北ア 烏帽子岳・野口五郎岳 7月31日~8月2日

2013-08-18
北ア 烏帽子岳・野口五郎岳 7月31日~8月2日  3名

 当初予定は28日から穂高縦走。天気予報がころころ変わり、29日は木曽駒での遭難もあり、31日以降は安定した予報が出ていたので、裏銀座に転戦となった。しかし1日目夜から大雨、濁沢の丸木橋が流されてしまい、帰りは渡渉となった。2日目も雨。 回復したが出発が遅れて、野口五郎手前で引き返すことに。安定しない天気に泣かされました。
 ブナ立尾根は北アルプス三大急登と言われているため、同行者に気合いを注入。結果は標準タイム以内で歩けてホットした。中高年から始めた方は敬遠するのか、百名山でないためか、ルート、小屋共空いていてよかった。
7月30日
相良 18:00 = 22:55 七倉山荘前駐車場
7月31日
七倉山荘前駐車場 5:45 = タクシー = 6:00 高瀬ダム堰堤 6:10 → 6:30 ブナ立尾根取付 6:35 → 9:40 三角点 9:45 → 11:20 烏帽子小屋

   
   七倉山荘前 5:30のタクシーは5台出たが、並ぶのが遅れて2回目の出発だった
   七倉山荘

   高瀬ダム堰堤を出発
   高瀬ダム

   不動沢吊橋 吊橋恐怖症のFさんはなんとか克服できたようだ!(^^)!
   不動沢吊橋

   不動沢上流 船窪岳方面の稜線
   不動沢上流

   不動沢キャンプ指定地
   不動沢キャンプ場

   濁沢の丸木橋  このあと大雨で流されてしまい、帰りは渡渉となってしまった。(-_-;)
   濁沢丸木橋

   ブナ立尾根取付 最後の水場
   最後の水場

   裏銀座登山口
   ブナ立尾根取り付き

   最初は階段が続く急斜面
   階段の急登

   ブナ林が美しい
   ブナ林

   傾斜はあるが、よく整備されている
   三大急登

   ヤマホトトギス
   ヤマホトトギス

   中間点 6/12
   中間点

   マルバノイチヤクソウ
   マルバノイチヤクソウ

   ギンリョウソウ
   ギンリョウソウ

   急登が続くが整備されている
   急登が続く

   三角点 4/12 このあと平坦な尾根道が少し続く
   三角点

   タヌキ岩の上
   タヌキ岩

   ガレ場横を通過  稜線が見える
   稜線の展望

   ゴゼンタチバナ
   ゴゼンタチバナ

   ダケカンバの林
   ダケカンバの林

   存在感あるダケカンバ 最後の標識点です 1/12
   存在感あるブナ

   稜線手前、お花畑が現れた
   稜線手前

   コイワカガミ、チングルマ、アオノツガザクラ
   お花畑

            烏帽子小屋~烏帽子岳に続く



関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/103-3fc55578
<< topページへこのページの先頭へ >>