高草山 キスミレ 3月25日

2017-03-26
2017年3月25日  高草山 林叟院より周回(Aコース→Bコース)

 例年ならばキスミレの便りが届く頃。開花状況が気になり見てきました。今年は1週間以上遅れてます。4月初めが見頃と思われます。


    キスミレ
    キスミレ

    坂本Aコース  焼津市内の展望
    菜の花

    スイセン咲く道
    スイセン

    シロバナタチツボスミレ
    タチツボスミレ

    ヒゴスミレ
    ヒゴスミレ

    コシノコバイモ
    コバイモ

    キスミレ 5分咲き位  写真クリックで拡大します
    キスミレ


    キスミレ


      キスミレ

    離れた場所のキスミレ
    群生していたが林道工事で荒れてしまい、一輪しか咲いていない
    キスミレ

    墓地を通り、登山口へ戻る
    墓地

    門前の桜はまだチラホラ
    林叟院

    
    桜

    陽光桜  こちらは満開です
    陽光

    自宅庭に見覚えのある黄色い花??  砂利の中から
    登山靴の底に種が付いて運ばれて我が家で咲いてくれたのでしょうか??
    近くに蛇口有り、靴洗い場です
    砂利

    こちらは庭の福寿草 四賀の里産です    
    福寿草

     

 



関連記事
tag :

塩山 小倉山 3月19日

2017-03-21
甲州市塩山竹森 小倉山 2017年3月19日 月例山行 CL野村 11名

 相良6:00=中央道(甲府南~一宮御坂)事故渋滞30分=10:15玉宮ざぜん草公園駐車場10:27→ざぜん草群生地→11:12小倉山11:20→11:50上条山11:55→12:17上条峠展望小屋12:53→13:30ざぜん草公園駐車場13:45=みたまの湯=18:45相良

 この時期に咲く花としてザゼンソウ(座禅草)がある。雪国の湿地帯でミズバショウと同じ頃咲く、雪解け後の早春の花である。竹森のザゼンソウは有名で麓で見れるため観光客も訪れる。近くの小倉山と上条山を周回するコースは明るい雑木林で、静岡のようなスギヒノキの植林は無く、花粉症の方にも優しいコースでした。



    上条峠?

     GPSmap
     GPS地図
    
    玉宮ざぜん草公園 森林自然の家 
    登山口

    駐車場 出発
    出発

    ザゼンソウ 案内板
    案内板

    群生地入口 電気柵はシカの食害防止
    電気柵

    ザゼンソウ まだ見頃でした
    ザゼンソウ1


    ザゼンソウ2


    ザゼンソウ3


    木橋


    木道


    ザゼンソウ4


    稜線分岐に向かう
    尾根へ

    小倉山へ向かう
    小倉山へ

    緩やかな尾根道
    緩やかな道

    小倉山 山頂到着
    山頂

    展望台があるが春霞で見えない
    春霞


    展望台

    来た道を下る
    尾根道下り

    尾根道を上条山への登り
    登り

    少し急な登り
    急な登り

    上条山 麓に上条という集落あり、名付けられたと思う
    上条山

    上条山を下り、上条峠に向かう  少し急な下り
     下り

    平沢集落分岐 上条峠展望小屋へ向かう
    展望小屋へ

    展望小屋
    展望小屋

    林道が見えるがその他は‥
    林道

    分岐まで戻り、平沢集落方向へ下る
    平沢集落へ

    明るい雑木林の緩やかな下り  花粉症の方にも優しいコース
    雑木林

    分岐を、ざぜん草公園へ
    公園へ

    ほう葉  飛騨のほう葉焼きを思い出した
    ほう葉
 
    駐車場に戻りました
    駐車場





      
関連記事
tag :

冬の上高地 再び 3月4日 2/2

2017-03-11
冬の上高地

無雪期もよいが冬の上高地も素晴らしい。天気を見極めれば
静かなブームになりそう、毎年来たい。



    焼岳  噴煙が見る  写真クリックで拡大します
    焼岳

    焼岳と河童橋
    焼岳・河童橋

    ベンチが空いていてコンロを出す
    ランチ

    お馴染みの撮影場所
    河童橋上

    対岸、ホテル白樺荘の先にある撮影ポイント
    全員

    小梨平 テントがチラホラ
    小梨平

    小梨平 トイレ
    小梨平

    裏側に冬期用トイレがある
    トイレ

    清水橋と清流  夏は多くの人が行き交う
    清水橋

    河童橋
    河童橋

    五千尺ホテルのつらら
    つらら

    名残惜しいが帰途につく
    帰る

    梓川、河原にサル 群れで居た
    サル

    バスターミナルは広大な雪原 帰りは近道の車道を行く
    バスターミナル

    お荷物にならないようスノーシューを体験しました。 1名はワカン
    シュノーシュー

    具合はどうでしょうか?
    スノーシュー

    車道に戻り、スノーシューを外す。 雪の深さがわかる
    車道

    赤い屋根の上高地帝国ホテル 休業中です
    帝国ホテル

    冬の上高地は静かな音の無い世界
    車道

    正面に焼岳 この先を右折、湖岸歩道に戻る
    車道

    湖岸に戻りました
    湖畔

    大正池ホテルの脇を通る
    大正池ホテル

    正面に焼岳
    車道

    穂高ともお別れです
    穂高お別れ

    上高地トンネル ヘッドランプを出す
    上高地トンネル

    上高地トンネルの中 非常灯
    トンネル中

    焼岳ともお別れ
    焼岳

    釜トンネル入口に到着
    釜トン入口

    沢渡駐車場に戻りました
    沢渡
    
                  おわり

関連記事
tag :

