奥仙俣~込岳~二王山 12月20日

2015-12-22
安倍奥 奥仙俣~込岳~二王山~奥仙俣 2015年12月20日 CL高橋 3名

相良 6:00 = 8:10 奥仙俣 神社入口 8:25 → 9:35 受信点 9:40 → 9:45稜線分岐→ 10:05 込岳 10:10 →11:40 三角点→11:45 二王山 12:20 → 12:55 二王峠(八森山分岐) 13:00 → 13:50 奥仙俣 橋詰橋登山口→ 14:00 岩崎宅 14:25 →神社→ 14:35 神社入口 14:45 = 17:05 相良

 奥仙俣は地デジの仕事で何度も通った集落。込岳から二王山は前回ルートミスをしてしまったので慎重に行動。このコースは踏み跡が少なく、急な登り下りもあり体力がいる経験者向き。藪こきもあり、静かな山歩きの好きな方にオススメです。

    二王山 山頂
    山頂

    登山道入口 シナノキ沢林道の脇
    登山口

    尾根を行くが、不安定なトラバースもある
    トラバース

    尾根道
    尾根道

    イワカガミのツヤツヤ葉
    イワカガミ

    二王山が見える
    二王山

    左の作業道へ入り、受信点に向かう  右の尾根が登山道
    作業道へ

    しばらく山腹を行くと、ケーブル埋設表示杭がある
    埋設表示

    地デジ受信点 仕事で何回もここまで登った思い出の場所
    こまくさ会長さんに荷揚げ、測量を手伝っていただいた。
    受信点

    尾根に出て、少し登ると先ほどの登山道と合流する
    尾根標識

    込岳山頂 二王山に向かう
    込岳山頂

    ここから急な下り 
    急な下り

    前回はこの急な尾根を下ると思わなく、一本右の尾根に入ってしまいシナノキ沢を
    横断するハメになってしまった・・ ポイントは雑木と植林の境を下ること
    急な下り

    安倍奥 東山稜
    東山稜

    鞍部付近のガレの縁を行く。右の笹に逃げるとかなり急斜面のヤブ漕ぎ。選択に迷った
    ガレ縁
     
    大谷嶺が見える
    大谷嶺

    アップダウンは急登(直登)が続く 体力必要です
    急登

    振り返ると込岳  来た尾根道がわかる
    込岳

    山頂近くなると平坦になる
    平坦

    二王山 三角点  植林が成長して見晴しはきかない
    三角点

    二王山 山頂標識 ここでお昼
    二王山標識

    市岳連の注意書きがある  2006年の遭難事故は12月末に捜索隊に参加。安倍川の
    渡渉で震えて、沢を登り詰めて尾根に出たあと、渡本吊橋に下りた記憶が蘇った
    市岳連

    この爪あとは・・
    爪あと

    安倍川側に大きなガレ場
    ガレ場

    渡本吊橋 分岐
    渡本分岐
    
    二王峠(八森山分岐) モノラックが見えると奥仙俣への分岐点
    二王峠
               
    モノラック沿いに下る
    モノラック

    シナノキ沢に出た
    シナノキ沢

    仙俣川出合にある橋詰橋 登山口です
    登山口

    仕事でお世話になったテレビ組合長の岩崎様宅に寄り、
    美味しいお茶とワサビを頂き、山の暮らしの話を聞きました。まだまだ元気です
    岩崎宅

    裏の畑を通らせていただき、神社への近道をしました
    神社近道

    神社は舞台もある立派な造り
    神社

    登山口近くの駐車場所に戻った
    駐車場所
    




関連記事
tag :
コメント:
お久しぶりです。
懐かしいルートです。岩崎宅でお茶を頂いてから、登り始めました。 込岳からの急坂が凍っていて往生したのを思い出します。
二王峠ですが、モノレールから北へ下る道を下ると、山の神の少し上でモノレールと合流します。 レール沿いの滑りやすい急坂を避けられます。
[2015/12/30 22:24] | 安倍の山伏 #- | [edit]
コメントありがとうございます
岩崎さんをご存知とは?
こまくさの昔の仲間の方と思いますが。たぶん
時々ブログ見てくださいね
[2015/12/31 23:09] | 管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/249-d1784ac0
<< topページへこのページの先頭へ >>