安曇野 晩秋 11月20日

2016-11-21
安曇野 ママチャリの旅 2016年11月20日 6名

 穂高駅前レンタサイクル店10:20→穂高神社→東光寺→道祖神→本陣等々力家→大王わさび農場→水色の道祖神→早春賦歌碑→井比わさび店→碌山美術館→穂高駅→14:05レンタサイクル店=びふ穂高=常念道祖神15:00=

 安曇野は、いつもは登山口に行くときの通過地点であるが、見どころの多い自然豊かなこの街を1日ゆっくり回ってみたいと、常々思っていた。新雪の北アルプスを望みながらレンタサイクルで。地元に詳しいかたに相談したところ、11月後半はかなり寒くなるとの話である。来年にと思ったが、幸い暖かい日が続き、今年で間に合った。


    常念道祖神と常念岳  写真クリックで拡大します
    常念道祖神

    GPS地図  写真クリックで拡大します
    GPS地図

    甲斐駒と鋸岳 中央道八ヶ岳PA 朝、所々霧が濃かったがこの付近は快晴。
    しかし長野道、松本平は霧の中‥ガックリ
    甲斐駒・鋸

    大糸線穂高駅前にあるレンタサイクルの店 出発!
    レンタルサイクル

    穂高神社
    穂高神社

    境内は七五三詣り 着物姿の記念写真中です
    七五三

    大きな神社です。
    奥宮は上高地明神池、嶺宮は奥穂高山頂。こちらの方が山屋には馴染み深い。
    穂高神社

    東光寺 山門の前には「𠮷祥仁王様の下駄」と言われる大きな下駄
    東光寺

    朱塗りの下駄を履き、願い事をすると叶うといわれている。
    旅人二人、御利益ありましたでしょうか?
    下駄

    道祖神を探してママチャリで移動、柿が晩秋の彩り
    ママチャリ

    民家の角にありました
    民家の角

    この付近は立派な蔵がある家が多い
    お蔵

    紅葉が彩りを添える
    道祖神

    畑の野沢菜
    野沢菜

    本陣 等々力家
    等々力家

    大王わさび農場に着いた
    わさび農場

    安倍奥のわさび田を見慣れている目には別世界である。
    石済みは無いし、広大である!
    安倍奥

    場内は紅葉がまだ見頃です   
    紅葉

    わさび田と紅葉
    わさび田と紅葉

    お腹が空いてきた。お蕎麦を食事処で頂こう
    ブロンズ像

    本わさび丼とわさびそばの「得々セット」
    お蕎麦

    清流と紅葉
    清流と紅葉

    清流と水車
    清流と水車

    本わさびソフトクリーム! 欠かすことはできません
    ソフトクリーム

    わさび農場を出発。雲が晴れて常念山脈が見えてきた
    写真クリックで拡大します
    アルプス山並み

    水色の時道祖神と常念岳 NHK朝の連続テレビ小説
    水色の時

    交差点を右折、堤防の道に出る
    右折

    案内標識が随所にある 正面に常念と横道、大天井
    標識

    早春賦の歌碑
    早春賦

    わさび田と常念岳
    わさび田と常念

    穂高川堤防の道は、気持ちの良いサイクリングロード
    サイクリングロード

    正面に有明山  写真クリックで拡大します
    有明山

    穂高川と有明山
    穂高川と有明山

    井比わさび店 地元に詳しいかたの紹介で寄りました
    井比わさび

    碌山美術館  ここも欠かすことができない立ち寄り箇所
    碌山
    
    晩秋の雰囲気
    碌山受付


    穂高駅前の道祖神
    駅前

    常念道祖神  堀金烏川
    常念道祖神

    常念岳の新雪は少なかった
    道祖神
    
    

関連記事
tag :

御坂 竜ヶ岳 11月13日

2016-11-17
2016年11月13日 御坂山塊 竜ヶ岳 月例山行 CL矢部 9名

 相良6:00=8:10本栖湖キャンプ場駐車場8:40→9:50東屋(石仏)10:02→10:50竜ヶ岳11:37→12:07端足峠12:11→13:02本栖キャンプ場13:25=天母の湯=17:25相良

 竜ヶ岳はいつも通る国道139号線脇にある馴染みの山。暑くなく寒くないこの季節が最適である。富士山らしい新雪の姿が広大な朝霧高原にこの時期よく似合う。好天に恵まれて広い山頂では多くの登山者と会えた。紅葉もまだ見れて晩秋の竜ヶ岳と本栖湖を楽しむことができた。

