岩手山・裏岩手縦走 9月25日 2/2

2017-09-28
岩手山・裏岩手縦走 2017年9月25日 2/2

 切通し 10:20→姥倉山分岐 10:55→姥倉山→姥倉山分岐 11:30→犬倉山→12:30 網張分岐 12:35→13:50 大松倉山 13:55→14:20 三ツ石山荘 泊

 鬼ヶ城の難所も終わり、三ツ石山荘まで紅葉を楽しみながらの緩やかな稜線が続く。笹の緑とのコントラストが美しい。平日であるがそこそこの人とすれ違いした。この時期の紅葉の名所なのだろう。


    錦秋の裏岩手縦走路 大松倉山  写真クリックで拡大します
    1709250272.jpg

    GPS Map  写真クリックで拡大します
    GPS Map 3

    黒倉山 切通しからの展望
    黒倉山

    シラタマノキ
    シラタマ

    黒倉山 分岐 巻道を選択した
    巻道分岐

    オオカメノキ 赤い実豊作です
    オオカメノキ

    姥倉山 分岐 三ッ石山は左であるがうっかり直進してしまった
    分岐

    来た道を振り返る。手前の白い煙は硫気ガス
    姥倉山

    やっと晴れてきた 遠くに縦走路
    紅葉

    エゾオヤマリンドウ
    リンドウ

    エゾオヤマリンドウの小径
    リンドウ

    犬倉山 綺麗です。巻道だったが山頂経由のほうが良かったかも
    写真クリックで拡大します
    1709250293.jpg

    縦走路 三ッ石山、小畚山が見える  
    縦走路

    大松倉山への尾根道
    尾根道
 
    赤い実
    赤い実

    大松倉山の紅葉  写真クリックで拡大します
    紅葉
   
    岩手山と歩いてきた道
    岩手山

    大松倉山へ向かう
    大松倉山へ

    登山道は紅葉のトンネルです
    紅葉

    来た道を振り返る  写真クリックで拡大します
    岩手山

    岩手山と大松倉山  写真クリックで拡大します
    岩手山

    三ッ石山と眼下に三ツ石山荘  写真クリックで拡大します
    三ッ石山

    三ツ石湿原
    湿原

    三ツ石避難小屋
    山荘

    2階建て、ストーブがあり、窓も大きくて居心地よい。今日の宿泊は4名
    内部

    2分位の場所にある水場。清水が流れていた
    水場

    暮れゆく湿原
    夕闇の湿原
 
             9月26日に続く


関連記事
tag :

