八子ヶ峰 3月4日

2018-03-06
北八ヶ岳 八子ヶ峰(やしがみね) 2018年3月4日 CL高橋 6名

相良 5:00=8:50 女神茶屋駐車場 9:30→稜線→10:10 東峰 10:20→11:05 八子ヶ峰(西峰) 11:50→ 12:10 東峰 12:15→13:10 駐車場 13:30=縄文の湯=東名(夕食)=18:50 相良

 八子ヶ峰は雪山入門でシュノーシュー体験によいコース。遮るものが無い稜線は展望はよいが、風が強いときは難点がある。今日は好天に恵まれ風も弱く最高の雪山日和であった。当初は2月予定であったが寒すぎて延期。しかしながら3月1日の大雨はここも雨のようでだいぶ融けていた。


   八子ヶ峰西峰 後ろは蓼科山
   西峰山頂

   GPS地図
   地図

   ビーナスラインから蓼科山  手前の平坦な尾根が八子ヶ峰。雪がだいぶ融けている
   蓼科山

   女神茶屋駐車場 満車です。大部分は蓼科山登山の人
   駐車場

   八子ヶ峰 登山口 トレースはしっかりある
   登山口

   後ろに蓼科山
   登り


   登り

   稜線に出た
   稜線分岐

   ヒュッテ・アルビレオが見えてきた
   ヒュッテ

   ヒュッテ・アルビレオ 休業中
   ヒュッテ

   八子ヶ峰東峰に到着
   東峰

   車山ドームと北アルプスが見える
   東峰

   八ヶ岳南部の山々  手前左にさきほどのヒュッテ
   南八ヶ岳

   目の前には蓼科山  2月に撤退した記憶でルートをたどる
   蓼科山

   中央アルプス
   中央アルプス

   南アルプス  左から北岳・甲斐駒・鋸岳・仙丈ヶ岳
   南アルプス

   西峰に向かう
   西峰へ

   ピークの道標 八子ヶ峰と書いてあったが?
   ピーク

   西峰へ稜線歩き
   西峰へ

   しらかば2in1スキー場のリフトが見えてきた
   スキー場

   この先が西峰だった
   西峰

   展望がよく風も少ない場所でお昼です
   お昼

   南八ヶ岳がきれい
   西峰

   来た道を引き返す
   下山

   リフト降り場の近くに三角点
   三角点

   
   下り

   
   蓼科山
   
   蓼科山と北横岳
   北横岳

   快適な尾根道
   平原

   北横岳・縞枯山・茶臼山の展望
   北横岳

   途中のピークに到着
   ピークへ

   シュノーシュー 体験です
   スノーシュー

   スノーシューの後をついていくのは無しでは無理ですね‥ はまります
   スノーシュー

   トレース外しても沈まなく快適です!
   スノーシュー

   南八ヶ岳がきれい
   スノーシュー

   ヒュッテ前を通過
   ヒュッテ前

   稜線分岐を下る
   稜線分岐

   駐車場に戻りました
   駐車場
   


 
tag :

スプリングエフェメラル 3月3日

2018-03-05
スプリングエフェメラル(春の妖精) 市川三郷町・早川町赤沢  2018年3月3日

 この時期になると気になるのが早春の花の開花状況、比較的近い山梨県で見れるセツブンソウとフクジュソウ。今年は河津桜の満開が一週間遅れとのニュースで、例年2月下旬の予定を一週間遅らせた。結果は丁度ぴったり!福寿草は晴れないと花が開かない難しい花。天気予報をよく見て3日となった。