    竜ヶ岳 山頂
    山頂

    本栖湖キャンプ場を出発
    出発

    植林帯を抜けると明るい尾根道
    明るい尾根道

    見上げると見頃の紅葉
    頭上の紅葉

    本栖湖と南アルプス白根三山、鳳凰三山
    本栖湖

    雲海に浮かぶ富士を見ながら
    富士山見ながら
  
    東屋にて休憩
    東屋

    雨ヶ岳方面の紅葉は
    雨ヶ岳

    石仏は祠に安置されていた
    石仏

    眼下にはさきほどの東屋が見える  写真クリックで拡大します
    眼下の東屋

    登山道沿いのツツジが鮮やか
    ツツジ

    笹の原をジグザグに登る
    ジグザグ道

    本栖湖とパノラマ台、奥に三方分山
    三方分山

    右の奥には御坂山塊(王岳、鬼ケ岳、十二ヶ岳、黒岳‥)が続く
    御坂山塊

    直登ルートと合流点。山頂へ向かう
    合流点

    山頂到着
    山頂到着

    続々と登ってきて賑やかになった。高校生団体も
    続々と

    風当りの少ない場所でランチタイム
    ランチタイム

    白き峰々 南アルプス左から聖岳、赤石岳、荒川三山
    写真クリックで拡大します
    赤石岳他

    端足峠に下る
    端足峠へ下山

    遠くに南アルプス白根三山
    白根三山

    左から農鳥岳、間ノ岳、北岳 今年夏の縦走が懐かしい
    写真クリックで拡大します
    白根三山

    正面に雨ヶ岳
    雨ヶ岳

    ブナ林となった
    ブナ林

    リンドウが咲き残っていた
    リンドウ

    端足峠 振り返ると竜ヶ岳
    端足峠

    本栖湖に下る
    本栖湖へ

      サクサクと落葉道
      落葉道

    紅葉・黄葉の道  写真クリックで拡大します
    紅葉黄葉の道

    逆光の輝き
    逆光
 
    紅葉・黄葉の道  写真クリックで拡大します
    紅葉黄葉の道

    本栖湖湖畔に出た
    湖畔に出た

    富士山と竜ヶ岳  写真クリックで拡大します
    富士山と竜ヶ岳

    この付近が千円紙幣「富士山」撮影地です
    千円札
   

    
    
関連記事
tag :

三ツ合の頭 親睦山行 11月12日

2016-11-17
2016年11月12日 奥大井 蕎麦粒山~三ツ合の頭 4団体23名

 大井川地区山岳団体の親睦会との誘いをいただき、当会から5名参加しました。山犬段8時集合、蕎麦粒山経由して三ツ合の頭で食事会です。晩秋の奥大井は紅葉の道。三ツ合では各会で調理した食事をいただき、楽しい宴と親睦を深めることができました。藤枝山岳会、島田しらびそ山の会、島田ハイキングクラブの皆様、お世話になり、ありがとうございました。


    三ツ合の頭
    三ツ合

    山犬段
    山犬段

    山犬段広場にて出発前のストレッチ 後方に蕎麦粒山
    広場

    蕎麦粒山へ向かう
    蕎麦粒山登り


    蕎麦粒山登り

    キノコが豊作です
    キノコ

    蕎麦粒山山頂  雲が出てきた
    蕎麦粒山山頂

    深南部の山々
    新南部山々

    五樽沢のコルに向かう
    五樽沢コルへ

    見上げると‥
    見上げると

    笹の原が広がると三ツ合の頭は近い
    笹の原

    ヌタ場 動物の息づかいが聞こえそう‥
    ヌタ場

    三ツ合の頭 到着
    三ツ合到着

    食事準備に忙しく撮影を忘れていた
    宴


    宴
    

    宴

    楽しい宴も終了
    出発

    来た道を戻る
    下り

    紅葉の道
    紅葉

    五樽沢のコル
    五樽沢のコル

     錦秋の奥大井
     錦秋


     錦秋の奥大井

    写真クリックで拡大します
    錦秋の奥大井





関連記事
tag :

天城峠~八丁池 11月5日

2016-11-15
2016年11月5日 天城山 天城峠~八丁池 CL高橋 4名

水生地下駐車場8:30→旧天城トンネル→9:10天城峠9:15→天城縦走路→上り御幸歩道→12:00八丁池12:40→下り御幸歩道→14:35水生地下駐車場

 天城峠周辺の縦走路のブナ黄葉を見たいと思い、八丁池までの尾根歩きを計画したが、今年はまだ紅葉、黄葉は早かった。しかしブナ、ヒメシャラの巨木が続く尾根道は天城に来たと実感しました。黄葉最盛期に再訪してみたい。


