岩手山・裏岩手縦走 9月26日

2017-09-29
岩手山・裏岩手縦走 2017年9月26日

 三ツ石山荘 5:45→6:30 三ッ石山 6:35→7:50 小畚山 8:00→9:10 大深岳 9:25→9:50 大深山荘 10:20→11:45 源太ヶ岳分岐 11:50→13:35 松川温泉 15:48=八幡平自然散策=17:10 盛岡 18:50=東北新幹線はやぶさ=21:05 東京 21:30 =東海道新幹線ひかり= 22:27 静岡= 23:50 相良

 今日の三ッ石山から小畚山間の紅葉が今回山行のメインテーマである。地元新聞「岩手日報」24日にも東北で一番早い紅葉と掲載されて、昨日の三ツ石山荘では下山して満面の笑みを浮かべた日帰り客がいっぱい!大いに期待してシェラフに入ったのだが‥
 しかしである、今朝の稜線はガスと強風で全く見えないではないか。何度も立ち止り一瞬でもガスが切れるのを待っていたが‥
 大深岳にて青空を恨めしく眺めて戦意喪失。八幡平縦走は諦め、三ツ石山に引き返し山荘から松川温泉に下ったほうが悔いが残らないと。宿題が残ってしまった、来年片付けないと‥
 しかしながら大深山荘から松川温泉までの下りは草紅葉の湿原が次々と現れ、岩手山の展望なども絵になり楽しめた下りでした。松川温泉の白濁した秘湯につかり、静岡では味わえない3日間の充実した紅葉山行が体験できました。


    子畚山 大深岳との鞍部より  写真クリックで拡大します  
    小畚山

    草紅葉と岩手山  写真クリックで拡大します
    岩手山

     GPS Map  写真クリックで拡大します
     GPS Map4
    
    朝の三ツ石山荘
    三ツ石山荘

    三ッ石山へ出発 ガスで周囲は見えない
    出発

    石という名前の山からなのか、ガラガラの登りが続く
    石ころ

    三ッ石山 山頂
    三ッ石山

    山頂の特徴ある岩場で周囲は紅葉が‥ 見えません、ガックリ‥
    ガス

    緩やかな尾根道を下ると三ッ沼 ガスの切れ間に撮影
    三ッ沼

    足元は秋色なのだが
    紅葉

    三ツ石 覘標ノ台 三角点
    覘標ノ台
    
    ガスと強風
    ガス

    小畚山(こもっこ) 到着
    小畚山

    来た道を振り返るとガスの切れ間に  写真クリックで拡大します
    紅葉


    紅葉

    大深岳が見えてきた  写真クリックで拡大します
    大深岳    
    
    大深岳と小畚山との鞍部
    紅葉

 小畚山よりパノラマ IEの環境でスクロールします。グーグルの方すみませんスクロール


    紅葉の道
    紅葉の道

    小畚山  写真クリックで拡大します
    小畚山
 
    ツヤツヤ葉はイワカガミ
    イワカガミ

    小畚山の先に三ッ石山が見える  写真クリックで拡大します
    小畚山

    昨日登った岩手山が高い  写真クリックで拡大します
    岩手山

    秋田仙北市方面の山々
    秋田

    大深岳 山頂
    大深岳

    稜線のダケカンバ
    ダケカンバ

    大深山荘  立ち止ることが多く、残り時間考えると八幡平で
    入浴してバスにギリギリなので、松川温泉に下ることとした
    大深山荘

    大深湿原
    湿原

    大深山荘の水場 小屋から3分
    水場

    裏岩手縦走路が見える  写真クリックで拡大します
    縦走路

    湿原の水辺にはヤマハハコ
    ヤマハハコ

    源太ヶ岳の巻道を行く
    巻道
   
    湿原が次々と現れる  写真クリックで拡大します
    縦走路
     
    木道に咲いていたチングルマ 
    チングルマ

    源太ヶ岳コースと合流
    分岐点

    松川温泉に下る
    紅葉

    見上げると大きなダケカンバ
    ダケカンバ

      ツタウルシ
      ツタウルシ

    ヤマウルシ
    ウルシ

    せっかちな紅葉前線が稜線から私を追い越して駆け下っていった
    紅葉

    丸森川の仮設橋
    仮設橋

    湿地帯のミズバショウ
    ミズバショウ

    ブナ林  松川温泉が近い
    ブナ林

    送電鉄塔が見えると登山口に着いた 地熱発電所関連ですか
    送電線

    松川温泉「峡雲荘」日帰り湯は乳白色の東北名湯 バス待ちの間、ゆっくり入浴
    峡雲荘

    松川温泉を起点とした馬蹄型周回コース。三ッ石山周辺の紅葉が目的ならば
    このコースがオススメ。松川温泉1泊2日で山は日帰りできるので、避難小屋泊り
    がハードル高い方にも!来年再訪しないと。
    松川温泉周回

    バス停 八幡平自然散策バス 峡雲荘の前です
    バス停

    バスが休憩で停まった松尾八幡平物産館「アスピーテ」
    岩手山ともお別れです
    岩手山

              おわり    

関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/351-69a55a87
<< topページへこのページの先頭へ >>