   市川三郷町古宿  セツブンソウ
   セツブンソウ

   早川町赤沢 フクジュソウ
   フクジュソウ

   道の駅富士川より八ヶ岳展望 
   八ヶ岳

   芦川にある千波の滝  アイスクライミングの対象であるが、すでに氷が途切れている
   千波の滝

   古宿のセツブンソウ 見頃でしたが、例年より少し少ない気もした
   セツブンソウ

   ここはすぐ近くで見れるのがよい  個人の土地です、マナーを守って
   セツブンソウ


   セツブンソウ


   セツブンソウ


   セツブンソウ


   セツブンソウ


   セツブンソウ


   セツブンソウ


   セツブンソウ

   甲府盆地 春の便りと櫛形山
   春

   赤沢宿に移動  お寺のしだれ桜古木
   赤沢しだれ桜

       古い旅籠が並び、石畳と絵になる
       旅籠

   休憩処
   休憩処

   福寿草が石垣に咲いていた
   福寿草

   あじさいの植え込みにも咲いていた   
   福寿草

   そば処 武蔵屋さんでお昼です
   武蔵屋

   そば定食が並びました
   そば定食

   ボリュームいっぱい! 福寿草と此処の食事も目当てです
   そば定食

   満腹のあとはフクジュソウ鑑賞 晴れの日で満開です
   福寿草

   セツブンソウ 赤沢は近づけないのが難点。見るなら古宿がよい
   節分草

   梅と七面山 雪が少ない
   梅

   石畳を下る
   石畳

   清水屋さん二階で旅人五名。 甘酒他を頼みコタツで休憩です
   清水屋

   清水屋さん お世話になりました。昔の旅籠建物、雰囲気よかった
   清水屋

   セツブンソウとフクジュソウ  両方見れるのは珍しい
   福寿草・節分草

   武蔵屋さんの斜面に咲くフクジュソウ
   福寿草

   江戸屋旅館 大きな旅籠、今日は開いていなかった
   江戸屋

   牧水の石碑
   石碑

   お寺さんの裏山に咲くフクジュソウ
   福寿草


   福寿草
 

   福寿草

   道路脇に咲くフクジュソウ
   福寿草
            


tag :

北八ヶ岳 蓼科山 2月15日

2018-02-17
北八ヶ岳 蓼科山(2531m) 2018年2月15日 2名

女神茶屋 駐車場 8:45 → 10:10 2114mピーク 10:15 → 10:35 幸徳平 10:40 → 11:40 露岩帯 11:50 → 12:45 幸徳平 13:10 → 13:25 2114mピーク→ 14:05 駐車場

 今年の冬は寒すぎて出足が鈍ってしまい、週初めの連休も地元マラソン大会があり、昔走らせていただいてたので今は裏方の仕事。天気予報が気温上がり茅野市は昼間晴れの予報。このチャンスと計画したが、行ってみたら朝は小雪がちらつき周囲は雲の中。森林限界を抜け露岩帯になると、飛ばされそうな強烈な風。独立峰なので風が強いので有名だか、今日は尋常ではない。ホワイトアウト直前の状態に無理しないでと、おじさんたちは撤退となった。


   山頂手前の露岩帯 強烈な風とホワイトアウト寸前。 このあと撤退とした
   山頂手前

     GPS地図
     地図

   すずらん峠 駐車場入口
   駐車場

   右のトイレは使用可能
   トイレ

   駐車場 出発 トレースはあった
   出発

   しばらくは緩斜面
   緩斜面

   少し急斜面となる 霧氷がきれい
   霧氷

   2114mピーク 平坦地で休憩によい
   2114m

   緩やかな登りが続く
   緩斜面

   幸徳平 この先は急な登りとなる
   幸徳平

   急な登りが続く。このコースのメイン
   急斜面

   霧氷がきれいだが、平な休憩できる場所はなく、楽しんでいる余裕もない
   霧氷

   森林限界を抜けて露岩帯の強烈な風。 手前の道標には海老のシッポ
   露岩帯

   耐風姿勢の連続。残念ながら安全第一で撤退。強風でトレースはすぐ消えていた
   海老のシッポ

   急な登りは急な下りとなる
   急な下り

   本日一番注意する箇所。 アイゼン引っ掛けないよう慎重に下る
   急な下り

   下界が少し見えてきた
   下界の景色


   樹氷

   晴れ間が少し見えてきた。 残念
   日差し

   晴れていれば、綺麗な樹氷なんだけれど
   樹氷

   2114m地点 通過
   2114m

   急な下り
   急斜面

   緩斜面となり、駐車場が近付いた
   緩斜面
 
   駐車場 到着 平日なので車は数台
   駐車場

   女の神展望台から見た南八ヶ岳
   南八ヶ岳

   北横岳
   北横岳

   縄文の湯から見た蓼科山 雲は晴れてきていた。残念、天気予報は半日ずれていた
   蓼科山



tag :

