将棊頭山 7月23日

2017-07-24
中央アルプス 将棊頭山(しょうぎがしらやま) 2017年7月23日

桂小場6:15→7:20野田場7:25→大樽小屋→胸突八丁ノ頭→10:30西駒山荘11:00→11:20将棊頭山→遭難碑→西駒山荘12:00→大樽小屋→14:55桂小場=南箕輪村 大芝の湯

 木曽駒ヶ岳の稜線を北に向かい西駒山荘のすぐ裏にあるピークが将棊頭山。桂小場からの登山コースは木曽駒へのクラシックルート。現在でも伊那谷の学校登山が行われている。
 この時期には山荘周辺に赤いコマクサの群落が可憐に彩る。今日の主役は梅雨明けの青空で鑑賞する予定だったが、梅雨前線が戻って来てしまった。しかしながら霧の中に浮かぶ姿も絵になる。一足先にアルプス夏山に咲くチングルマなど初々しい姿も見れて大満足。ただし下りは単調な樹林帯が続き、長かった‥ 標高差1450m日帰りは効いた


    西駒山荘裏の稜線に咲くこまくさ 色が濃い
    コマクサ

    赤いコマクサ  写真クリックで拡大します
    コマクサ

    GPS地図 
    GPS地図
    
    南アルプス 遠望
    南ア

    案内板 伊那広域農道沿いにあった
    案内板

    桂小場 登山口駐車場 学校登山のためかバス用にロープ張られて狭い
    登山口

    登山口
    登山口

    少し登ると沢を渡るところにある水場 ぶどうの泉 冷たかった
    ぶどうの泉

    学校登山があるためか、笹刈りして登山道は手入れされている
    学校登山

    テント泊装備の高校生パーティ十数人に追いついた。木曽駒まで行くという
    この日はあと1組、中高校生十数人がいた。
    テント泊

    野田場 今日は冷たい水が流れていた
    野田場

    大樽小屋 避難小屋です
    大樽小屋

    標高標識 まだまだある
    標高板

    胸突き八丁 ここから急登の連続が始まる
    胸突き八丁

    樹林帯なので晴れていても暑くはない
    坂

    雨に濡れたゴゼンタチバナ
    ゴゼンタチバナ

    胸突き八丁ノ頭にやっと到着
    胸突き頭

    ハクサンチドリ
    チドリ

    ハクサンフウロ
    フウロ

    カラマツソウ
    カラマツソウ

    分水嶺 冬道の尾根直登コースと別れて西駒山荘へ向かう
    分水嶺

    イワツメクサ 夏のアルプス稜線の定番です
    イワツメクサ

    コケモモの花 秋には赤い実をつける
    コケモモ

    山荘への巻道
    ダケカンバ

    ウサギギク
    ウサギギク

    西駒山荘 到着
    西駒山荘

    石室で休憩
    石室

    本日お目当てのコマクサ
    170723292.jpg

    赤い! 以前、木曽駒に行ったときも赤かった
    170723294.jpg

    感動です
    コマクサ

    ロープの外にも咲いていて、近寄れない
    コマクサ

    夏のアルプス主役 チングルマ
    チングロマ

    
    チングルマ

    将棋頭山への道沿いに咲いていた
    チングルマ

    将棊頭山への分岐
    分岐

    ガスの切れ間に小屋が見えた
    小屋

    ハクサンシャクナゲ 咲き始めです
    シャクナゲ
    
    タカネツメクサ
    タカネツメクサ

    山頂
    山頂

    ハイマツの赤い花
    ハイマツ花

    遭難記念碑に寄りました。以前から伊那谷では学校登山で登られていた
    遭難碑

    下山の前に見納めです
    コマクサ
          
    



 
関連記事
tag :

大笹峰 7月9日

2017-07-15
長和町 大笹峰~北の耳~南の耳~殿城山  2017年7月9日 CL高橋 5名

相良5:30=9:10エコーバレー駐車場9:30→10:45大笹峰10:50→北の耳→11:25南の耳12:00→12:45殿城山→13:35駐車場=河童の湯=19:10相良