岩手山・裏岩手縦走 9月25日 1/2

2017-09-28
岩手山・裏岩手縦走 9月25日

八合避難小屋 6:25→6:45 不動平 6:50→7:20 岩手山 7:25→7:55 不動平 8:15→鬼ヶ城→10:15 切通し

 天気がコロコロ変わり悩まされた。鬼ヶ城通過は紅葉と岩壁がマッチして晴れていればいい写真が撮れたのに残念‥

    霧の中の日の出
    日の出

    GPS Map  写真クリックで拡大します
    GPS Map 2

    朝の岩手山
    山頂

    不動平に出発
    出発

    九合目 不動平避難小屋が見えた
    不動小屋

    不動平避難小屋
    不動小屋

    小屋の中。こじんまりしているが天井は高いし、2階建てで少人数なら
    居心地は良さそう 水は近くの八合小屋で調達できる
    小屋内部

    ザックを小屋にデポしてサブザックで山頂へ向かう
    登り

    砂礫の感じは富士山です
    富士山

    眼下に八合小屋が見える  写真クリックで拡大します
    八合小屋

    山頂に出た
    山頂

    最高峰 薬師岳 火口も富士山みたい
    火口

    薬師岳 直下 剣ヶ峰の登りですね
    周回

    岩手山 薬師岳 到着 一等三角点
    山頂

    火口を周回する 薬師岳と石仏
    石仏

    不動平小屋に戻り、鬼ヶ城に出発 ガスが濃くなってきた
    鬼ヶ城へ

    ガスに浮かぶ稜線。鬼が迎えてくれた
    稜線

    ルート観察をする
    稜線

      この狭いクラックを降りる。ザックが大きいので注意
      クラック

    岩峰が続くが、概ね左斜面を行く
    稜線

    稜線はチングルマの夢の跡
    チングルマ

    道標
    道標

    緊張のルートであるが思わず息をのむ  写真クリックで拡大します
    稜線

    晴れていれば‥  写真クリックで拡大します
    黄葉

    極上の彩りに足が止まってしまう  写真クリックで拡大します
    黄葉

    鬼ヶ城もフィナーレ この先のピークを越すと緩やかな稜線となる
    写真クリックで拡大します
    黄葉

    緩やかな尾根道を切通しに下る
    ダケカンバ

    切通し 到着 お花畑ルートと合流
    切通し
    
            9月25日 2/2 に続く
        

関連記事
tag :

岩手山・裏岩手縦走 9月24~26日

2017-09-27
岩手山・裏岩手縦走 2017年9月24~26日 CL高橋

9月24日(日)
 相良 5:00=6:00 静岡 6:22=東海道新幹線こだま=7:37 東京 8:20=東北新幹線はやぶさ=10:31 盛岡 10:45=タクシー=11:20 馬返し登山口 12:00→15:30 岩手山八合目避難小屋 泊

 中部山岳の紅葉もそろそろ始まるが、岳人2017秋山号の「岩手山から八幡平縦走と藤七温泉」のガイド記事に目を奪われた。東北で一番早い紅葉、裏岩手縦走路の三ッ石山に是非行きたいと思ったが、天気予報と紅葉ピークを考えたら単独行となってしまった。交替の運転が無いマイカーは今回諦め、初めての新幹線山行となった。


    岩手山と八合目避難小屋
    八合目避難小屋

    GPS Map 写真クリックで拡大します
    GPS Map1

    馬返し登山口駐車場  日曜日で満車。下の駐車場は空いていた
    駐車場

    登山口キャンプ場
    キャンプ場

    鬼又清水 登山口にある名水です
    鬼又清水

    岩手山は雲の中
    岩手山

    登山計画書を投函してスタート
    登山口

    ブナ、ミズナラの林が続く
    ブナ林

    0.5合目分岐 大きなブナが目印
    0.5合目

    一合目分岐
    登山口で会った岐阜大垣労山の方から旧道が展望よいと聞き、旧道を行く
    一合目

    見晴しが良くなってきた
    見晴らし

    紅葉も良い
    紅葉

    ガラガラの石の道が続く
    石の道

    下界は晴れているようだが‥
    下界は晴れ

    四合目
    四合目

    山頂方向
    山頂方面

    岩場が続き、登りも下りも注意!
    岩場

    登山道の感じは、富士山とよく似ている。どちらも火山です
    富士山

    露岩帯の旧道から新道方面を見ると‥ 綺麗です!
    新道紅葉

    六合目 大きな岩 落石注意
    六合目

    七合目 祠の先に岩手山が大きい
    七合目

    草紅葉と岩手山
    岩手山

    足元の黄葉
    黄葉

    草紅葉
    草紅葉

    本日の宿 八合目避難小屋が見えてきた
    八合避難小屋

    3階建ての大きな避難小屋 トイレも新しい
    八合避難小屋

    ただし、各階の高さは1m位しかない。頭を何回か当ててしまった。
    大人数が泊まれるように3階にしたようだ
    内部

    御成清水 豊富な水場。よく引水してある
    御成清水

    小屋前の広場。昨日は50人ほど宿泊したようだ
    広場

             9月25日に続く


関連記事
tag :

富士山 8月

2017-09-21
 山頂剣ヶ峰での用事を頼まれて1泊2日で行ってきました。宿泊はNPOさん管理の元測候所建物。高山病は大丈夫だったが仕事は少々息が切れた。3776mです。建物内のトイレから部屋に戻る階段昇り10m位、効きました。
道中はブルで往復なので楽勝です。御殿場口ブル基地より片道3時間



