鬼無里 中西山 5月17日 前編

2015-05-28
長野市鬼無里 中西山(1,741m)  2015年5月16日~17日 CL高橋 5名

16日: 相良 11:00 =吉田IC(東名(昼食)・新東名)新清水IC=R52=増穂IC(中部横断・中央・長野)長野IC= 18:00 鬼無里 奥裾花観光センター駐車場
17日: 駐車場 6:20 → 7:00 自然園休憩舎 7:15 → 9:20 稜線→10:05 中西山 10:25 →稜線→ 12:10 自然園散策 13:40 → 14:10 駐車場 14:40 =鬼無里の湯=白馬道の駅=安曇野IC(長野(夕食)・中央・中部横断)増穂IC=R52=新清水IC(新東名・東名)吉田IC= 22:15 相良

 鬼無里の水芭蕉はこの時期、旅行社ツアーには人気の行き先である。尾瀬が有名であるが一度は行ってみたいと思い、近くで登山できる中西山とセットで計画した。豪雪地帯のため、稜線はまだ雪庇があり容易でないため、雪上講習会受講済のメンバー、装備で計画した。


    中西山 山頂  後方は白馬連峰
    中西山 山頂

    鬼無里 旅の駅
    鬼無里 旅の駅


    旅の駅

    奥裾花観光センター駐車場を出発 除雪した雪が残っている
    駐車場

    林道斜面にはツクシが顔を出していた
    ツクシ

      フキノトウ 目覚めたばかりです
      フキノトウ

    元池
    元池

    林道脇にはまだかなりの残雪
    残雪の車道

    タムシバ 日本海側に多いモクレン科の白い花
    タムシバ

    戸隠 案内板
    戸隠案内板

    戸隠連峰
    戸隠連峰

    自然園入口にある休憩舎 後方に見えるピークが中西山と思う
    休憩舎

      新緑がきれいです
      ブナ新緑

    自然園マップ
    自然園マップ

    熊よけ 鉄パイプがぶら下がっていた 熊の生息域です、鈴を付けて行動しました
    熊よけ

    ブナ林
    ブナ林

    赤布とマーキングは少なく、トレースも前日の雨で消えている
    積雪期は読図とルートファインティング能力、雪上技術が試される 
    赤布

    咲き始めたばかりのミズバショウ
    ミズバショウ

    32地点
    32地点

    このあたり、赤布を探して藪こき、迷いました
    迷った地点

    右往左往しました
    迷った

    ブナ林の登り、だんだん急な登りになる
    ブナ林登り

    広い雪原、 冬山技術をマスターしてれば基本的にどこでも登れる
    広い雪原

    稜線手前 ササ藪を強行突破
    ササ藪

    抜けたと思ったら、雪庇が立ちはだかっていた。回り込み弱い箇所を突破する

     元気な頃、こまくさで行った5月連休の白馬主稜を思い出した。白馬岳山頂直下は
    60m位の雪壁。ロープを出して中間でスノーバーを雪面に打ち、支点としてピッチ
    切り、パートナーを迎えて最後のピッチはダブルアックスでブルーアイスに輝く
    天空の雪庇の弱い箇所を抜けて頂上終了点に着いた思い出が蘇った。
    雪庇

    稜線に出ると、展望が開ける
    稜線出る

    雪庇の先に戸隠連峰
    戸隠連峰

    乙妻山、高妻山方面
    高妻山

    山頂への稜線 雪庇のへりを慎重に登る
    雪庇のへり

    ツバメオモト
    チゴユリ

    シラネアオイ
    シラネアオイ

    マイヅルソウ
    マイヅルソウ

    このピークを越えれば山頂 楽勝だよ(^^♪♪ と思いきや まだ先でした (-_-;)  
    あと少しで頂上?

    振り返ると、思い出の雨飾山、火打山
    火打山


    早朝からの行動で疲れてザックをデポ、空身で頂上往復することにした。
    空身で往復
     
    山頂到着!  白馬連峰の大展望が迎えてくれた
    山頂到着

             後編に続く

 
 
関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/209-c8fb4776
<< topページへこのページの先頭へ >>