FC2ブログ

糸魚川 駒ヶ岳 10月26日 1/2

2018-10-29
糸魚川 頸城駒ヶ岳 1,487m 2018年10月26日

三峡パーク6:45→9:15駒ヶ岳9:40→12:00三峡パーク

 糸魚川の駒ヶ岳は雨飾山、火打山などの頸城山塊にあり、頸城駒ヶ岳とも言われる。大岩壁を従えたテーブルマウンテンは興味深い山であった。紅葉最盛期の晴天に登れたこと感謝です。
 しかしながら、中腹は急登が多くロープのオンパレード!下りの1/3位は後ろ向きに降りるこことなり、時間かかってしまった。歯ごたえ十分すぎる山でした。北アルプスなどの有名な鎖の多い整備された山より、ある面では難しく総合力が必要な原点の山登りと感じました。

   駒ヶ岳 山頂  正面に阿彌陀山、左奥に鉾ヶ岳が見える
   山頂

     GPSmap
     GPSmap

   登山口
   登山口

   20分位、林道を行くと平坦な場所に小屋が幾つかある
   小屋

   駒ヶ岳の岩壁が見えてきた
   西海

   最初のハシゴ
   ハシゴ

   この先、フィックスロープの連続となり、危険箇所始まる
   ロープ

   縄ハシゴ 靴先しか乗らなく、ユラユラ‥ ハラハラ‥
   しかしながらロープ1本よりは助かります!
   縄ハシゴ

   黄葉がきれいであるが、足元に集中して登る
   縄ハシゴ

   急登とロープが続く  岩が湿っていて滑りやすく注意
   ロープ

       ブナなどの根が張っていて、根を掴めばホールドとなり、揺れるロープ掴むより
       安定する箇所もある 昔の沢登りの高巻きを思い出した
       ロープ

       このあたりが一番急登 
       ロープ

   やっと急登を抜けた   
   急登抜けた

   二本杉 目印となる休憩場所
   二本杉

   ブナ林がきれい
   ブナ林

   尾根の窪地に水音が  ブナの泉でしょうか?
   ブナの泉

   稜線に出ると背の低い灌木帯
   稜線

   駒ヶ岳 山頂到着 正面に近くの1498mピークがあり鬼が面山は見えない。
   左奥に火打山と焼山。稜線続きに金山
   山頂

   雨飾山が大きい
   雨飾山     

   北アルプスは樹木で見えない 見えないあたりが白馬岳、右に雪倉岳
   北アルプス

   ナナカマドと阿彌陀山
   阿彌山            

   鬼が面山・鋸岳方面 少々偵察に降りた 魚沼の浅草岳にも鬼が面山あった
   若い時なら難度の高い鬼が面山・鋸岳・海谷高地周回コースに来たかもしれない
   鬼が面山ルート     
 
   名残惜しいが下山
   下山

   稜線は既に落葉
   稜線落葉
   
   黄葉
   黄葉

   黄葉・紅葉の森
   黄葉

   再びフィックスロープ帯が始まる
   ロープ

   ロープを掴み、後ろ向きに降りる 懸垂下降の雰囲気になってきた
   ロープ
   
   きれいですが見とれないで足元注意
   紅葉

   糸魚川市街と日本海が見える
   糸魚川市街

   三峡パークとこまがたけ山荘が真下に見える
   三峡パーク

   落葉にツルツルの岩が隠れている 注意
   落葉

   再び縄ハシゴ
   縄ハシゴ

                続く          
 
           

関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/430-ab45d8b6
<< topページへこのページの先頭へ >>