冬の上高地 再び 3月4日 1/2

2017-03-10
冬の上高地 2017年3月4日 CL高橋 5名

 相良 3:05 =藤枝=新東名・R52=中部横断(増穂IC~白根IC工事による通行止)R52迂回=中央道・長野道= 7:50 沢渡駐車場 8:20 =タクシー= 8:35 釜トンネル入口 8:45 → 9:45 大正池 9:55 → 11:15 河童橋・小梨平 12:45 → 13:50 大正池 14:05 → 14:52 釜トン入口 14:58 =タクシー= 15:10 沢渡駐車場 15:30 =竜島温泉=往路を帰る=中部横断道は工事による通行止=南部路(夕食)=藤枝= 22:00 相良

 前回の厳冬期から一か月後、リクエストに応えて再び冬の上高地を訪れた。釜トン入口で前回よりも7度ほど暖かい!大正池の結氷は無く、田代池も普通の池だった。しかしながら白銀の穂高の姿は変わらず、暖かく印象に残る冬(早春)の上高地でした。


    穂高の輝きと再会
    穂高の輝き

    沢渡駐車場
    沢渡

    タクシーは6人乗りなので5名様1台に収まり、ラッキー! 2900円
    タクシー

    釜トンネル入口 冬期閉鎖中
    釜トン

    隣の中の湯売店小屋 温度計は-1度。 1ヶ月前は-8度 暖かい!
    中の湯小屋

    ヘッドランプを点けて釜トンネル出発
    釜トン

    途中に除雪車が置いてある
    釜トンなか

    釜トン出て上高地トンネルに向かう 出入り口付近は凍結しており注意
    上高地トンネルへ

    焼岳が眩しい
    焼岳

    続いて上高地トンネル
    上高地トンネル

    工事車両が通り、圧雪状態で歩きやすい。スノーシュー、アイゼンも不要
    工事車両

    カーブミラーの先に穂高が登場!
    穂高見える

    大正池が近付いた
    大正池

    大正池 湖畔
    湖畔

    焼岳 大正池は凍結していなく、カラマツの霧氷も無い。春が近い
    焼岳

    賑わってます  
    若い人が多い。最近、スノーシューは雪遊びの一つとしての人気だろうか
    賑わい

    歩道を田代湿原に向かう
    歩道

    田代湿原
    田代湿原

    田代池に向かう 今日は踏み固められていて歩きやすいが
    スノーシューの出番が無く、少々物足りない 
    田代池へ

    田代池  1ヶ月前とイメージが違う。カメラマンは居ない
    田代池

    田代橋へ向かう 楽しい林間のスノートレッキング
    田代橋へ

    湿原の清流
    湿原の清流

    田代橋手前の分岐
    田代橋
   
    梓川左岸を行く
    左岸

    正面に六百山
    六百山

    対岸に穂高連峰
    穂高連峰

    河童橋が近い
    河童橋近い

    穂高連峰案内板
    穂高案内板

    穂高・岳沢の輝き
    穂高連峰

    河童橋 到着
    河童橋到着

                   続く


関連記事
tag :

節分草・福寿草 2月26日

2017-03-07
市川三郷町古宿 早川町赤沢 2017年2月26日 4名

 2月中旬には早春の花便りが届き始め、そわそわしてきた。古宿の節分草と赤沢の福寿草、節分草を回ってきました。福寿草は太陽の光に敏感な花、今日は晴れていてほしい。


    古宿の節分草 今年は開花が少ない感じがした
    節分草1


    節分草2


    節分草3


    節分草4

    福寿草
    福寿草

    民家の庭先です
    福寿草庭

    ミスミソウ まだ目覚めたばかり
    三角

    千波の滝 
    千波の滝

    道の駅富士川から八ヶ岳連峰 雪が少なくなった     
    八ヶ岳

    赤沢の宿に移動 お寺の裏斜面 ミツマタの先に福寿草群生地
    ミツマタ

    
    福寿草

    太陽の光をいっぱい浴びて福寿草満開です!
    通路

    ハチも黄金色に誘われて
    ハチ

    
    福寿草

      石畳と旅館大黒屋
      大黒屋

    くりぬきの水受け樋
    水

    石垣に一輪
    福寿草


    福寿草

    木の根元に節分草
    節分草


    節分草

    そば処武蔵屋さん 混んでいて少し後にして下さいとのことで
    宿場巡りを続ける
    そば処

    宿の駅 清水屋さん
    清水屋

    2階で一休み 甘酒を頂いた
    2階

    正面に江戸屋さんが見える 江戸時代にタイムスリップ
    江戸屋さん

    大阪屋さん
    大阪屋

    牧水の歌碑
    牧水

    江戸屋さんに向かう
    梅

    江戸屋さん 大正生まれの女将さんが案内してくれた。
    望月姓は静岡・清水にも多く懐かしい
    江戸屋

    そば処「武蔵屋」 蕎麦定食の予定はご飯が終了(-_-;) 
    代わりに追加して頂き、充分でした。
    そば処



関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>