阿弥陀岳南稜 1992年5月5日

2018-04-10
八ヶ岳 阿弥陀岳南陵 1992年5月5日 

舟山十字路 7:00 → 7:30 南稜取付→ 9:05 立場山 9:15 → 9:55 無名峰 10:10 →P1・P2・P3・P4→ 12:05 阿弥陀岳 12:45 →摩利支天→御小屋尾根→ 14:10 御小屋山→ 15:10 舟山十字路

 ニュースで知りましたが八ヶ岳 阿弥陀岳南陵にて痛ましい事故が発生しました。ご冥福をお祈りします。 昔の記憶が蘇り、アルバムを探したところ写真が出てきた。昔の会の仲間と5月連休に行った記録です。
 南稜は無雪期でも岩登り経験者でないと立ち入らないほうがよい場所。積雪期はさらにロープを使った滑落停止などの雪上訓練の経験が必要。 当時はバリエーションは普通であったが、今考えるとよく行ったものだと感じる今日この頃です。


   阿弥陀岳 南陵
   南陵


   ルート図2 ルート図1

   赤岳の展望  立場山付近からと思います
   赤岳

   南稜 山頂からP4・P3・P2・P1 
   南陵

   権現岳、編笠山と南アルプス
   権現岳

   P3核心部 直登ルート ロープを出す 
   今回の事故はルンゼルートと思われるが、1本のロープに7人というのは??
   この時はルンゼの雪の状態が悪く、支点が取りにくく直登ルートとした。 
   私はセコンドだったが、冬手袋と出歯アイゼンの登攀は途中でビビった思い出が
   無雪期と勝手が違い、新所原立岩で練習してから来ればと反省だった。  
   P3

   阿弥陀岳 登頂 仏像は雪の中から顔を出していた 後ろに赤岳が大きい
   山頂

   南稜を振り返る
   南陵

   阿弥陀岳山頂より 権現岳、編笠山と南アルプス
   山頂

 


関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/377-eb8b5d4c
<< topページへこのページの先頭へ >>