    荷物

    元測候所建物入口 一般登山者が入らないように
    入口

    日本最高峰標柱と二等三角点  
    標柱

    御殿場ブル 冷や冷やしましたがお世話になりました
    ブル

 

関連記事
tag :

富士山 9月3日

2017-09-06
富士山  2017年9月3日 7名 

 相良 3:00 = 5:00 水ヶ塚駐車場 5:45 =シャトルバス= 6:25 富士宮口五合目 6:45 → 六合目→富士宮ルート→ 11:08 富士宮口山頂 11:30 → 11:40 剣ヶ峰 12:00 → 12:10 富士宮口山頂 12:50 →御殿場口山頂→御殿場ルート→ 14:42 宝永山分岐→宝永第一火口→六合目→富士宮ルート→ 15:45 五合目 16:00 =シャトルバス= 16:35 水ヶ塚駐車場 16:45 =天母の湯=東名(夕食)= 20:15 相良

 9月ならば少しは空いているかなと、初めての方も居て久しぶりの晴天予報に行ってきました。富士宮ルートを登り、御殿場ルートを下り宝永山火口に降りて富士宮五合目に周回するコースです。富士宮ルート下りの岩場などの混雑を避けて、空いている御殿場ルートと砂走りを体験してもらいたかった。


    富士宮口山頂 浅間大社奥宮
    浅間神社奥宮

     国土地理院発行の電子地形図の複製(Webサイトにて公開)について申請。
     承認を頂きました。 承認番号 平29情複 第663号 1年間有効
     GPS地図
    
    水ヶ塚駐車場
    水ヶ塚朝

    バス待ちの列
    バス停

    五合目 出発 20分ほど休憩入れて高度順化とした
    五合目

    快晴です
    五合目

    登山者の列
    登山者列

    新七合小屋が見えてきた
    新七合小屋

    八合目 手前 苦しいところです
    八合手前

    八合目
    八合目

    九合目 萬年雪荘  ブルは富士宮。御殿場のブルとは少し違う
    九合目
   
    九合目出発
    九合目出発

    この鳥居をくぐると山頂
    山頂鳥居

    山頂 浅間大社奥宮の前に着きました
    浅間神社

    山頂火口 
    火口

    最高峰 剣ヶ峰
    剣ヶ峰

    最後の急登
    最後の登り

    記念写真撮影の順番待ち15分
    写真撮影待ち

    元測候所入口 NPOさんも全員下山したようだ
    入口閉め

    やっと写真が撮れました
    記念写真

    一気に下山
    下山

    風の弱い場所でお昼とする
    お昼

    降りる前に一枚
    山頂出発

    浅間大社奥宮 前
    奥宮
    
    御殿場口 下降点
    御殿場口下山

    この頃は晴れていたが
    下山

    下に見えるのは七合九勺小屋
    富士宮ルートより岩、ガラガラ石、段差も無く、すれ違いも少なくて歩きやすい      
    七合九勺小屋

    七合九勺小屋 
    七合五勺小屋

    七合目 日ノ出館  マスク(パンダナ)付けてスパッツ確認
    七合目

    砂走り 開始!
    砂走り

    早い! 前日に降った雨と霧のおかげか埃はほとんど出なかった
    砂走り

    この分岐を右へ宝永山に向かう。 そのまま行くと御殿場口に降りてしまう
    宝永山分岐

    15分位で宝永山火口縁に出る。ここから火口に下る
    火口分岐

    宝永山第一火口の底
    第一火口底

    このあたりまでは観光客も訪れる場所
    通過

    フジアザミが大きい
    フジアザミ

    第一火口縁まで登り返し
    以前、月例山行で須山登山道から御殿庭経由でここまで来た  
    第一火口縁

    六合目小屋を経由して無事に富士宮口駐車場に戻りました
    五合目着
 
 

関連記事
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>