新潟の春 弥彦山系 4月4日

2013-04-10
新潟 弥彦山系 花園山 2013年4月4日 8名

 雪国の春の花「雪割草」を訪ねて新潟に出かけました。正式な名称はオオミスミソウ(大三角草)であるが雪解け後の雑木林の林床を彩るスプリングエフェメラルは 雪割草 の名前がふさわしい。カタクリと同じく晴れないと開かない花なので、週刊天気予報が出てから山行日を決めた。
 朝到着した登山口は霧雨。車の中で待機すること小一時間。回復してきたので出発した。角田山の前に気になる場所があるので寄りました。コースガイドも無く、保護されているので花園山とした。


   朝のオオミスミソウ(雪割草)  開いてない
   雪割草


   雪割草   

   カタクリもしぼんでいる
   カタクリ     

   アブラチャン(油瀝青)
   アブラチャン

   ナニワズ
   ナニワズ   

   ショウジョウバカマ
   ショウジョウバカマ

   コシノカンアオイ
   コシノカンアオイ

   スミレサイシン  日本海側に多いスミレ
   スミレサイシン

   カタクリ  少し開いてきた
   カタクリ

   雪割草 晴れ間が見えて開いてきた
   雪割草


   雪割草
   
                  角田山に続く
関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://sagarahiking.blog.fc2.com/tb.php/85-17b569bf
<< topページへこのページの先頭へ >>