井伊谷 御岳山

2018-01-08
浜松市北区引佐 井伊谷 三岳山(みたけやま) 467m 2018年1月7日

 相良=島田金谷IC(新東名)浜松SIC=引佐総合公園P→三岳→立須→三岳神社→三岳山→兎荷山→農道→引佐総合公園=浜松SIC(新東名)島田金谷IC=相良

 大河ドラマ直虎は終わったが、三岳山は井伊谷の盟主、山頂には山城 三岳城跡があり展望の開けた里山である。三岳神社まで車で行けるので、山頂往復なら簡単、山登りの対象にはならないかもしれない。運動公園に駐車、奇岩の立須に寄り、山頂から西の尾根を回り、周回することとした。


   三岳集落から見た三岳山
   三岳集落

   集落と浜名湖の展望
   浜名湖

   ミカンと思ったらレモンだった
   レモン

   門前の石段 通り過ぎて林道を立須に向かう
   石段

   立須へ寄る
   立須

   岩場が現れた
   立須

   奇岩の先に浜名湖
   立須

   井伊谷の展望
   立須

   浜松市内の展望
   浜松市内

   東には風車群と遠くに富士山
   風車

   林道を戻り、三岳神社本殿前の駐車場
   三岳神社

   三岳神社
   三岳神社


   案内板

   植林のなかを登り、稜線に出る
   稜線

   三岳山 山頂到着
   山頂

   三岳城跡の石碑
   石碑

   浜松市内の展望
   浜松市内

   新東名 浜松SA  右に先ほど寄った立須の岩場が見える
   浜松SA

   尾根を西に下り、兎荷山ピークを左の小尾根に下る
   尾根分岐

   踏み跡、マーキング共に薄い尾根を下る。読図、ルートファインティング必須。農道出口状況
   農道出口

   農道をジグザグに下る。 展望が開けている
   井伊谷

   周囲はミカン畑が広がる。三ケ日ミカンのブランド?摘果済。色付く12月ころ再訪したい
   ミカン

   ミカン畑の先に運動公園が見えてきた
   ミカン畑

   運動公園に戻った
   運動公園




tag :

湖西連峰 神石山 下見 12月22日

2018-01-01
湖西連峰 神石山(325m) 下見山行 2017年12月22日 4名

 相良7:30=9:30梅田親水公園駐車場9:45→梅田峠→10:10嵩山10:15→梅田峠→10:40仏岩10:45→11:10ラクダ岩11:15→11:45神石山12:30→12:45雨やどり岩12:50→13:05神石山→普門寺峠→13:40普門寺13:45→14:20梅田公園駐車場14:30=17:00相良 

 湖西連峰は愛知県境にある里山。冬場には雪の支度が要らない手頃な山です。1月21日に月例山行予定となり下見に行ってきました。


   神石山山頂より浜名湖の展望
   神石山山頂

    地図

   梅田親水公園駐車場
   梅田公園

   登山口手前 紅葉が残っていた
   紅葉

   登山口
   登山口

   梅田峠手前の分岐点
   分岐

   嵩山に到着
   嵩山

   浜名湖と遠くに浜松市内・アクトタワー
   嵩山展望

   富士山も見えた
   富士山


   嵩山

   稜線を戻り、梅田峠
   梅田峠

   仏岩から浜名湖
   岩場が所々ある、岩トレに通った新所原立岩は隣の山、岩は硬く似ていた
   仏岩

   稜線は送電線沿いとなる
   尾根道

   ラクダ岩に寄ります
   ラクダ岩

   ラクダ岩 ラクダの背中のように見えるからとのこと
   ラクダ岩

   東側に回ると浜名湖
   ラクダ岩

   神石山への登り 紅葉が残っていた
   紅葉

   神石山山頂到着
   山頂

   一等三角点です
   三角点

   航空灯台跡と標識あり
   山頂

   雨やどり岩に寄りました
   雨やどり岩

   岩があると登りたくなる。展望のよい場所です
   雨やどり岩

   神石山へ戻る
   引き返す

   山頂導標を普門寺・葦毛湿原方向へ
   道標

   普門寺峠 この導標を左折、普門寺に下る
   普門寺へ

   普門寺境内が見えてきた
   普門寺

   普門寺のスギ
   スギ

   普門寺 本堂
   普門寺

   仁王門 金剛力士像が安置されて睨みを利かしていた
   山門   




tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>