 このコースは車山の北側にあるエコーバレースキー場第一駐車場を起点に周回できる高原歩きです。レンゲツツジは終わりごろ。代わりにニッコウキスゲが咲きだしていた。展望のよい尾根歩きが楽しめるが、6月下旬のレンゲツツジが見頃の時期が暑くなく快適と思われる。


    南の耳 山頂
    南の耳

    白樺湖と蓼科山
    白樺湖

    エコーバレースキー場駐車場 このコース案内板があった
    案内地図
    
    正面の稜線が歩くコース
    駐車場

    スキー場の中を通り、登山口へ
    スキー場


    170709826.jpg


    花

    ハイキングコース入口
    登山道入口

    中央分水嶺トレイルコース 案内
    トレイル案内

    レンゲツツジが咲き残っていた
    レンゲツツジ

    ニッコウキスゲ 鹿除け柵の中で咲いていた
    ニッコウキスゲ


    ニッコウキスゲ

    大笹峰への緩やかな登り    
    白樺

    大笹峰山頂着 車山が見える
    大笹峰

    すぐ横にブラッシュたかやまスキー場のリフト終点
    スキーリフト

    北の耳へ向かう
    尾根道

    北の耳 稜線の小さなピーク 後方に殿城山
    北の耳

    北の耳へ向かう
    南の耳へ

    レンゲツツジ 最盛期に来てみたい
    レンゲツツジ

    フウロ
    フウロ

    南の耳 車山が近付いた
    南の耳

    眼下にエコーバレースキー場
    エコーバレー

    車山方面へ
    車山方面へ

    レンゲツツジと車山
    レンゲツツジ


    レンゲツツジ

    分岐を姫木平方面へ
    分岐

    ダケカンバと白樺
    樺

    殿城山 
    殿城山

    蓼科山と白樺湖の展望 
    蓼科山

    ヤマオダマキ
    ヤマオダマキ

    植林したばかり。 鹿除けの柵の道が続く
    柵の道
   



関連記事
tag :

毛無山  7月2日

2017-07-05
2017年7月2日 天子山塊 毛無山 CL高橋 5名

相良6:00=8:25下部温泉登山口8:40→中山金山跡→10:40地蔵峠10:50→12:10毛無山12:55→13:45地蔵峠13:50→中山金山跡→15:10登山口=下部温泉=18:30相良

 新潟、浅草岳、守門岳の予定が梅雨前線が北上してしまい残念ながら中止。夏山トレーニングで下部温泉口より毛無山に行ってきました。標高差1000m、よいトレーニングになりました。稜線は涼しかった。


    山頂
    山頂

    GPS地図  写真クリックで拡大します
    地図

    湯之奥 登山口
    登山口

    登山口 案内板
    登山口

    植林の林床にフタリシズカ
    フタリシズカ

    ピンクのヤマツツジ
    ツツジ

    山の神
    山の神

    尾根道に金山、女郎屋敷跡
    女郎屋敷

    下段に平坦地あり
    案内板

    ハルゼミの抜け殻  賑やかだった
    ハルゼミ

    中山金山 大名屋敷跡
    案内板

    平坦地で休憩によい
    大名屋敷

    水場までトラバースが続く
    トラバース

    金山沢 源頭  水は流れていなかった
    水場

    稜線が近い
    稜線手前

    地蔵峠(第二) 富士山がよく見える 
    地蔵峠

    稜線を山頂へ向かう
    山頂へ

    急登が続く 本日のメインイベント
    急登

    サラサドウダン 色付きは少ないが群生している
    サラサドウダン

    バイケイソウ
    バイケイソウ

    朝霧 麓登山口からと合流  多くの人がこちらから
    合流
   
    山頂 今日は富士山がよく見えます
    山頂

    キンポウゲが咲きだしていた
    キンポウゲ

    庭のキスミレ まだ咲いてます 7月5日
    キスミレ



関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>