甘利山・千頭星山 6月24日

2012-06-26
南ア前衛 甘利山・千頭星山 2012年6月24日 8名 CL高橋

相良 5:05 = 吉田IC 東名・新東名 新清水IC = R52= 増穂IC 中部横断道 白根IC =
8:15 広河原駐車場 8:40 → 9:10 甘利山 9:15 → 9:40 奥甘利山 → 大西峰 → 11:00
千頭星山 11:15 → 11:25 稜線笹の原 11:45 → 大西峰 → 13:05 甘利山 13:20 →
13:40 広河原駐車場 14:00 = 白山温泉 = 往路を帰る = 19:00 相良

 1週間前の田沼塾と合同月例ハイクは雨天中止となったが、天気予報で日曜日は梅雨の合間
の好天、急きょ計画書の日付を変えて8人集まった。 レンゲツツジが咲く甘利山はこの時期、観
光客も多い。千頭星山にも登ると静かな尾根歩きで変化のある一日が楽しめた。レンゲツツジは
満開だった。


   レンゲツツジ咲く甘利山
   レンゲツツジ咲く甘利山

   登山口広河原駐車場はすでに満車
   広河原駐車場

   食害防止ネットに守られて咲くレンゲツツジ
   登山口入口

   林床にはマイヅルソウ
   マイヅルソウ

   サラサドウダンはこの時期の花
   サラサドウダン

   木道脇はレンゲツツジが満開だった
   レンゲツツジ1

   レンゲツツジ2
 

   レンゲツツジ3

   甘利山山頂
   甘利山山頂

   千頭星山に向かう
   千頭星山へ向かう

   奥甘利山は通過
   奥甘利山は通過

   カラマツ林の根には食害防止のカバー
   シカの食害防止

   大西峰分岐を千頭星山に向かう
  大西峰

   ここまで食べられたら‥ 数年後は立ち枯れの草原になってしまう‥
   シカの食害

   犯行の証拠の糞がいっぱいだった 
   シカの糞

   稜線は気持ちの良い熊笹の原が続き、山頂が近づく
   熊笹の原

   枝にぶら下がっているのは「ナガサルオガゼ」地衣植物です。 櫛形山にもよく見られる。
   地衣植物

   千頭星山山頂直下の登り
   山頂直下

   千頭星山山頂
   千頭星山山頂

   見晴のよくない山頂をあとに下り始める
   山頂から下山

   熊笹の原でランチタイムとする。霧が出てきて標高2000mは涼しすぎる。
   笹原でランチタイム

   稜線は緩やかな笹の原が続く。元来た道を戻る。
   稜線は笹の原

   ツマトリソウ
   ツマトリソウ

   甘利山山頂が近づくと、レンゲツツジの海が迎えてくれた。
   甘利山に戻る

   朝は見えなかった千頭星山が見えて、天候が回復してきた
   甘利山山頂

   木道は観光客も多い
   レンゲツツジ咲く甘利山

   満開のときに来れてよかった!
   レンゲツツジは満開

   甲府盆地の展望が広がる笹原に一輪咲いていた

   一輪の花














関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/50-c1d26d49
<< topページへこのページの先頭へ >>