    八丁池
    八丁池

    GPS地図  地図クリックで拡大
    地図

    水生地下駐車場
    水生地下

    旧天城トンネル
    旧天城トンネル

    天城峠 縦走路に出た
    天城峠

    天城縦走路 上り御幸歩道を行く
    天城縦走路

    ヒメシャラの尾根道
    ヒメシャラ

     存在感あります     
     ヒメシャラ

    ブナの尾根道
    ブナ林

    向峠
    向峠

    ワサビ田
    ワサビ田

    緩やかな尾根道が続く
    尾根道

    ブナの根が行く手を阻む
    ブナの根

    アセビの林に変わった
    アセビ

    トイレの場所から見晴台へ向かう
    見晴台へ

    見晴台
    見晴台

    八丁池 到着
    八丁池着

    風もなく静か 紅葉は少し早かった
    八丁池


    八丁池

    下り御幸歩道を水生地に下る
    下り御幸歩道

    ブナの巨木 天城の主(あるじ)
    ブナ巨木


     ブナ

    ブナ、ヒメシャラの林  写真クリックで拡大
    ブナ

    ブナの道
    ブナの道
    
    


関連記事
tag :

大川入山 10月30日

2016-11-01
南信 阿智村 大川入山  2016年10月30日 CL高橋 8名

相良5:40=島田金谷IC(新東名・三遠南信)鳳来峡IC=8:45治部坂観光センター駐車場9:00→10:05横岳10:10→12:00大川入山12:55→14:30横岳14:35→15:25駐車場15:35=道の駅信州平谷「ひまわりの湯」=鳳来峡IC(三遠南信・新東名(夕食))島田金谷IC=19:50相良

 愛知県境に近い、南信の南の大川入山は静岡からは馴染みの薄い山であったが、山仲間から笹の原に紅葉がきれいな山と聞いた。紅葉には少し遅いかもしれないと思ったが、冬が来る前に巡り会いたい‥ 結果は、紅葉が今年は遅れており間に合いました。稜線は展望も良く、笹の原は雰囲気の良い山でした。


    山頂
    山頂

    GPS地図
    地図

    国道の反対側が登山口
    登山口案内板

    天気予報は朝から晴だったのに‥自宅出るときはまさかの雨‥
    登山道入口

    登山道入口
    登山道

    この沢が集落の水源と思われる
    沢の橋

    しばらくは木の根の尾根道が続く
    木の根

    紅葉がきれいになってきた
    紅葉

    崩壊箇所の巻道 
    崩壊箇所

    横岳 この先は緩やかな尾根道
    横岳

    稜線の紅葉はピークを過ぎていたが、まだまだ見れる
    稜線紅葉

     稜線は緩やかな落葉道
     落葉道

    青空が出てきた
    青空

    紅葉が綺麗に残ってくれていた 
    紅葉集合

    2km 標識
    2km

    1km 標識 この手前の鞍部から急な登りとなる
    1km

    笹の原の紅葉が残っている急な登り
    カエデ

    周囲の見晴が良くなってきた
    笹の原と紅葉

    カラマツ黄葉
    カラマツ

    笹の原の尾根道 ツツジの紅葉は終わっていた  写真クリックで拡大します
    笹の尾根道

    山頂到着
    山頂到着

    天然カラマツ
    山頂標識

    本日のヤマメシ! 久しぶりです
    山メシ

    山頂から北へ少し下ると、こちらも綺麗  写真クリックで拡大します
    笹の斜面

    恵那山が雲をかぶっている  写真クリックで拡大します
    恵那山

    飯田市街 南アルプスは雲の中
    飯田市街

    来た道を下山  写真クリックで拡大します
    下山開始

    笹の斜面が美しい  写真クリックで拡大します
    笹の斜面

    笹の原の下り  写真クリックで拡大します
    カラマツ斜面
    
    紅葉振り返る
    紅葉振り返る

    カラマツの尾根道
    カラマツの道

    紅葉の道
    紅葉の道

    紅葉の道 朝よりきれい
    紅葉の道

    振り返ると大川入山 
    振りかえると

     虫の命ははかなくて‥ 寒波襲来‥
     虫

    横岳 出発
    横岳

    中央アルプスが見えた。空木岳、南駒ヶ岳方面
    中央アルプス

    駐車場に着きました。登山口近くにもあるが、こちらが広くてよい
    駐車場着

    日帰り温泉は道の駅信州平谷にある「ひまわりの湯」 
    ぬるぬる湯は梅ヶ島温泉「黄金の湯」と同じで暖まりました。 朝撮影
    日帰り温泉




関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>