、圏央道が東北道とつながり、交通アクセスが少し楽になった。南東北の名山、会津駒ヶ岳にハクサンコザクラが咲くこの時期にと計画した。今年は花が2週間ほど早く、コザクラはピークを過ぎていたが、ワタスゲが満開であった。木道と池塘は尾瀬を思い出した。
 平日にどなたか同行いただける方、居ませんかねえ‥


    駒ノ大池と会津駒ヶ岳  写真クリックで拡大します
    駒ノ大池

    中門岳池塘に咲くワタスゲ  写真クリックで拡大します
    中門岳ワタスゲ

    滝沢登山口
    登山口

    尾瀬岳国有林 ブナ林
    国有林

    ブナ林が続く
    ブナ林

    ベンチのある休憩地点 水場近く
    水場

    ダケカンバの大木
    ダケカンバ

    視界が開けて稜線見える
    視界開ける

    駒ノ小屋が見えた
    小屋

    稜線展望 左に会津駒、右に中門岳への稜線
    稜線展望

    タテヤマリンドウと綿帽子のチングルマ
    タテヤマリンドウ

    駒ノ大池と駒ノ小屋
    駒ノ大池

    ハクサンコザクラ  写真クリックで拡大します
    ハクサンコザクラ


    ハクサンコザクラ

    チングルマ
    チングルマ

    会津駒への登り  遠くに明日登る 燧ケ岳
    駒ノ小屋展望

    会津駒ヶ岳 山頂
    山頂

    パノラマガイド板あるが、雲で見えない
    パノラマガイド板

    一等三角点
    三角点

    中門岳に向かう
    中門岳へ

    会津駒を振り返る
    会津駒振り返る

    池塘と木道が続く
    池塘

    ハクサンフウロ
    ハクサンフウロ

    シラネニンジンの群生地
    シラネニンジン

    池塘に咲く花 ワタスゲ 風に揺れる姿がなんとも切ない‥
    ワタスゲ


    ワタスゲ

    中門岳  この辺一帯を総称する  写真クリックで拡大します
    中門岳
       
    ワタスゲがいっぱい  写真クリックで拡大します
    ワタスゲ

    良い時期に来ました  写真クリックで拡大します
    ワタスゲ

    
    ワタスゲ

    キリンソウ
    キリンソウ

    イワイチョウは湿原の花
    イワイチョウ

    駒ノ小屋に戻りました
    駒ノ池

    トンボがワタスゲで一休み
    トンボ

    滝沢口に下山する  写真クリックで拡大します
    下山路 池塘

    会津駒とニッコウキスゲ
    ニッコウキスゲ

    池塘とワタスゲ  写真クリックで拡大します
    池塘

    ハクサンシャクナゲ
    ハクサンシャクナゲ

    日帰り温泉「駒の湯」
    駒の湯

    檜枝岐温泉 観光案内図  写真クリックで拡大します
    観光案内図
関連記事
tag :

富士山 御中道 7月17日

2016-07-23
富士山 御中道 2016年7月17日 CL高橋 7名

8:30 富士北嶺駐車場 9:20 =シャトルバス= 10:00 御庭バス停 10:05 → 10:25 御庭山荘跡 10:30 →お中道→ 11:30 滑沢 12:25 → 13:00 御庭山荘跡 13:05 → 13:50 五合目 14:25 =シャトルバス= 15:00 富士北嶺駐車場

 富士山の5合目周辺、御中道にはこの時期、ハクサンシャクナゲが咲く。スバルラインはマイカー規制が始まっており、不便であったが満開と晴天に恵まれ、いつもとは違う富士山を楽しめました。 現在、大沢崩れ手前の滑沢(なめさわ)の先、樹林帯に入る手前で大きく崩壊しており、ここから先には行けない。

    滑沢にて
    滑沢

    ハクサンシャクナゲ
    シャクナゲ    

    富士北麓マイカー駐車場 バス乗り場 連休で観光客多くバス待ちました
    バス乗り場

    御庭バス停で下車 トイレ有り
    御庭下車

    御中道へ向かう
    御中道へ

    山頂が見える
    山頂見える

    白く見えるのは苔 ミヤマハナゴケ
    ミヤマハナゴケ

    雲海の先に毛無山と南アルプス
    雲海

    山頂の雲
    山頂の雲

    御庭山荘跡にて御中道に出る
    御庭山荘跡

    周囲はコケモモの群生地 赤い実はまだ
    コケモモ

    御中道沿い ハクサンシャクナゲが咲いている
    シャクナゲ

    標識を大沢崩れ方向に入る
    大沢崩れ

    ゴゼンタチバナ
    ゴゼンタチバナ

    林床は苔の世界
    苔

    遠くに雲のかかった山頂が見える
    山頂

    蕾も多い
    蕾

    タカネバラ
    タカネバラ

    シャクナゲ群生地
    シャクナゲ
 
    滑沢
    滑沢

    崩落箇所 対岸に登山道が見える
    崩落

    ハクサンシャクナゲ
    シャクナゲ

    滑沢 吹き上げてくる風が涼しい 標識箇所
    滑沢標識

    岩に滑沢標識
    標識岩

    富士山ではカラマツは風が強く、上に伸びることができず、盆栽のよう
    カラマツ

    御庭の植物
    御庭の植物

    御坂山塊を見ながら五合目に向かう
    五合目へ

    この景色は見慣れた富士山
    斜面

    ダケカンバ林にシャクナゲ
    ダケカンバ
              
    ダケカンバとシャクナゲの競演
    シャクナゲとダケカンバ

    御中道沿いのシャクナゲ
    シャクナゲ

    見頃です
    シャクナゲ

    ダケカンバ林が続く 富士山とは思えない
    ダケカンバ林

    林床にベニバナイチヤクソウ 見つけました!
    イチヤクソウ

    五合目到着 下界への入口は日常世界に引き戻された
    五合目到着

    五合目バス乗り場 連休の観光地です
    バス待ち




関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>