尾瀬 燧ケ岳 7月21日 1/2

2016-07-28
尾瀬 燧ケ岳  2016年7月21日  CL高橋

御池駐車場 6:05 → 6:50 広沢田代 7:00 → 7:43 熊沢田代 7:50 → 8:30 8合目 8:35 → 9:00 燧ケ岳(爼嵓) 9:15 → 9:30 紫安嵓 9:45 →俎嵓 10:00 → 10:20 ナデッ窪分岐 10:25 →長英新道→ 12:40 長蔵小屋 13:20 → 14:10 沼山峠バス停= 14:30 御池駐車場

 燧ケ岳は東北地方の最高峰。尾瀬ヶ原のシンボルとしても有名。昔、ミズバショウの季節に見晴から登った思い出がある。今回は北側の御池駐車場から登り、長英新道を下り、尾瀬沼経由で沼山峠からシャトルバスで御池駐車場まで戻る計画だった。
 御池口コースはゴロゴロ石の急登が多かったが、途中で広々した湿原が広がり、ほっと一息付ける変化に富んだコースでもあった。下りの長英新道は樹林帯に入ってから緩やかな下りが延々と続き、正直長かった‥


   燧ケ岳(俎嵓)山頂  雲の中で展望無し
   俎嵓

    御池駐車場 1,000円
    駐車場

    燧ケ岳登山口 駐車場の一番奥にある
    登山口

    しばらくはゴロゴロ石の道が続く
    ゴロゴロ石

    視界が広がり、広沢田代湿原に到着
    広沢田代

    池塘が広がる
    池塘

    雲上の楽園
    池塘

    湿原の花 キンコウカ
    キンコウカ

    再び急登となる
    急登

    展望が開ける 左に御池駐車場、右に広沢田代  写真クリックで拡大します
    駐車場見える

    次の湿原、熊沢田代に着いた  写真クリックで拡大します
    熊沢田代

    2つの大きな池塘があり、気持ちの良い場所
    池塘

    タテヤマリンドウ
    タテヤマリンドウ

    湿原の花 ワタスゲ  写真クリックで拡大します
    ワタスゲ

    田代湿原を振り返る  写真クリックで拡大します
    熊沢田代

    階段の木道が続く
    階段

    木道脇には綿帽子のチングルマ
    綿帽子

    ゴゼンタチバナ
    ゴゼンタチバナ

    モミジカラマツ咲くガラガラの長い沢。コース中、一番辛い急登が続く
    モミジカラマツ

    8合目
    8合目

    案内板 残雪期には道迷いが多い場所
    案内板

    急登が終わり、間もなく山頂
    急登終わり

    ハクサンシャクナゲの群生地があった
    シャクナゲ

    燧ケ岳(俎嵓) 山頂到着 
    俎嵓は昔行った、谷川岳南面沢登り抜けの稜線と同じ名前
    山頂

    二等三角点
    三角点

                  2/2に続く


関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/282-f9c38854
<< topページへこのページの先頭へ >>