FC2ブログ

剱岳 早月尾根 2015年8月9日

2018-09-14
北アルプス 剱岳 早月尾根 2015年8月9~10日 3名

9日 : 馬場島6:20→11:05早月小屋

 岳人憧れの早月尾根。昔の仲間で行った記録です。剱岳はメディアで近々放送予定があり、思い出が蘇りそうです。
 早月尾根は標高差2240mもあり冠松次郎により初登・命名された北アルプスでも屈指の長大なルート。ブナ立尾根、合戦尾根と北アルプス三大急登の中でも群を抜いている。南ア黒戸尾根といい勝負。難点は途中に水場が無く、早月小屋では空輸した2ℓペットボトル900円で販売している。
 登った印象:馬場島から早月小屋までは樹林帯で風が通らなく、夏は暑く長く急で体力勝負。
上部の岩場はテクニカルな部分が楽しい。別山尾根よりは少し楽である。さらによいのは空いていて登山者は別山尾根の1割位。渋滞皆無マイペースで歩ける。ただ山頂から一気に馬場島まで下ったら‥ 長かった。下部は暑さでペースダウン。最後に馬場島の伏兵”アブ”にやられました。


   朝の馬場島 ギザギザは小窓尾根、右に早月尾根と剱岳
   馬場島

   駐車場出発 
   出発

   有名な石碑  そのとおりです 冬期ルートとしても有名
   石碑

   剱岳は岩と雪の殿堂である 人身とも鍛錬された人々よ来たれ!
   そのとおりです 下りで身に沁みました
   石碑

   登山口 最初から急な登り
   登山口

   急登が続く
   急登

   松尾平 一旦緩やかになる 正面に小窓尾根と北方稜線
   松尾平

   標高1000m  立派な標識が200mごとに山頂まで続いた
   標高1000m

   巨大な立山杉 
   立山杉

   猫又山とブナクラ谷
   猫又山

   急登が続く
   急登


   急登

   三角点 1920.7m 長大な尾根、地図で現在地確認
   三角点

   標高2000m 早月小屋まであと1.0㎞
   標高2000m

   池塘が現れて一旦、緩やかになる
   池塘

   サンショウウオが住むという
   サンショウウオ

   ロープのある一枚岩 早月小屋は近い
   一枚岩

   早月小屋 到着
   小屋見えた

   登山道標識
   標識

   自炊は我々だけ 反省会です 後方に小窓尾根
   反省会

   おつまみは富山湾名産 ほたるいか
   ホタルイカ

   旧伝蔵小屋
   伝蔵小屋

   別山と剣御前が見える
   別山

   剱岳本峰が奥に見える
   剱本峰

   雲海に浮かぶ猫又山と赤谷山
   猫又山・赤谷山

   本峰と早月小屋
   小屋

   富山湾に沈む夕日
   夕日

   小窓尾根 残照  ダケカンバも美しい
   小窓尾根

              10日に続く   


関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/414-2b634a9a
<< topページへこのページの先頭へ >>